「経営者がカリスマであってはいけない」CA藤田晋氏が大切にしている経営哲学

新しい社会のインフラを創造する~起業から現在までの軌跡~ #2/3

三木谷さん、藤田さん、お互いに尊敬しているところはありますか? 9月6日、新経済連盟が関西初の大型イベント「Hello, Future! 新経済連盟 KANSAI SUMMIT 2016」を大阪・梅田にて開催しました。新経済連盟代表理事の楽天・三木谷氏、副代表理事のサイバーエージェントの藤田氏、クラウドワークスの吉田氏が登壇し行われた豪華セッション「新しい社会のインフラを創造する~起業から現在までの軌跡~」。日本を代表する経営者たちが、それぞれに尊敬しあっているところとは?

三木谷氏が今、買収したい分野は?

吉田浩一郎氏(以下、吉田):そういう感じで、逆にトレンドがないのであれば、スタートアップを作って買収してもらうというやり方もシリコンバレーではけっこうメジャーじゃないですか。

そういう意味で、三木谷さんがこれから買いそうな分野を教えていただきたいんですけれど。そこで起業すればいいという(笑)。

三木谷浩史氏(以下、三木谷):いやいや。やはりこれからシェアリングエコノミー系、さっき言ったIoTとかになると、なかなかグローバルスタンダードに勝てないと思うんですよね。

うちはちょっと変わった会社で、「社会に意味があることをやろう」と、なんとなく社会に貢献しているとか、社会に意味があることをやろうということがメインなんです。

そういう意味でいうと、日本のコンテンツを海外に持っていくといった分野は、(藤田さんは)「AbemaTV」をやってらっしゃいますけれど、どうやってもこれから日本は厳しそうじゃないですか。人口が減っていくし、だからそういう社会の問題を解決できるようなモデルは、やはり興味がありますよね。

吉田:なるほど、社会課題解決。私、実は先月「Y Combinator」のデモデイに行ってきて、そのなかでおもしろいなと思ったのは、ガソリンのオンデマンドサービスが今、シリコンバレーでめちゃくちゃ流行っているんです。

アプリで「明日までにガソリン入れておいて」というと、IoTを使ってガソリンを開けて、車でガソリンを届けて翌日までに入れてくれたり洗車してくれたりというような。

これが10憶20億という資金調達をしていたりするんですけど、確かにそういうシェアリングエコノミーのような新しいリソースのあり方みたいなものはけっこうあるんじゃないかと思いますね。

お互いの尊敬できるところを教えてください

リアルな話ばかりだとつまらないということなので、もう少し突っ込んで、お二人はもう15年以上のお付き合いですね。ということで、お二人それぞれからお互いについて尊敬してる点とその逆の……、コメントがあれば両方、一言ずついただきたいなと(笑)。長いお付き合いのなかで。

藤田晋氏(以下、藤田):俺は言えるけど、三木谷さんは俺の尊敬してるところないと思いますよ。

三木谷:いっぱいありますよ(笑)。

吉田:尊敬してるところと、好きなんだけども……、みたいな。

(会場笑)

吉田:まず、尊敬してるところ、どうですか? お互い。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?