中西副知事の辞任の意向について

記者1:幹事社の時事通信、ヨシモトです。よろしくお願いします。豊洲の問題で厳しい処分を発表されましたけれども、人事上の措置は今後また別に講じられるというご説明でした。その人事については、いつ頃を目処に断じられるご予定なのか、ということと。

これに関連して、今朝の一部朝刊で「中西(充)副知事が辞任する」という報道がありまして、「今回の問題の責任を明確にするためだ」という報道だったんですけれども、それについてもご説明お願いできればと思います。

小池百合子氏(以下、小池):今申し上げましたように、今回は、地方公務員法に則りましたかたちでの処分ということでございます。そして、人事異動等につきましては、これは追って考えていきたいと思っております。

記者1:関連して、重ねて質問なんですが、中西副知事が辞任の意向を知事に対して示されているという事実はあるんでしょうか?

小池:それについては、ご本人は以前の第1次報告書の頃からも、大変恐縮と言いましょうか、ご自分の責任を感じておられるということについては、度々お話しございますが、今、中西副知事にやっていただきたいことも多々ございますので、そういった意味ではこれからも活動していただきたいと思います。ただし、今回の処分の対象にはなっている、ということでございます。

記者1:ありがとうございます。それから、冒頭ご発言のあった予算編成プロセスの見直しですけれども、大胆な見直しだと思うんですが、政党復活予算を今回から廃止するというご説明だったと思うんですが。

これについてはなかなか仕組みがよくわからない都民もたくさんいると思うんですけれども、廃止されるというからには、なんらかの問題意識を知事自身がお持ちになったということだと思うんですが、どういう点が問題で、なぜ廃止するのかということについて、ご説明をいただけますでしょうか。

小池:予算編成というのは、まさしく東京都の政策を具体的に予算とともに示していくということで、都にとりましては、極めて大変重要な役割でございます。そして、その編成過程については、多くの場合は知らされないで最後にまとめて出てくるというかたちでございました。

また、都民を代表する都議会のみなさま方につきましては、やはり都民の代表という観点からは、きっちりとヒアリングをさせていただくということといたします。ただ、全部を丸投げをしてそこの中で予算を変えていくということについては、むしろもっと明確化をしていく必要もあろうかという観点から、今回はすべての情報公開させていただきたいと思っております。

これまでの予算編成のかたちは、「戦後」と言っては大きすぎるかもしれませんけれども、長年、都政の予算編成の伝統とされてきた部分がございますけれども。しかしながら、ここを大きく変えていくというのが1つの都政改革の一端ではないかと考えております。

五輪会場の見直しについて

記者1:次に、五輪会場の見直しの問題に関連しておうかがいしますが、ボート・カヌー会場で、「宮城の長沼ボート場での開催、どうやら見送られるのではないか」という報道が相次いでいるんですけれども、4者協議が来週に迫っているんですが、知事として4者協議に向けての意気込みも含めてお願いします。

小池:オリンピック・パラリンピックの会場につきましては、これまでも見直しを含めて、東京都としていろいろと検証してきたわけでございます。そのうえで、ライフサイクルコストという、大会が終わった後のコストもいくらするのか。それから、建築費そのものも非常に高いというような問題意識もあり、いくつかの複数案とともにこれまで検証してきたわけでございます。

そして、いよいよこの週末から来週にかけまして、テクニカルな調査、それから4者会議などが控えております。そして、これは私、以前からこの会場の見直しにつきましても、ラストチャンスだということを申し上げてまいりました。いろいろとデッドラインも迫っている中において、これまで東京都が調査してきたいくつかの複数案とともにこの会議へと臨んでまいりたいと考えております。

今、どこに決まったかどうかというのは、情報の取り方によって、いろいろと中身が変わってくるのではないかと思いますけれども、しかしながら、最終的には、この週末、そして次まで、交渉が続くということになるかと思います。

目指すところは、いずれにしても共通しております。いかにして2020年の東京大会を成功していくのか。そしてまた、それによる予算等、それから……ロンドン大会の責任者の方からもうかがったんですけれども、「結局、締めてみたら、大変なお金になった」というお話でございます。

つまり、予算の部分と、結果としていくらかかったかというのが、かなり乖離があるということも念頭に置きながら、そこを考えながら、今回の大会について東京都として臨む姿勢を決めていき、また、その4者の間で、IOCを含めて、できるだけ早く大会の本格的な準備に入るということが必要だろうと思っております。

記者1:あと1点。今週、政治資金収支報告書の公表がありまして、各紙報道で都議の自民党幹事長の方が通っていたライブバーへの支出がその中に含まれていたり、自民党の都議の方に現金50万円が一人ひとり配られたり、政治資金のいろんな使い道や処理の仕方について、問題提起と言われるような報道がたくさんあったんですけれども、なにか知事としてご所見がございましたらお願いします。

小池:毎年、この公開の時期が来るわけでございます。先ほどの予算編成も同じでございますけれども、いかにして公のお金が使われているのか、正しく使われているのか、ということを示すには必要な制度であり、これに対してどのように対応するかというのは、各政党、そして、議員一人ひとりの責任だろうと思っております。

改めて申し上げますと、やはり、ポイントは公私の混同がされていないかどうか、ということに尽きると思っております。

記者1:ありがとうございました。それでは、各社お願いします。

東京のブランディングにかかる費用

記者2:テレビ東京のマツヤマと申します。よろしくお願いします。午前中にあった、東京ブランドのあり方検討会についてなんですが、見直すべきだとか、日本らしさを入れていったほうがいいとか、さまざまな意見があったと思います。ロゴやユニフォームを作り直すとすると、また新たにいろいろな費用が発生すると思うんですが、その費用に関しての考えを改めてお聞かせください。

小池:今日は、専門家の方々にお集まりいただきまして、東京が世界に対してどのような発信をしていくのか、2020年大会を目指して、ボランティアの方々がどのようなユニフォームを着ていくのか、忌憚のないご意見をお聞きしたところでございます。

私も党の広報などを担当したり、それから、環境大臣の時にもクールビズの担当……担当っていうか実際に実践したわけで、だいたいの相場観というのはわかっております。

だいたい大企業の新製品を売り出すのにかかる広告費っていうのは、1回30億ぐらいですね。ということで、これまで「&TOKYO」にかけてきたお金っていうのは、1商品の発売に伴う広告費相当だというふうに思います。まあ、もちろんピンキリがございます。

それから、今日お話が出たのは、これ、廃止するわけではないわけですね。「国内でそれを使ったらどうだ」というお話しもございました。これも1つ、案だと思います。

それから、ユニフォームについてもいろんなご意見がありましたけれども、&TOKYOのほうもいろんな色が使われていて、それから、ユニフォームのほうもいろんな色が使われていて、「どれが東京なの?」という問題点があるというのも明らかになったわけでございます。

これから投じるお金が、本当にワイズスペンディングなものになるかどうかというのは、改めてもともとのコンセプトを確認をして、そしてもっとも効果のある方法を探る、と。そのためのものでございますので、これまでのお金が無駄に使われるというものではございません。

よりよいかたちでより効果的なものを探る、という意味でのブランディング委員会でございますので、どうぞお間違えのないようにお願いいたします。

「けじめ」に込められた想い

記者3:TOKYO MXのミシマです。就任前の事案ではあるものの、現在の小池知事が豊洲盛り土の問題をめぐって、自らけじめをつけるという意味で減給するということなんですが、処分を受ける、受けないにかかわらず、職員にも都民にもメッセージを込めたけじめのつけ方かなと思います。改めて減給することに決めた判断や心境についてお聞かせ願いたいと思います。

小池:現在、私は都知事であるわけでございます。そして、この問題につきましては、事態が起こったのはそれ以前、就任以前であったとしても、その後になってこういった問題が生じてきたということについては、行政の長としてね、けじめをつけるべき。

そしてこれによって、私はぜひ職員のみなさんがこのけじめをベースにしながら、本当に信頼できる市場のあり方。築地で、先日もボヤと言いましょうか、火災も生じたりいたしました。いくつもの課題がある中で、そして、改めてその責任を感じつつ、新しく踏み出してほしいという意味を込めたわけでございます。

当時、その任にあった方々には、公務員……では、もう退職されてますので、懲戒処分というかたちではございませんが、しかしながら、やはりそこになんらかの……まあ、人によってちょっと濃淡はあるんですけれども、責任を感じていただく対応をお願いをしたいと思っております。

また、これまでも、これは行政監察の手続きとしてヒアリングを重ねさせていただき、そして、不服についてもヒアリングをさせていただいて、その旨を記したところでございます。

そのうえで、法曹界の方々のご判断、そしてまた、これまでのこういった行政上の事案に関しての前例なども、判断の材料とさせていただきました。ぜひそういった意味で、関係された方々には、よくその旨ご理解いただきたいと思っております。

そしてまた、私自身でありますけれども、やはり一言で言うと「けじめをつけたい」と。この問題に対してのことでございますので、これまでの担当された職責にあった方々にも、同じ思いを抱いていただけるのかどうかわかりませんが、私なりの結論でございます。

4者協議はオープンに

記者4:新宿新聞のキダと申します。29日の4者協議。これは公開されるものなんですか? それから、公開されて結論が出ました時に、そこでもうすべて決着したというふうにとってよろしいんでしょうか?

それともう1つは、小池都知事の「もったいない」という考え方と、復興五輪という考え方が、その中に貫かれているのかどうかということをどういうふうにお考えになるのかなというのをお聞きしたいです。

小池:はい、ありがとうございます。4者協議につきましては、これは東京都も主張させていただいて、オールオープンというかたちとなりました。よって……まあ、オールオープンというかたちになります(笑)。

それから、その次の4者協議というのがファイナルな結論になるのかどうかというお尋ねでございますけれど、それはその協議次第ということになろうかと思います。しかしながら、みんな共有した思いを持っているということは、先ほど申し上げた通りでございます。

そして、その前に、テクニカルな専門家のみなさま方の交渉もあり、でございます。ということで、4者協議にはしっかりと臨んでいきたいと思っております。

それから、もったいない精神でございますが、これはなんであれ同じでございまして、いかにしてもったいないことのないようにするかというのは、私がこれからも都政を担ううえで、大切な柱にしていきたい。

そして、復興についてでございますけれども、これについても、ぜひ復興五輪ということからスタートしているという点については、しっかりと必要な場でこれからも発言をしていきたいし、そしてまた、関係のみなさま方にもその点をご理解いただきたいと思っております。

記者5:朝日新聞のオカと言います。盛り土の問題については9月に公表され、2回にわたる検証報告書が出されて、今日の懲戒処分ということに至ったわけですけれども。

先ほど知事からもありましたが、今回のような行政上の事案について、職員への、退職者も含めた、懲戒処分というけじめのつけ方が必要という考え方っていうのは、いつ頃の時点で知事の頭の中に出てきたものなのか、それは一体どういう理由なのか、その点をお聞かせください。

小池:はい。今回の盛り土に関係する問題でございますけれども、やはり行政の手続きにおいての大きな瑕疵であることは誰もが認めざるを得ないと、このように思います。

行政におけるさまざまな問題については、残念ながら枚挙にいとまはないんですけれども、それは国の組織であれ、地方自治体であれ、処分は行われるということでございます。企業でも同じではないかと思います。

「いつからか?」と言われましたら、地方の行政を預かる身といたしましては、そういった手続きについては、いろいろな検証を進めるにあたっては、その点は、最後はそういったかたちを取らざるを得ないのではないかと、残念ながら思ったところでございます。

第1次、第2次、2度にわたる報告書を作成をしながら、その問題点をピンポイントで指し示すということは、すなわちそういうことではないかと思います。