これからのキャリアやトレンドを考えるパネルディスカッション

西脇資哲氏(以下、西脇):みなさん、こんばんは。2日間、みなさんはこの「Microsoft Tech Summit 2016」を、楽しんで、勉強して、そしていくつか持ち帰っていただくことができるようになっていると思うんですが、このお時間はパネルディスカッションです。

いつもであれば、こちら側で私がデモンストレーションをするんですけれど、今日は私の言葉やプレゼンやデモンストレーションではなくて、もうお二方、ゲストをお招きして、みなさんと一緒に語っていきたいと思っております。

みなさんもすでに名前は目にされていると思いますが、ゲストを2人お招きしたいと思います。私も、たいへん親しくさせていただいております。今日ご来場いただいているみなさんも、親しくされている方もいらっしゃると思いますね。

ちなみに、パネルディスカッション、私は先週も行いました。先々週もあったんですけど、たいていの場合は、進行台本があるんですね。今回は、ないです! まったくないんですよ(笑)。ですから、どんな質問をするかとかいうことも、私自身は少し決めていますけど、進行台本はないんですね。

まとまりがなくなってしまうといけませんが、これは最終セッションの時間ですので、少しくらい、みなさん、大丈夫ですよね?(笑)。少しお時間が長くなったりするかもしれませんが、お許しください。

でも、スピーディーに進めたいと思います。あと、大変親しい間柄になっているので、もしかしたら途中からタメ口になるかもしれませんが、それは間柄が深いということでお許しいただきたいと思っています。

(スライドの)一番下に目的が書いてあります。キャリアやトレンドをみなさんと一緒に考えさせていただくこと、これが目的になっております。

業界を牽引する豪華メンバーでお送りします

さぁ! ディスカッションのメンバーをお招きをしたいと思います。

(スライド)真ん中の、最初にお掛けになる方から順番を変えてお招きしたいと思います。一番最初は、小島英揮さんです。小島さん、よろしくお願いします!

(会場拍手)

お越しいただきまして、ありがとうございます! では、真ん中の席へ。

小島英揮氏(以下、小島):お招きいただきまして、ありがとうございます。座っちゃっていいんですか?

西脇:どうぞ。がっつり座ってください。

そして、もう一方。マイクロソフトと言えば、この方だったかもしれません。特に、開発者の方々、デベロッパーの方々、クラウドですとね。砂金(いさご)さん、お願いします!

(会場拍手)

ありがとうございます。なぜか赤色の服を、相変わらず着られていますけど暑くないですか?

砂金信一郎氏(以下、砂金):暑いので脱ぎます。

西脇:脱いでください。私が勝手に「着てくれ」って言ったんですけどね(笑)。

小島:緑じゃないんですか?

砂金:緑じゃないです。赤。

西脇:赤でも、緑でもいいですけどね。

さて、こんな御三方を、今日はお招きして、みなさんに50分、お届けさせていただきます。50分、すごく短いです。

砂金氏「いじられる覚悟は満々です」

もう1つ、パネルディスカッションって、普通はハンドマイクです。でも、マイクを持つのがめんどくさいメンバーなので、全部ヘッドセットにさせていただきました(笑)。どんどん、話をしていきたいと思います。

小島:はい、じゃんじゃん。

砂金:了解です。

西脇:ちなみにパネル(ディスカッション)はよくやります?

小島:パネルは企画するほうだったんですよ。どちらかと言うと。

西脇:あ〜、そうか。

小島:いろいろ広報チェックも厳しくて、パネルが難しくなっちゃって。

西脇:広報チェックは厳しいですよね。元の会社は(笑)。

砂金:(壇上で)写真撮って、フリーダムな感じ。

西脇:砂金さん、勝手なことやらないでくださいね(笑)。

(会場笑)

西脇:砂金さんは、パネルはよくある?

砂金:私は、圧倒的にモデレーター派なんですよね。なので、いじる側は慣れてるんですけど、今日はいじられる側なので。

西脇:じゃあ、いじられる覚悟満々で、今日は来てる感じですね(笑)。

砂金:満々で(笑)。

西脇:ありがとうございます(笑)。

みなさんのつぶやきがスクリーンに流れます

このセッションは、写真を撮っていただいてOKです。ぜんぜんかまいません。音はお隣の方に気をつけてください、とは言いますけど、多少はいいじゃないですかね。別に恥ずかしいものじゃないですから。

ぜひ、SNSでつぶやいてください。ツイートしてください。「#mstechsummit16」「#spl005」 このタグはコピペしちゃってください。

小島:これは、#spl005というのがポイントなんですよね?

西脇:そうです。#spl005というのをコピペして、ぜひつぶやいていただきたいんですね。

小島:試しにみんな、コピペで、試しツイートをしてもらっても。

西脇:試しツイートをしていただくといいですね。なぜかと申しますと、実は、試しツイートしていただくとわかるんですけど。(スクリーンを見ながら)あ、かっこいいですね。合成されていて。

砂金:いい感じじゃないですか。

西脇:いい感じですね。これ、Windowsでできるんですね。

砂金:マジですか。また自分の機材ですね、きっと(笑)。

西脇:だいたい自分の機材なんですけど。みなさん、つぶやいていただけますか?

砂金:きた!

西脇:はい、そうなんですね。全部、どんなスライドにも重なるようにできてます。こういう感じで。

小島・砂金:お〜。

西脇:(参加者つぶやき)「てすとー」。いい感じですね。ディスっていただいても大丈夫です。でもアカウントとともに表示されますから、こいつがディスってるということもわかっちゃいますからね(笑)。可能な限り拾います。(つぶやき)「きゃー、いさごさーーん!」

砂金:ありがとうございます! 〇〇さん、ありがとうございます。もうアイコンだけでわかる。

西脇:(つぶやき)「西脇サーン! 小島サーン! 砂金サーン」。いいですね。

小島:よかったです。ちょっと、今日はアウェイな感じがしてたんですけど。

西脇:大丈夫です。どちらかと言うと、今はみなさん味方ばっかり。

小島:今は。

AWSユーザーも多数参加?

西脇:今はもう味方ばっかり。でも、AWSのお客様もいらっしゃいますよ。

砂金:AWS使ってる人?

(会場挙手)

西脇:それ上げさせるの、ここで!?

小島:(笑)。

西脇:(Microsoft)Azure! Azure使ってる人?

(会場挙手)

西脇:Azureのほうが圧倒的に多いですね。すみませんね。社員がいっぱい手を挙げてましたけれど(笑)、ありがとうございます。

こうやって、実はたくさん出ています。ありがたいですね。(つぶやきを)可能な限り拾っていきたいと思っています。

砂金:質問があったら、たぶん拾えます。

小島:質問もここから……。

西脇:ちょっと2人一緒にしゃべらないで(笑)。はい、質問も。(つぶやき)「楽しみにしてましたー!」ということで。実は私も久しぶりにお会いしたんですよ。砂金さんもそうですし、小島さんとも、とても久しぶり。どのくらいですかね?

小島:たぶん直接話したのは、2年か3年くらい間が開いてますよ。

西脇:そんなに会ってない!? でも、今、ソーシャルの力で非常に近しく感じるんですよね。

小島:そうなんですよね。ついこの間まで話してたみたいな。あれ、会ってないなみたいな。MS(マイクロソフト)さんが、AWSがスポンサーするのを「ちょっと待って」って言うころになってから、僕あまり、登壇できなくなって(笑)。

西脇:そうなんですよね(笑)。(つぶやき)「豪華メンバー過ぎるっ」とおっしゃっていただいてます。大変ありがたいですね。

小島:ありがたいです。

砂金:なんも出ないですよ、大丈夫。

西脇:なにも出ないですねー。