韓国人学校は白紙化

小池百合子氏(以下、小池):じゃあ、NHKさん。

記者6:補正予算案に関してですけども、予算を提出するということになると、当然議会の理解が必要になると思いますけども、自公が6割以上占めるこの議会のなかでの最初の予算になるわけですけども、これは十分理解が得られるとお考えでしょうか?

小池:かねてより申し上げておりますように、知事である私も、今回、都民のみなさまにお選びいただき、そして議会の議員のみなさま方も都民によって選ばれたものでございます。

この喫緊の課題であります待機児童対策というのは、まさしく都民のみなさま方のニーズに応えるものでございますので、またご説明は真摯に行わさせていただき、前もって議員のみなさま方にもご要望がございましたならば、たくさんあると思いますけれども、それらにも心配りをさせていただいて、この補正予算については議会のみなさま方にもご理解をいただいて、一刻も早く実施できるようにしてまいりたいと考えております。

それからすみません、1つ訂正がございますけれども、先ほどビジネスクラスとスイートルームを使わないと申し上げましたけれども、ファーストクラスに訂正をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。はい、後ろの方。

記者7:TBSのシナダと申します。よろしくお願いします。今週、初登庁された日なんですけども、川井(重勇)議長をはじめ自民党側の態度が不適切だということで、講義や批判の声が寄せられてるということなんですけども、その点について知事はどうお考えでしょうか?

小池:川井議長、副議長にお迎えをいただいて、大変ありがたいと思っております。そして議会のみなさま方とは、それぞれの会派によって濃淡は確かにございましたけれども、しかしどれも大切な会派のみなさま方でございますので、都民ファーストは、議員のみなさま方にとっても同じことだと思っておりますので、そこは真摯に取り組ませていただき、都民のみなさま方にご迷惑がかからないように、最善を尽くしたいと考えております。

記者8:東京新聞です。選挙期間中に韓国人学校(貸与予定地)を視察されていましたが、やはり知事になって、白紙に戻すという方針に変わりはないのでしょうか?

小池:答えはイエスでございます。地元のみなさま方にも、選挙が始まる前でございましたが、お会いをいたしまして、反対の署名がすでに2,500筆集まっておりました。そしてまた地元のみなさまの声を反映して、じゃあどうするのかというということについても、よくみなさま方のお声を聴いてまいりたいと思っております。

地域のみなさま方のご要望は、いつ、どこで、どういうかたちで決められたかわからない韓国人学校の建設について、地元にも十分な説明がなかったということが1点と、それからこの所有地を有効にするのであるならば、保育、そして高齢者に対してのケアについて、ご要望がございました。

これについては、都庁の担当にどういうかたちで、なにが実現できるのかについて、研究をしてもらうようにいたしたいと考えております。

テロ対策についても考えていく

記者8:同じ問題で、(前)知事が韓国側に約束された話ですよね。これを撤回されるというのは、かなり問題だと思うんですけど。

小池:これについては、実際どうであったのかをまだよくうかがっておりません。舛添さんから直接うかがうのがよろしいのかと思いますけれども、しかし、それについては韓国の関係者にはきちんと手当てと言いましょうか、ご説明はしていく必要はあるかと思います。

しかしここは東京であり、そして日本でございますので、わが国が主体となって判断をするものと考えております。

記者9:『めざましどようび』のナガノと申します。よろしくお願いします。小池知事のファッションが毎回話題になっておりまして、今日もとてもすてきなお召し物だなと感じたんですが、丸川(珠代)新オリンピック担当大臣の就任時のお衣装が、小池知事の就任時のお衣装とよく似ていたというのが話題になっていたんですけれども、どのように思っていらっしゃいますでしょうか。

また、丸川大臣とは2020年のオリンピックの成功に向けた連携については、もう直接お話にはなったんでしょうか。

小池:大変ワイドショー的な話題で、ありがとうございます。コメントはとくに申し上げることもないかと思いますけれども、まあ……なんでしょうね。

丸川さんは、立場として選挙中におっしゃったというのは、彼女は大変聡明な方ですから、そこは理解されて、私も言ってみれば大先輩になりますので、そこはちゃんと受け止めております。ですから、そのへんのコメントについては、スタジオのコメンテーターのみなさまにお任せしたいと思います。

オリンピック・パラリンピックの成功は、担当大臣になられたからには、ともに連携してやっていくというのは当然のことでございますので、丸川大臣もその点はよくご存知だと思います。

なお、オリンピック・パラリンピックの大臣がなにをするのかと、遠藤利明大臣にお聞きしたところ、「ひと言でいうと、テロ対策」という答えが返ってまいりました。ですからむしろ「この会場をどうして、こうして……」というよりは、セキュリティという大きな役割が彼女に課されるものであると認識いたしております。

もちろん私も、首都防衛と言いますか、テロ対策というのは私の都知事としての所管に当然入ってくるわけでございますけれども、そういった点で、役割的にみなさんが想像されているものと若干違うのかなと思っております。

築地市場の移転見直しはあるか?

記者10:東京新聞のウチダと申します。築地市場の移転時期の見直しについておうかがいしたいと思うのですが。

小池:選挙中もいったん立ち止まるというお話をさせていただきました。昨日も都の担当から説明を受けたところでございます。

一方で都からすれば、この問題は、とにかく11月7日のオープニングに合わせて、引越しもすべて決まっている、まして100日前のイベントもやっているということで、すでにオンゴーイングな話だと。このように承知をいたしております。

一方で私も環境大臣をやっておりました頃から、東京ガスの跡地には足を運んでおります。3.11などもございました。そういった点で、安全性もふくめて、それから繁忙期にかかるということで、11月7日の先延ばしを望む方々もおられると聞いております。

これまでの知事が直接市場関係者と、ヒアリングをされたことがあるのかどうか、これも確認しながら、やはり都民ファースト、実際にその市場関係者の方々が都民であり、その後の築地の話をすると混乱するかもしれませんけれども、私は一度、都のほうにはしっかり聞いておりますけれども、そのステークホルダーである方々にお話を聞く時間を設けたいと思っております。

いずれにしましても、11月7日というのはもう決められているなかにおいて、そこで都民のみなさま方の納得が得られるようなものなのかどうか、8月にはもう農水大臣の承認がございますね。それから10月は事実上の安全宣言になるのかどうか。これらのスケジュールを見ながら、そのなかでなにができて、なにができないのか、見極めるという意味で、「いったん立ち止まる」という表現を使わせていただいているということでございます。

副知事の人事について

小池:じゃあ、一番うしろ。

記者11:TBSテレビのナカタと申します。副知事の人事に関してなんですけれども。若狭(勝)氏が意欲をみせているという点があるんですが、起用する可能性についてお聞かせください。

小池:若狭さんは私の盟友であり、今回の私の選挙も若狭勝さんなくしてはなかったというぐらい、たいへんその力量とその男気には、私は感謝をしているところでございます。

なお、このあと改革本部を都庁内に設けてまいる際には、さまざまな問題点のある種、あぶり出しと言っていいんでしょうか、それらについてはプロ中のプロでございますので、ぜひお願いしたいところではございます。しかしながら、彼自身が今も衆議院議員であるということ。

昨日、私は二階(俊博)幹事長にも、また安倍総理にも、処分については区議を含めて寛容にお願いをしたいということで、お願いを申し上げてまいりましたので、今後も自民党の議員として衆議院議員として活躍されることだと思っておりますが、今は、総合的に判断をしてまいりたいと、このように思います。

いずれにせよ、私にとりましては、たいへんな理解者であり、また助言をいただける方でございますので、これからも連携を続けていきたいと思っております。

で、都庁の人事全体につきましては、まずは、私自身、都庁に来てまだわずかでございますので、まず私自身がしっかりと、この都庁の空気を含めてしっかりと学び、そしてまた、どのようなかたちで今後進めていくのか、まさしく総合的に考えて判断してまいりたいと、このように頭のなかでは描いております。

ガラスの天井を突き破る

記者12:テレビ東京のオオタと申します。「ガラスの天井を突き破る」を小池都知事はまさに体現されているわけですが。国政において、野党の代表に、蓮舫さんが立候補する見通しとなっております。この受け止めをお願いいたします。

小池:私は、「glass ceiling」という言葉を、ヒラリー(・クリントン)さんがお使いになって。この言葉はよくアメリカなどでも世界でも使われる言葉。つまり、女性が頭を出そうとするとゴツンとぶつかるのが「ガラスの天井」ということでございます。

かつてそれを問われた時に、私は「iron ceiling」と、ガラスどころか鉄鋼だと申し上げたことがございます。実際に、それはございますが、それは打ち破っていかなければ、次に続く人が出てこないと思っております。

ですから、私自身なんでも「初の女性なんたらかんたら」というのがつくことが多いんですけれども、満身創痍になっても、そのあと優秀な方々が、ちょっとおこがましい言い方かもしれませんけれども、たくさん出てくだされば、この日本ももっと別の意味で活性化されるのではないだろうかと思っております。

よって、世界的に見れば当たり前のことがようやく起こってるということでございますので、民進党の代表戦においてもがんばっていただきたいと思っております。