水泳・萩野「そろそろラーメンを食べないとおかしくなる」金・銀・銅すべてのメダルを獲得した今の心境

競泳男子400メートル個人メドレー金メダル/200メートル個人メドレー銀メダル/4×200メートルリレー銅メダル

リオ五輪メダリスト記者会見
に開催

競泳で金・銀・銅すべてのメダルを獲得した萩野公介選手。メダリスト記者会見で、それぞれのメダルの重みや今したいことについて語りました。

4年後もっと強くなって最高のパフォーマンスを

司会者:みなさん、おはようございます。本日はメダリスト記者会見にご出席いただき、誠にありがとうございます。メダリストの記者会見を、これより始めたいと思います。私、進行の本部広報担当役員のオオツカと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、第31回オリンピック競技大会2016リオデジャネイロ、昨日の競技におけるメダリストの選手から、お話をいただきたいと思います。

昨日のメダルを獲得し、その後いろいろ取材とか、関係者、ご家族等々にもお会いしたと思いますが、一晩明けて、一夜明けての率直な感想をうかがい、みなさまより質疑応答を行いたいと思います。

それでは、400メートル個人メドレーで金メダル、そして、男子4×200メートルリレーで銅メダル、そして昨夜、200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得しました、萩野公介選手、よろしくお願いいたします。

萩野公介氏(以下、萩野):はい。今回のオリンピックは全力で出し切ったオリンピックでしたし、だからこそ、うれしいこともあったし、「実力がまだまだ足りないな」というふうに思った大会でした。

まだ競泳競技は続いてますし、オリンピック全体は終わってないですけれども、僕の競技は終わって今思うのは、4年後もっともっと強くなって、オリンピックの舞台でまた最高のパフォーマンスを、これ以上の最高のパフォーマンスをしたいというふうに、心の底から思っているというところです。

みんなのスイッチが入った松田丈志選手の言葉

司会者:はい、ありがとうございました。萩野選手、平成生まれの選手としては、夏の五輪初の金メダル獲得者ということでございます。

それでは、質疑応答に入りたいと思います。それでは、ご質問のある方、挙手にてお願いいたします。はい、マイクのほう、よろしくお願いいたします。

記者1:朝日新聞出版でAERAの記者をしていますフカザワと申します。萩野選手に質問なんですけれども。

萩野選手はエースとして、今のチームをどのように引っ張っていったり、または、どういった言葉がチームを引っ張っているのかとか、どういった取り組みをしているのかとか、そのへんをちょっとうかがいたいと思います。

萩野:僕がエースかどうかわからないんですけど。まず、チームがやはり、今のようなチームがあるというのは、選手それぞれ……もちろん選手一人ひとりがチームのことを思って、自分がどういうふうな行動をすればいいのかっていうのを考えて行動しているっていうことと。

自分の立場を、なんて言うんですかね、それぞれの役割を考えて行動しているっていうのが、今の競泳を支えているじゃないですけど、競泳のチームを支えているんじゃないかな、というふうに思います。

また、自分はとくに初日にレースがありましたので、まずは「自分の役割としては、初日にいい結果を出すことだな」というふうに考えて泳いでいたので。はい、その後も理絵さんだけじゃなくて、本当に先輩方がチームのためにいろいろと、まあ、僕たち下のほうの年代の選手もいろいろと考えながらもそうですし。

とくに、やはり(松田)丈志さんの言葉っていうのも、丈志さんだったり、何回も五輪を経験されている方のメッセージっていうのは、自分たち若手にはとても響きました。そういったものがチームをギュッと引き締めて、一段といいチームになることができたんじゃないのかな、というふうに思います。

記者1:丈志選手の具体的な言葉とかで、覚えているものってありますか?

萩野:大会前にですね、選手だけのミーティングっていうものを行ったんですけども、その中で「やはりオリンピックだから、自分たちは戦う集団なんだ」というような話をしていただいて、それでみんなスイッチがピッと入ったんじゃないのかな、というふうに思います。

金銀銅それぞれのメダルにいいものが詰まっている

司会者:はい、ありがとうございます。よろしいでしょうか。ほかにご質問、いかがでしょうか?

記者2:産経新聞のアムロと申します。萩野選手に、金銀銅と3種類取られて、メダルの重さ、印象というのはどう違うのか、というのをお聞かせください。

司会者:はい、それでは萩野選手から、金銀銅メダルに関して。

萩野:200メートル個人メドレーの銀メダルはですね、もうちょっとやっぱりフェルプス選手といい勝負したかったですし、僕もそれに向けてトレーニングを積んでたので、正直悔しい気持ちもあるんですけれども、ですけど、やっぱり「さすがだな」というふうに思う部分と、「これからもっともっと強くなりたい」と心の底から思えるようなレースだったので、必ず強くなりたいな、というふうに思います。

銅メダルは、4人で取ったメダルなので非常にうれしいですし、日本の競泳界にとっても大きなことになっていると思うので、これを糧にもっともっと日本の自由形が強くなっていければいいな、というふうに思っています。

金メダルのほうは、自分の目標にしていたので、まずは「取れてよかったな」っていうふうな思いがあります。それぞれのメダルに、なんて言うのかな……難しいですけど、それぞれにいいものが詰まっている、っていうふうに思います。

司会者:はい、ありがとうございます。それでは、はい、前の方、お願いします。

そろそろラーメンを食べないと危ない

記者3:産経新聞社のササキと申します。おめでとうございます、そして、お疲れさまでした。一区切り終えまして、今食べたいもの、今したいこと、そして、会いたい人を教えてください。

萩野:僕の食べたい物はもうラーメンで決まってるんで、間違いなく。もう5月末から食べてないんで、もうそろそろ、本当に危ないような状況なので。

(会場笑)

萩野:早く、はい。本当にもうそろそろ精神がおかしくなっちゃいそうなんですけど。

記者4:すいません、どこのラーメンが食べたいですか?

萩野:どこっていうか……そうですね……う~、……まあ、カップ麺を、申し訳ないですけど、ちょっと、はい。

司会者:ちょっと固有名詞は。

(会場笑)

萩野:ちょっと難しいですよね、はい。したいことは、とりあえず、ちょっと疲れちゃったんで……まずはみんなの応援したいですね。まだ、メドレーリレー残ってますし、最高のパフォーマンスをチームメイトの先輩たちとかしてくれると思うので、全力で応援したいと思います。

会いたい人は家族ですね。僕の200メートル個人メドレーの決勝のレースを見ずに先に日本に帰ったので、ちょっと一言言いたいなと思います。

(会場笑)

Occurred on , Published at

ログミーNews

ログミーNewsに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?