ダヴィンチが発明した芸術界のイノベーション「キアロスクーロ」ってなに?

The Meaning of Chiaroscuro | Art Terms | LittleArtTalks

今回の「LittleArtTalks」では、美術史に多大なる影響を与えた、「キアロスクーロ」を紐解きます。キアロスクーロは、ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチによって生み出された、明暗を強調することで絵に深みを出す表現技法を指します。その1世紀後、バロック期に活躍したカラヴァッジョによってキアロスクーロは爆発的に広まり、後世の芸術家たちにも多大なる影響を与えています。光と影の芸術の世界を、どうぞ御覧ください。

カラヴァッジョが切り拓いた光と影の表現方法

今日は、キアロスクーロ(Chiaroscuro)について、それがどのような意味か、どのように美術史に影響を与えたかお話します。みなさんこんにちは、カリンです。Little Art Talks へようこそ。

キアロスクーロとはイタリア語で、透明で明るいことを意味するキアーロ(Chiaro)と、曖昧で暗いことを意味するスクーロ(Scuro)が合わさった言葉です。

この言葉は、ドローイングあるいは絵画上での光と影の配置に対し、最初に用いられました。イタリア美術の議論では、三次元のオブジェや人物像の肉付けや、ボリュームの感覚を得ることに用いられます。さらに、この言葉は、絵画上のモノクロームや二色使いのイメージの意味でもしばしば用いられます。これは、一般的には、英語やフランス語の同義語で「グリザイユ(Grisaille)」としても知られています。

この言葉は、当初の意味を拡大し、今では主に、明と暗の間の強いコントラストを指しています。キアロスクーロは、色のある紙に描かれたルネサンス時代のドローイングに由来し、そこでは、光に向かっている基準となる色調を白い水彩で、陰に向かっている部分を不透明のインク、あるいは水彩で描かれました。

この技法は、ルネサンス時代の巨匠ダヴィンチによって発明されました。彼は、ゆるやかな光と影のグラデーションによって深みを描写する方法を発見したのです。その1世紀後、イタリアのバロック画家のカラヴァッジョが、作品により劇的な効果を与えるため、キアロスクーロを新たな方法で使います。

背後は暗く、火が灯されたロウソクや開かれた窓といった唯一の光源が、全体を通じて高い色調のコントラストをもたらし、ドラマチックに演出しています。この表現にはすぐに追随者があらわれ、この様式はカラヴァッジェスキと呼ばれ、ヨーロッパ中に広まりました。カラヴァッジョがキアロスクーロに与えた影響力は計り知れません。

というのも、当時の大部分の芸術家たちとは異なり、カラヴァッジョは工房を設けず、芸術に対する哲学を共有し、その技法を普及するための、弟子を持たなかったのです。にもかかわらず、彼のようなキアロスクーロの使用法は、ルーベンス、リベラ、ベルニーニ、そしてレンブラントなどの芸術家たちに認められます。1920年代になって美術史家のロベルト・ロンギは、以下のように書いています。

「リベラ、ベルニーニ、ラ・トゥールそしてレンブラントは、カラヴァッジョなしには存在し得なかっただろう。そして、ドラクロワ、クールベ、マネの作品もまったく違ったものになっていただろう」

Little Art Talkslittlearttalks

Karin Jyuen(カリン・ユエン)がアートの世界をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。古今東西のアートにまつわる豆知識をお送りします。

・公式チャンネル

Published at

Little Art Talks

Little Art Talksに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、Little Art Talksに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?