時間内に新作マンガは完成するのか?
前回の“修羅場ラバンバ”放送を振り返る

『シンゴジラの秘密は庵野秀明のメガネにあった!』中2ナイトニッポンvol.18 #2/8

ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は8月10日に放送された「シンゴジラの秘密は庵野秀明のメガネにあった!」中2ナイトニッポンvol.18の内容を書き起こしでお届けします。本パートでは、放送中に新作マンガを書き上げることに挑戦した前回の振り返りと漫画家・東村アキコ先生の『Domani』連載に登場したある存在について話題が展開されました。

今日のラインナップは?

山田玲司氏(以下、山田):はい! そんなわけで前回の続きからいきましょうか、奥野さん。

乙君氏(以下、乙君):はい。この流れで、しみちゃん、頼むわ。

しみちゃん氏(以下、しみちゃん):わかりました。振り返りを。

山田:ちょっとだけやってから。そうだ、メニューだけ言っとこうか。

乙君:先言っておく? じゃあ、今日のラインナップを説明させてくださいね。まず「ドラクエ・ライブ・スペクタルツアーになにが起こっているのか?」という話。

山田:ポケモンとゴジラについてみんながしゃべってるときに、ドラクエにいきます(笑)。

そしてこちら。「シンゴジラはタモリ倶楽部だ!?」。

山田:という謎が解けましたので。

乙君:えっ?

久世孝臣氏(以下、久世):おわ~。

山田:報告します。

乙君:まず、この謎の時点から説明していかないと。

山田:(コメントにて「ネタバレする前は必ず、必ずアグー出してくれ」)あ、ネタバレの前はこれ出します。

旅はいいよねって話

乙君:そして、今日は予定を1週早めまして、旅の話。

もう出ちゃう人もいると思うので、「久世の旅の話」。

「俺の旅の話」。

そして、「山田玲司の旅の話」ということで、三者三様、いろんな旅してますよね。

山田:旅っていいよねって話をします。

乙君:まあ、そうですね。

山田:そうそう。

乙君:そして「ドリーのヤバさ」。

山田:ドリーやばかった。

乙君:ドリーというのはあれですか?

山田:ドリーを無視してる日本がヤバイ(笑)。

乙君:ドリー・ファンク・ジュニア?

山田:ドリー・ファンク・ジュニア。ファック!

(一同笑)

乙君:違うね(笑)。

そして最後は質問コーナー。旅の話と恋愛のようなものが来てるので、これはちょっと緊急にやらなきゃということで。

地球寒冷化が進んでいる!?

山田:(コメントにて)「おっくん、ロナウドを超えたな」というのは、乙君の黒さがロナウドを超えたってことでしょうかね?(笑)。

久世:色、色。

山田:さっきから乙君の色についての発言がやっぱり。

乙君:あのね。

山田:なんですか?

乙君:今年、湘南に住んで3年目なんですけど、今年が一番太陽が弱いんです。

山田:マジで?

乙君:俺の体感。

久世:へ~。

山田:俺、暑いと思ってた。

乙君:日差しがすごく弱く感じて、これはもしかしたら太陽の、なんていうんだろう、なにかが起こっている……気がします。

(一同笑)

久世:なんやお前、幼稚園児か。

乙君:いや、なんか弱まってて。もしかしたら「氷河来るんじゃないか説」、俺ちょっと、そっち側に傾きましたね。

久世:思想が?(笑)。

乙君:うん。地球寒冷化説ね。

久世:なるほど。

山田:「毛が抜けちゃうよ」とか、そういうのはいいです。まだ大丈夫ですから(笑)。

久世:まだ大丈夫。

乙君:俺が「黒点説」って(笑)。松崎しげるか。

山田:ゴジラ通ったらしいね。お前んちの近く。

乙君:通りましたねえ。

山田:それで太陽がちょっとみたいな。非常にご近所を通られたって。

乙君:今まで観た映画とはちょっと違う感覚で観ちゃいましたね。「うおーおお」みたいな。

山田:そうだよね。

乙君:それはちょっと新鮮な体験でしたね。

前回の振り返り

ということで、今日もラインナップがいろいろあるんですけれど、その前にこちら、しみちゃんの振り返り。前回、本当に、なんと言えばいいんだろう。すごい事件ですよね、あれは本当に。

山田・久世・しみちゃん:うん。

山田:あれは、本当にNHKでやるべき。NHKで4時間やるべき。年末に。紅白の前にやるべき(笑)。

(一同笑)

しみちゃん:挿し忘れ(笑)。

乙君:紅白の裏でやりますか?(笑)。

山田:紅白の裏でやるべき。どっか買ってくんねーかな。

久世:買える、買える。ぜんぜん買える。

山田:行くから、やるから、俺たちも。うん、本当に。すごかったよ。

しみちゃん:では、手短に説明させていただきます。まず前回をまとめさせていただくと、こんな感じになっておりました。

締め切り当日なのに、ネームからスタート!! まさに修羅場ラバンバ放送だったと。

山田:本当そうだった。

しみちゃん:これはあのコメントで(笑)。

乙君:これ、コメントなの!?

しみちゃん:コメントでいただいたやつです。

久世:しみちゃんのお茶目じゃなくて?

乙君:しみちゃんのお茶目だと思った(笑)。

山田:本当に、あの日に入稿しなかったら、載らなかったからね。

しみちゃん:そうですよね。本当に。うん。

山田:本当にガチの締め切りだったというのがちょっとおもしろかったね。

どうした、しみちゃん?

しみちゃん:そして、そんななかのベストシーンですね。ベストシーンその1をご紹介させていただきます。その1がこちら。

山田:あ、これよかったね。

久世:これ、よかった。

しみちゃん:……すいません。

山田:え?

しみちゃん:あ、ちょっとすいません……。

久世:どうした?

しみちゃん:ちょっと……ごめんなさい。振り返れない。ごめんなさい……。

乙君:どうした、しみちゃん……。

久世:しみちゃん?

しみちゃん:すいません、振り返りも大事なんですけど、僕からどうしても報告したいことがございまして。

乙君:びっくりした!

久世:びっくりさせんなよ。

しみちゃん:すいません。ちょっと取り乱しました。放送事故のような感じになってしまったんですけれど、どうしてもみなさんに。

乙君:なんなんだよ!

久世:リズム変えるわぁ。

乙君:ビックリした!

しみちゃん:プチドッキリみたいな感じになっちゃったんですけど(笑)。

久世:リアルやねん。

『Domani』アキコ先生の連載にて…

しみちゃん:すいません(笑)。こちら、格調高い女性誌『Domani』なんですけれど、こちらの雑誌にて、我らが東村アキコ大先生が連載されております。ちょっとご紹介させて……。

乙君:それ、やんなくてよくねえ?(笑)。

山田:(コメントにて)「simi is kowai」って字幕が(笑)。ありがとうございます。センスがいいねぇ。

しみちゃん:そして、こんな感じでアキコ先生が連載されているんですけれど、どうしてもみなさんに見ていただきたいものがありますので、これだと映りが悪いので、僕が拡大のコピーをさせていただきました。

乙君:拡大ね。

しみちゃん:はい。拡大のコピーをさせていただきました。それがこちらになります。ご覧ください。映るでしょうか?

いつもアキコ先生が1人で写るそうなんですけれど、この最終回のところ、1人見覚えのある愉快なストーカーが写り込んで(笑)。

山田:これ『モブサイコ』の地縛霊的な感じ?

しみちゃん:そうですね(笑)。

山田:あいつですか?

しみちゃん:あいつですね。

山田:あれ、エクボじゃない? アッコのエクボか、お前は。

久世:だいぶ霊力溜まってきたな。

全国のドマ女に謝ってください

乙君:いや、これ、千葉の放送の時にしみちゃんコーナーやってて、俺とアッコ先生が横にはけてて。そしたら、アッコ先生が「写真撮ろうぜ」って言って、パシャってやってて。もう何枚も撮るから変顔しまくろうと思って、「うぇ~」ってやってた。

山田:そこもエクボっぽくねえ? いいね(笑)。お前、アッコのエクボだったんだ(笑)。

(一同笑)

乙君:だとして、なんでこれが『Domani』という、このヤンサンとまったく関係ない雑誌に(笑)。

しみちゃん:そうですよ。本当に。女性誌のなかでものすごい上品な、アイテムでいうととってもお高い雑誌なんですよ。

久世:すごいね、この……。

山田:これ小学館なんで、今週小学館の人間が来るので、ちょっと聞いてみますか。こういうことがなぜ起こるのかということを問い詰めてみますか。

久世:だって、この号の特集が「なにが違うの? 彼女と私のベーシック」って(笑)。

乙君:俺がいるかいないかだよ。いや、本当申し訳ないですよ。

しみちゃん:いや、本当に。このページの1ページ前も、堂本剛さんの連載が載ってるというね。そのあとにまさかの、のぞむさん(乙君)が出てきてしまったという。

乙君:これ本当になんで……そうね。申し訳ない。

久世:のぞむさん、デビューおめでとうございます。

しみちゃん:読モですよ。読モ。もう全国の書店に置いてあるので、全国のドマ女に謝ってください(笑)。

(一同笑)

乙君:そんなん、あんな演技して、挟むようなことか、これ!?

久世:さらっとやったらよかったやん!

しみちゃん:すいません(笑)。

久世:あー、びっくりした。

モノ作りに熱中する人たちの“光のシャワー”

乙君:前回の振り返りどこいったん!?

しみちゃん:いや、ここからです。久世さん、感想もお願いします(笑)。

久世:このまま感想いくの!?

(一同笑)

しみちゃん:いや、すいません(笑)。

久世:いや、とても幸せな時間だったなと思って。見てるほうも。僕も、腐ってもモノを作る人間なので、見てて、みんなが締め切り当日で切羽詰まってるにも関わらず、めっちゃイキイキしてるの。

ロビンソンさんは遅れてくるし、変な格好してくるし。「俺、この絵やるわ」「え。俺、見開きかよ」「俺、ここだわ」って言いながら、みんな嫌々嫌々、締め切りで忙しいのに幸せそうなのが伝わってきて、俺もちょっと泣けてきた。光のシャワーみたいなものが画面から伝わってきた。

しみちゃん:光のシャワー?

久世:僕にはそんな感じでした。

しみちゃん:すばらしいまとめで。

乙君:我々けっこう所在なかったよね。

(一同笑)

久世:だろうね。

しみちゃん:ウロウロと。本当に(笑)。

乙君:なんかしゃべりかけても邪魔しちゃうし。ねえ。

しみちゃん:シーンとするわけにもいかないし(笑)。

乙君:シーンとすると、玲司さんが「なんかしゃべれよ」って。それで、関係ないことを言い出すと「うるせーよ」みたいな。

しみちゃん:そう。コメントが荒れるし(笑)。

乙君:「どうしたらいいんだ?」という。だから、最初から「はけるよ」って言ってるのに、ねえ。

久世:でも、「今から俺ら黙るので回して」みたいな感じになったじゃん。絵描いて黙るから、回してって。「この状況で回すってヤバイ」っていう。今、みんな漫画以外興味ないのに、なに回すんだろうと思ってドキドキだった。おもしろかった(笑)。

乙君:本当そうだよ。ごめんね。みんな。

久世:結局コメントにあった焼きそばパンは買いに行ったんですか?

しみちゃん:(笑)。

乙君:焼きそばパンって、今、売ってる?

久世:わからない。

乙君:焼きそばパンも意味わからないけど、コロッケパンもあんまり……。

山田:次、いきましょう(笑)。

久世:振り返りましょう。そこは振り返らなくていいかなって。すみません。

しみちゃん:すいません。ちょっとわちゃわちゃとした感じになってしまったんですけれど、振り返りとしてはこんな感じで。よろしくお願いします。

山田玲司のヤングサンデーyamadreiji

漫画家・山田玲司が多彩な経験と圧倒的な知識を元に「テレビでは語られない角度」で恋愛、社会問題、漫画、映画、音楽、人生とは何か? など様々な問題を切っていきます。

・公式チャンネル

Published at

山田玲司のヤングサンデー

山田玲司のヤングサンデーに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、山田玲司のヤングサンデーに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?