はあちゅうが抱える彼氏への不満「その度に別れてやるって思うんだけど…」

ゲスアワーfrom友人宅:はあちゅうの抱える彼氏への不満

ブロガー・作家のはあちゅう氏と文筆家の霜田明寛氏が人にはちょっと言いにくいゲスな恋愛トークや旬な話題をお届けするはあちゅうのゲスアワー。今回の放送では、はあちゅう氏が彼氏に対して抱いている唯一の不満をポツリ。直してもらう方法はあるのでしょうか?

運転すると性格が変わる彼氏に不満

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):彼がさ、運転するときに、性格が変わるの。

霜田明寛氏(以下、霜田):はいはい。

はあちゅう:なんか、言葉遣いとかが荒々しくなったりして。

霜田:あー、はいはい(笑)。

はあちゅう:密室だから、そういう悪い気をすごくもらうじゃん。本当に嫌で、「やめてほしい」ってずっと言ってるんだけど。

霜田:「どけよ、おい」みたいな。

はあちゅう:そう、そういうやつとか。「あのクソヤローの運転が!」みたいな感じになるから。

霜田:はいはい(笑)。

はあちゅう:すごいヒヤッとするんだよね。けっこう楽しみなレストランとかに行くときも、その過程で嫌な気分になっちゃうので、「もう、嫌……」みたいになってるの。

霜田:へー。

運転中しか見せない“本質”をどうとらえる

はあちゅう:それって、どうやったら直るの?

霜田:え。僕、どこまで言っていいのかわからないですけど、彼氏さんに会わせてもらったじゃないですか。そういう面がある方には見えないので。

はあちゅう:やっぱり、恋人にしか見せない面はあるよね。

霜田:それで、僕も彼氏さんの車に乗せてもらったこともありますけど、僕が乗ったときはそういう感じじゃなかったですし。

はあちゅう:そりゃそうだよ! 身内じゃないもーん!

霜田:(笑)。

はあちゅう:そうそう。他人がいるときは、ぜんぜんそんなことない。2人でいるとき、「なにこの人、ヤカラなの?」って思っちゃって。

霜田:でも、わかります。僕も二重人格みたいなところあるんで。

はあちゅう:そこだけ、本当に。車のときだけ。

霜田:そこだけだったら、いいんじゃないんですか? もう、そういう病気だと思って。

はあちゅう:えー。でも、移動ってけっこうあるじゃん。この先も、家族旅行とか、どっか行くときに、車乗せてもらうことはけっこうあるから。

霜田:たしかに。

はあちゅう:それを考えると、「毎回これか……」って思って。

霜田:はいはい。

その度に「別れてやる」と思うけれど

はあちゅう:その度に「別れてやる!」って思うんだけど、30分ぐらいすると、なんか怒りがなくなっちゃうの。

霜田:すばらしい。愛情が包み込む。

はあちゅう:愛情なのかなあ。もう、けっこう感情ってコントロールできるようになるじゃん、大人になってくると。ずっとその感情でいるってより、切り替えられるし。

霜田:はいはい。

はあちゅう:超怒ってても、友達来たらニコってできるし、みたいな感じで。怒ってるよりは笑ってたほうが楽しいから、「いっか、さっきのこと忘れよう」と思って。でも、また車乗るときがきて、「もう、やっぱりこれだ……」って言って、「なんで私はこの人と一緒にいるんだろう」って思っちゃう。

霜田:あー……。

はあちゅう:本当に、困りましたね。

霜田:これは、……どっちが本質かって、よく言うじゃないですか。「外食したとき、店員さんに感じ悪い人は気をつけろ」とか。

はあちゅう:あー、それはすごい嫌だ。

霜田:一瞬のなにかで本質が出るって言いますけど、運転してるときが本質なのか、そうじゃない普段のやさしい彼を本質ととらえるのか。

好きになったら、いびきも、よだれもかわいく見える

はあちゅう:そうだよね。2人と付き合ってるって思ったらいいのかなあ。もう、うまくいかないねえ。そういうこと、今までの人生になかった? 「ここ超直してほしい!」みたいな。

霜田:僕ね、それないんですよ。

はあちゅう:基本すごい夢中になるもんね。

霜田:1好きになっちゃうと、ほかが9見えなくなるので(笑)。

はあちゅう:そうか。なに見てもかわいいの?

霜田:かわいい、みたいな。

はあちゅう:ふーん。

霜田:いびきも、よだれも。

はあちゅう:そうなんだ。

霜田:はい。

はあちゅう:鼻くそつけてこられたら、どう思う? ホジって、つけてこられたら、どう思う?(笑)。

霜田:(笑)。それ、男女の差がありますから、やってる男の子はかわいいなって思いますけど、女子でもいいんじゃないですか、普通に。

男性が抱く、好きな女性を汚したいという性癖

はあちゅう:私それ、彼にやられたとき、すごいドン引きしたんだけど(笑)。なんか、そういう人いるんだね。テレビで小籔さんも同じことをやるって言ってて、男の人って、なんだろう、自分の汚いものを、愛する人につけるのが、好きなのかなとか、ちょっと思っちゃった。

霜田:あーーー。

はあちゅう:汚したいのかわかんないけど。

霜田:性癖の1つなのかもしれないですね。

はあちゅう:うーん、そうなのか。

霜田:おしっこ顔面にかけるプレイ、みたいなものなんじゃないですか?(笑)。

はあちゅう:……のソフトバージョンってことか。

霜田:ソフトバージョンと思えば。

はあちゅう:そっかー、なるほどね。

霜田:さも普通のことかのように言いましたけど、知らないですよ。そんなプレイをしてる人がいるのかわかんないですけど、例えばね。

はあちゅう:ふーん。いいね。幸せじゃない? だって、彼女のこと、ずっと100パーセント好きでいられるわけでしょ?

画面に映る姿を見れば彼女の有無がわかる!?

霜田:そう。ゲスアワー見てる子に、僕、就活エッジっていう就活セミナーをやってるんですけど、こないだゲスアワーを見てる子が来てくれて、「霜田さんのファンだから来ました」って言ってくれて。

「霜田さんは幸せオーラが画面から出てるから、この時期、彼女いるなとか、いないなとか、ゲスアワー見返すと全部わかりますよ」とか言われて。

はあちゅう:えー、怖い!

霜田:「あー、ヤバい! 怖い怖い!」って思って。

はあちゅう:そうなんだ。

霜田:「すげー!」と思って。

はあちゅう:じゃあ、今の霜田さんはどうなのか。

霜田:どうなんですかねえ。じゃあ、これ、見た方はツイートしていただいて(笑)。

はあちゅう:へえ、すごい。

霜田:そう言われて。イベントとかもずっと来てくれてたらしいんですけど、お誕生日会とか。

はあちゅう:私、こんなに一緒にいるのに、わかるのはせいぜい、太った痩せたぐらいなのに、すごいね(笑)。

霜田:(笑)。すごいなと思って。画面越しにそんなしっかり見ていただいて、ありがとうございます。

はあちゅう:すごいよ。

Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?