『情熱大陸』で印象に残ったゲストは誰?
担当Pが語る“その道のNo.1”の共通点

情熱大陸プロデューサーに学ぶ挑戦する生き方とは@ASAC #2/5

2016年6月15日、青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)のイベントスペースで、情熱大陸プロデューサー・福岡元啓氏とトーマツベンチャーサポート・斎藤祐馬氏による対談「情熱大陸プロデューサーに学ぶ挑戦する生き方とは」が行われました。福岡氏は、「共感力」「挑戦」をテーマに『情熱大陸』で印象に残ったゲストについて語りました。

ウェディングプランナー・山川咲さんの放送回

斎藤祐馬氏(以下、斎藤):せっかくなので、会場の方で、『情熱大陸』のイメージだったり、最近こういうの見たとか、ある方いらしたらいかがですか?

参加者2:私もプランナーの山川咲さん(2016年5月29日放送)のを見たんですけれども、実はご本人と知り合いなのですが、まさにいつも見ている山川さん自身をテレビ番組30分間の中で表現をしていて、すごいなと思いました。等身大の咲さんが映し出されていたので、とても素晴らしいなと感じました。

斎藤:その回は、等身大のものを映すというのはコンセプトだったんですか?

福岡元啓氏(以下、福岡):僕にとっては想定外の回でしたね。

斎藤:そうなんですか?

福岡:というのは、僕がなんでこの方を取材したいなと思ったかというと、有名なウェディングプランナーの方なんですけど、辞めるって聞いたんですよ、ウェディングプランナーという仕事を。

『情熱大陸』ってその道のNo.1というか、輝いている人を紹介する番組じゃないですか。だから、辞める人をやるのって普通で考えたらおかしいんですよね。

でも、辞めてなにをするかといったときに、ものすごい自分探しをしながら新しい仕事を探す。本当の人生を自分でプランニングするみたいな話にできそうだということなので、それはおもしろいなと思って。

ウェディングプランナーを辞めて自分の人生のプランニングするって、これっておもしろいよねって。プランナーという肩書きならそれもいいじゃないっていう。プランナーが職業だっていうかたちにしようと思ったんです。

なかなか山川さんご自身が次のステップに自分的に進みづらい感じになって。まあそれがドキュメンタリーなんですけど(笑)、そういうところがあって。

じゃあ、山川流ウェディングというのをおさらいしてみたいしということで、そっちメインにして、あと彼女のキャラクターのほうにシフトしていったんですけど。

まあドキュメンタリーなので、僕らが最初に「こういうのが撮れそうだね」っていう予想通りになることはまずないので、そういう意味でのお手本のような回だったのかもしれないです。

斎藤:いろんな方を見てきたと思うんですけど、担当して5年ぐらいですか?

福岡:そうですね。もう6年近くになりますね。

斎藤:何人ぐらい見たんですか?

福岡:300人弱ぐらいですね。

情熱大陸で見た印象的な人たち

斎藤:一番印象的だった回とか、印象的だったとか、ありそうですよね。

福岡:それよく言われるんですよ。なかなかチョイスしづらいんですよね(笑)。

斎藤:例えば、著名人とそうじゃない人の回があるじゃないですか。それによって視聴者さんの受け止め方が違ったりとか。そこらへんで印象に残ってるものとかね。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

情熱大陸プロデューサーに学ぶ挑戦する生き方とは@ASAC

情熱大陸プロデューサーに学ぶ挑戦する生き方とは@ASACに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、情熱大陸プロデューサーに学ぶ挑戦する生き方とは@ASACに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?