バーグTVのチャンネル登録は済みましたか?

セブ山:こんにちは。今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組ではバーグハンバーグバーグが携わったお仕事について、制作の裏側を根掘り葉掘り聞いていく番組になります。司会進行は私セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手はシモダさんです、よろしくお願いいたします。

シモダ:よろしくお願いします。

セブ山:風邪気味なんですか?

シモダ:風邪気味ではないんですけど、これ(ダウンジャケット)のことでしょ?

セブ山:着込んでますけども。

シモダ:これね、しょーもない理由があるんです。今日は5本撮りということで……。

セブ山:5本撮りは大変ですね。

シモダ:衣装もちょっと変えなきゃ。

セブ山:同じ見栄えだと……。

シモダ:違う日に撮ってる感、みたいなのも出してかないとダメなんで。

セブ山:言ってるから意味ないんですけど。

シモダ:だからしょうがなしにダウンジャケットを羽織ってるんですよ。

セブ山:ただ、ズボンのインパクトが強いから、あんまり(効果ない)と思うんですけど。

シモダ:しかも暑いし、喋るのもちょっと億劫な状態。

セブ山:喋っていくうちに暑くなるし。

シモダ:暑い、今も暑い。で、なにか報告あるんじゃないですか?

セブ山:バーグハンバーグバーグTVやってますけど、せっかくなんで「チャンネル登録してください」という告知を毎回最後に……。

シモダ:何ですか? チャンネル登録って?

セブ山:YouTubeでチャンネル登録しておくと、新しいのが更新されると、それがわかるという便利な機能があるらしい。

シモダ:なるほど、それは便利だ。してほしい。

セブ山:そうなんです。それがね、画面の中にボタンが出てくるらしい。この辺に出るんで、画面の端っこの方に。

シモダ:最後に出るんで。この辺かな。

セブ山・シモダチャンネル登録してください。

ぐるなびと20世紀FOX、そしてバーグハンバーグバーグが堂々コラボ!

セブ山:今回お話伺う案件は「20世紀FOX公認 SFアクショングルメリポート超大作 プレデターごはん」です。

(ナレーション)今回ご紹介する案件は、地球外生命体・プレデターが、美味しそうな赤外線を出しているお店をレポートする企画。

(ナレーション)「ぐるなび・みんなのごはん」とのコラボで実現したバーグハンバーグバーグ初のグルメリポートコンテンツです。

プレデターと公式コラボ出来たキッカケは?

セブ山:さて、そんな案件に関わった社員ゲストとして、今回は原宿さんと(徳谷)柿次郎さんに来ていただきました。よろしくお願いいたします。

原宿・柿次郎:よろしくお願いしま~す。

セブ山:今回の案件の担当者として、見所なんかをお聞きしていきたいんですけど。

柿次郎:そうですね、今回はプレデター。赤外線でしか物を判別できないキャラクターなんですけど、そのキャラクターをグルメリポーターとして立てたらどうなるのか? しかも今回、「20世紀FOXさん公認」という冠をつけて。

セブ山:そうなんですよ。びっくりしたんですけどタイトルにあるんですよ。これ、ホントなんですか?

柿次郎:本当です。企画が出た前後ぐらいに20世紀FOXさんと知り合って。

セブ山:どこにいるんですか? 20世紀FOXさん(笑)。

柿次郎:(笑)。ほんとたまたま会って、自転車で山手通りを走ってたら、その人が反対側から来て「あ!」ってなって、その場で、「こういう企画やろうと思ってるんですけどいいですか?」って聞いたら……。

シモダ:「ちょっとプレデター使わせてほしいんやけど」って言ったら?

柿次郎:はい、そうです。「直接の担当者を知ってるんで、紹介します」って。数日後に打合せに行って、その場で4枚ぐらいペラの企画書見せて「面白いっすね。いいっすよ!」って。

セブ山:プレデターってそんな軽いんですね。

原宿・柿次郎:(笑)。

柿次郎『プレデター』って3作でしたっけ? あとエイリアンうんぬんとか。

原宿:そうそう。

柿次郎そのブルーレイセットにプレデターヘッドって、1分の1スケールで再現されたものがくっついた商品が新しく出る。そのタイミングでもあるんで、宣伝して貰えればぜんぜんいいですよって。

セブ山:でもそれ、高いんでしょぉ?

柿次郎:いやあ~これが、19,800円(税込み・送料無料)です!

原宿:安ーーーーーい!!!

(編集部駐※金額は当時のものです)

セブ山:(笑)。

シモダ:いやこれ、絶対20世紀FOXの方が多く金もらってる。

セブ山:でも、これでまたプレデター使えますね。もう今、プレデターがフリー素材になりました。

柿次郎:そうですね。

メリットのない撮影に協力してくれた名店

セブ山:そんな縁があって「プレデターごはん」が実現した。使わせてもらうってところはすんなり、うまくいけてましたけど、製作過程で苦労した部分は?

柿次郎:お店選び。

原宿:メリットがないじゃないですか? 料理を全部、赤外線にされるから。

セブ山:(笑)。何なのかよくわかんない。

原宿:うまいのか? って。お得なのかもわかんない。

柿次郎:そこ一切触れないですからね。お店は、会社の近くにけっこう通ってるとこがあって……。

シモダ:最高の店があるんですよ。

柿次郎:そうなんす。

シモダ「たつみ」って言うんですけど、

シモダ:たつみって、美味しいーーー!!!

セブ山:ステマばっかりの番組! って思われますよ。

シモダ:マジで名店なんです。女将がものすごいキュート。

シモダ:味噌にぎりとか、お土産に持たせてくれるんですよ。「明日の朝食べて」とかね。

セブ山:ちょうどいいタイミングで来たりもしますもんね。

柿次郎:その最高の店の良さは、1つも出してない。今回の企画でもあるんですけど。

妥協を許さなかった丁寧な合成作業

セブ山:他にありますか? 苦労した部分とか。

柿次郎:今回プレデターで合成してるんですけど、先にお店の内観とか……。

(シモダ、おもむろに服を脱ぎ出す)

セブ山:大きい声とか出してるから暑くなってきてる。

柿次郎:眠いのかもしれないよね、体温上がって。……で、合成を想定したカメラの撮り方とかで、「ここにたぶんプレデター入るやろなあ~」って絵で撮って……。

セブ山:合成の元はどうしたんですか?

柿次郎:最初は、アメリカのコスプレのお店でプレデターの衣装を買って。2万ぐらいしましたね。

原宿:高かったっすね。

柿次郎:一週間経って着たら、めちゃめちゃショボくて。

原宿:無駄ですよ。

柿次郎:うん、無駄。

原宿:年末の大掃除で捨てちゃいました。

セブ山:で、どうしたんですか? それ、捨てちゃって。

柿次郎:代わりに同じ2万円くらいで精巧なフィギュアが売ってるんですよ。それを買ってやってみたら、めちゃめちゃリアルな感じが出た。

セブ山:なるほどなるほど。それはうまくいったと。

柿次郎:そうですね。それは合成作業ももちろんなんですけど、元々あるものを、サーモグラフィー風に加工するのも大変だった。

セブ山:あれはサーモグラフィーで撮影したのではなくて……。

柿次郎:違います。

セブ山:1個1個写真を?

柿次郎:そうなんです。デザイナーの人にお願いして作ってもらった。

セブ山:メッチャ大変じゃないですか?

柿次郎:あの記事、トータル1ヶ月ぐらいかかってるんです。なんやかんやで。

ステマの真髄とは?

セブ山:それ以外にもあるんですよね。ごはんだけはなくて。

柿次郎:そうですね。オモコロライターのヨッピーがやってる「クーポン交渉人」っていう企画と、マキゾウっていうイラストレーターがいるんですけど、「胃弱メシ」って胃腸が弱い人向けのお店を紹介するってマンガです。今週も、「クーポン交渉人」と「胃弱メシ」が出るはずなんで。

セブ山:まだまだ、「ぐるなびのみんなのごはん」から目が離せないというわけですね。……目が離せないというわけですねーーーー!!!!

シモダ:……ありがと。

セブ山:今日はともかくね、ステマは大きい声を出すと。

シモダ:そういうことです。

原宿:大事かもしれないですね。

セブ山:というわけで、まだまだ「ぐるなびのみんなのごはん」は続いていくというわけで、乞うご期待ということで。いろいろお話聞いていきました、本日はどうもありがとうございました。

シモダ・原宿・柿次郎:ありがとうございました。