「2人で飲みたいです」と言われたら勝ち?
はあちゅうのゲスアワー

ゲスアワーfrom友人宅:3か月ぶりのちゅうしも #1/2

ブロガー・作家のはあちゅう氏と文筆家の霜田明寛氏が人にはちょっと言いにくいゲスな恋愛トークや旬な話題をお届けするはあちゅうのゲスアワー。最近、ヤリたい気持ちが落ち着いてしまったという霜田氏。女性から誘われても、その時点でLINEのやりとりをやめてしまうんだそう。それに対して、はあちゅう氏は行為の後にも喪失感があると言及。大人ならではのめんどくささがあるという話で二人は納得。年齢を重ねるにつれ、落ち着いていく恋愛観が垣間見える放送でした。

3ヶ月ぶりのゲスアワー

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):はあちゅうです。

霜田明寛氏(以下、霜田):しもやんです。

はあちゅう&霜田:どうも、ゲスアワーです。

はあちゅう:おひさしぶりです。

霜田:おひさしぶりです。

はあちゅう:こないだ、ここの家で撮って以来だよね。

霜田:そうですね。3ヶ月前ぐらいに。

はあちゅう:そうだ。

霜田:でも、ちょいちょい、その間も会ったりとかね。

はあちゅう:え、なにかで会ったっけ?

霜田:偶然会いましたでしょ、渋谷で。

はあちゅう:あっ、そうだ。カフェにいたら、「はあちゅうさーん!」って言ってくれたやつだ(笑)。

霜田:ファンみたいな感じで呼びかけて、走っていったやつ(笑)。

はあちゅう:「うわー!」って思った。なんかもう、カフェ中の人がバッてこっち見て。

霜田:「はあちゅうだ!」みたいな(笑)。

はあちゅう:いや、違うよ。たぶん、霜田さんの声の大きさに、単純にびっくりしたんだと思う。

霜田:そっか。

童貞メディア「チェリー」の編集長になって

はあちゅう:そんなひさびさの私たちですが、いつものやつ、最近おもしろいこと、ありましたか?

霜田:いやー、もう、怖いですね。最近思うのは、ゲスアワーを毎回更新しているときは、「とはいえ、ゲスじゃないじゃん」みたいなことを言われて。

今、僕は「チェリー」という媒体をやっているんですけれど、「とはいえ、チェリーじゃないじゃん。童貞じゃないじゃん」みたいなこと言われて、どっちの立ち位置に置けばいいのか、わかんないんですね。

はあちゅう:そうだね。けっこう、“童貞らしさ”を編集長として求められるってこと?

霜田:(童貞メディアって)僕が言ってると、みんなが「いや、童貞じゃないじゃん」って言うんですけど、「童貞じゃなくて、童貞を引きずっている」と言っているので。なんかもう最近、そういう欲がなくなってきちゃって、おっさんなのか。

はあちゅう:え、どういうこと?

霜田:「女子と遊びたい!」みたいな。

はあちゅう:あー、落ち着いちゃったんだ。

霜田:なんか、ヤりたいっていうのがなくて。「ヤりまくるぜー!」みたいなのがなくて。

はあちゅう:成仏したんだね。

「2人で飲みたいです」と言われると勝った気がする

霜田:向こうから、「2人で飲みたいです」って来た時点で、もう勝ちだと思って。予定とかフィックスしないで、LINEをやめちゃうんです(笑)。

はあちゅう:すごい。

霜田:それで……、別にヤりたいわけじゃないけど、モテたいんですよ。

はあちゅう:わかる。

霜田:っていうのがあるから。でも、「2人で飲みましょう」って言われると、とりあえず1ステージ勝った感じがするじゃないですか(笑)。

はあちゅう:そうだね。なんかもう、この後の展開が見えるよね。走馬灯じゃないけど、「こうなってこうなってこうなって、こうなるんだろうな……」って。

霜田:あ、見えます?

はあちゅう:見えるよね?

霜田:僕、逆に見えなくて。

はあちゅう:そうなんだ。

霜田:それで飲みに行ったとして、ヤれなかったときの損失感がでかいから、「もう行かない!」みたいな(笑)。

はあちゅう:そっか、妄想の中で完結させて。

霜田:ちょいモテだったとするじゃないですか、飲みに誘われて。「もう、それでいいや」って思っちゃう。

ヤろうとするために、プラス4、5時間やら、ウン千円なのかウン万円なのか知らないですけど、使ってヤれなかったときに、「え……」みたいな。僕、前回も似たような話してる気がしてきたんですけど(笑)。

はあちゅう:そうだね。

霜田:ってなるから、もういいやって。

はあちゅう:あー。わかった。

霜田:となると、なんか、進まないですね。

行為の後に残る喪失感

はあちゅう:でもさ、ヤッた後の喪失感ってあるよね? ない?

霜田:あります、あります。

はあちゅう:ゴールの後、どこ行こう、みたいな。

霜田:女性は逆にどうなんですか? それ。

はあちゅう:えー。でも、もうこうなることがわかっていて、そうなりましたって後に、残るのはめんどくさいことだけだよね。

霜田:はいはい(笑)。

はあちゅう:なんだろう、好きだったらいいけどさ。毎回そういうヒットを当ててるわけじゃないじゃん。だから、この後は、「向こうはどう思ってるんだろう?」とか。「お互いに気がすんだんだろうか」とか。とりあえず、「きれいに終わるようなやり取りをしなくちゃ」とか。そこがまたくさめんどいんですよね。

霜田:それは、大事なものを失っちゃったな、みたいな感じではないんですか?

はあちゅう:私はそこはないかもしれない。大事なものを失ったって……。

霜田:そんな少女みたいなことは言ってられない(笑)。

はあちゅう:そう、そんななめくさったことを言うようなね、キャラではないですよ。

霜田:25をね、過ぎるとね。

「次の恋の始め方がわからない」

はあちゅう:そうだよね、落ち着く感覚はすごいわかる。だって今、例えば仮に山Pとか、すっごい理想を全部持った人が現れたとしても、今の彼氏と2年続いてるから、2年間をここからやり直すのかと思ったら、もう面倒くささしか。

霜田:わかります。いろんな調整を経て、今の関係性があるわけで、30過ぎてからそれをやり直したら、もうね。

はあちゅう:だって、私、今、彼とケンカすると、別れることとかが頭の中にフワッと舞い降りたりもするんだけど、そのときに「この人と別れて、誰と付き合うの?」って思ったら、もう果てしない。もうなにしていいかわかんない。

霜田:はいはい。

はあちゅう:「今からTinder登録するの?」とか思って。Tinder登録したら30(歳)って出てくるじゃん、もう。

霜田:たしかに(笑)。

はあちゅう:年齢。そんなの、なんかね、ちょっと恥ずかしい(笑)。

霜田:(笑)。

はあちゅう:嫌だ(笑)。

霜田:そうですね。いい相手にTinderで出会えたとして、そっからまたね、調整が。

はあちゅう:そっからの……、ねえ。

霜田:ちょっと大人になっちゃいましたね、我々言ってることが。

はあちゅう:なんか、ちょっと、疲れてきたのかもしんないね。

霜田:確かに、30という大台を超えて。

はあちゅう:でも、本当に今の人と別れたら、次の恋の始め方がわからない。だって、この2年間、ほとんど誰も好きにならなかったから。「え、2年間もなかったものが、この後の2年であるかどうかわかんないじゃん」って思ったら、大きいね。

霜田:一度手にしたものは、絶対に離したくないですよね。そう考えると。

はあちゅう:わかる。

<続きは近日公開>

Published at

はあちゅうのゲスアワー

はあちゅうのゲスアワーに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、はあちゅうのゲスアワーに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 「2人で飲みたいです」と言われたら勝ち? はあちゅうのゲスアワー
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?