会派離脱だけで、議員辞職はしないのか?

鈴木章浩氏(以下、鈴木):このたび私の「早く結婚したほうがいいんではないか」という不適切な発言で、塩村議員、および都議会、都民のみなさまに多大なるご心痛・ご迷惑をおかけしたことを心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

私自身、本当にこれをしっかりと反省して、原点に返って、またがんばりたいというおもいで、本日総会の前に、都議会自民党を離脱させていただいて、初心に戻ってまたがんばりたいと思っております。よろしくお願いいたします。

記者:日本テレビのクノムラです。自民党としては会派は離脱しても、議員としての仕事は続けるんですか?

鈴木:はい。そうさせていただきたいと思っております。みなさんからいろいろお話をいただいたなかで、私の謝罪が遅れたこと、話が二転(?)してしまったことに対して、本当に申し訳なく思っております。

謝罪が遅くなってしまった理由は、私が発した「早く結婚すればいいじゃないか」という発言と、「子どもを産めないのか」といった発言がいっしょになって取り上げられていた中で、私自身も謝罪、そしてみなさまに対してもっと早くけじめをつけたいという思いはありましたけれども、本当にその部分についても申しわけけなく思っています。

なぜあの発言が飛び出したのか、また謝罪が遅れた原因は?

記者:フジテレビ・ホソガイです。どうしてこのような不適切な発言をしてしまったのでしょうか?

鈴木:少子化、晩婚化の中で、早く結婚していただきたいという思いがある中で、あのような発言になってしまったわけなんですけれども、本当にしたくても結婚がなかなかできない方の配慮が足りなかったということで、いま深く反省しています。

記者:フジテレビ『とくダネ!』・アベです。なぜ当初は「私はヤジを言っていない」と発言されたのですか? その真意を聞かせてください。

鈴木:さまざまな話がいっしょになって報道されている中で、お話をする機会を逸してしまったということです。申し訳ありません。

記者:朝日新聞のゴトウといいます。今朝方も鈴木議員に私は「発言をしたのか」と聞いたらですね、「私ではない。聞いていない。早く誰か名乗り出ればいいのに」とおっしゃっていた。ウソをつかれたということになりますが、なぜ嘘をついたのでしょうか? そんなに難しい質問じゃなかったと思いますが。

鈴木:みなさまに謝罪をする機会を逸してしまったことについては、本当に申し訳ありません。

記者:謝罪をしてほしかったわけではなくて、本当のことを言ってほしかったのですが。謝罪が遅れたことではなくて。

鈴木:真実を語る機会も、私自身の問題なんですけれども、逸してしまって反省しております。本当に申し訳ありません。

記者:ほかに、「子どもが産めないのか」など、出産にまつわるヤジもとんだと塩村さん側からありましたが、この議員も特定してほしいと先ほどもお聞きしたかと思いますが、鈴木議員が聞いている中で、誰がなにを言ったか教えてください。

鈴木:私自身は、ほかの発言は確認してない。騒がしかったというのはあったと思います。とにかく私の発した言葉が引き金となって、騒動になったことを反省している。私も初心に戻って、議会人として、このような状況を払拭するためにも、これからも都議会の正常化のためにがんばりたいと思っています。

「ヤジを飛ばした議員は辞職すべき」発言との整合性は

記者:日刊スポーツです。20日の時点で議員は「辞職に匹敵する」というお考えを示していました。記者の質問に対して。その発言と今日のこれからもがんばりたいというのは、ちょっと違うと思うんですけれども。

鈴木:そのような発言をしたことは記憶に無いです。とにかく真意をお伝えする機会を逸してしまって今日になってしまったっていうことは、反省しています。

記者:記憶に無いと言いますが、テレビカメラも入っているので確実に発言していると思いますが、発言してますので、あのときの発言についてどうお考えでしょうか?

鈴木:あのような状況の中で、あのような発言になったことを、深く反省をしております。

記者:どういう状況ですか?

鈴木:早く結婚すればいいじゃないか、という発言、そしてそれに続いたと言われている、子どもを産めないのか、アンタ誰、とかさまざまな発言があったという報道がある中で、私自身の真意をお伝えする機会を逸してしまったということです。

記者:議員辞職には匹敵しないといまはお考えですか?

鈴木:これからまた初心に帰って、都議会議員としてがんばらさせていただきたいと思っています。私も都議会の中で父亡きあと中小企業の経営者としてがんばらさせていただいて、そういう状況を打開していきたい、そしてまたいま高齢化社会の中で現場に足を運んでそうした方々の思いをしっかり汲めるような、議員になりたいという志で議員活動をさせていただいている中で、もしお許しをいただけるのであれば、今後もそういう活動を、自分自身を見つめなおして、がんばらさせていただきたいと思っています。

記者:それは、お許しいただけると思ってるんでしょうか?

鈴木:塩村先生には、先ほど「わかりました」と言っていただいたわけですけれども、今後の流れのなかで決めさせていただきます。

記者:塩村議員の許しがあれば議員ができるということですか?

鈴木:そういう思いではなく、私自身は、今の段階ではこれからもがんばっていきたいと思ってます。

国外からも批判があるが、どう受け止めているか

記者:NHKです。国外からも批判がきてますが、どう受け止めてますか?

鈴木:私の配慮を欠いた発言がきっかけになって、これだけ大きな問題になったことを心から申し訳なく思っています。東京都はいま6年後のオリンピック・パラリンピアックを控えている中で、私も含め、また複数そういったヤジも出たという話がある中で、そうした正常化のためにもがんばっていきたいと思っています。

記者:不適切発言について、うっかり言ってしまったんですか?

鈴木:私の心の中で塩村議員を誹謗するために発した言葉ではないんですけれども、少子化や晩婚化の中で、早く結婚していただきたいという思いがあって、あのような軽率な発言になってしまいました。それは本当に、結婚したくてもできないとかさまざま思いを抱えている女性がいらっしゃるなかで、本当に配慮を欠いた不適切な発言だった申し訳なくおもっています。

記者:フジテレビです。鈴木議員は結婚されてますか?

鈴木:はい。結婚してます。

記者:子どもはいるんでしょうか?

鈴木:はい。3人います。

記者:そんな中で今回の発言はどうでしょうか?

鈴木:家族に対しても本当にこれだけ大きな問題を引き起こしてしまったということ、父親として申し訳なく思っています。

記者:共同通信です。ご自身の娘さんが35歳になったとき、独身で子どもができない病気を抱えていた場合、このようなヤジを第三者から投げられたとしたら、父親としてどう思いますか?

鈴木:その部分、深く反省させていただいて、本当に配慮を欠いていたなという思いで反省しております。

自民党へ報告したのはいつ?

記者:報知新聞のヒグチです。「結婚したほうがいいんじゃないか」というヤジを自分がしてしまったことは、いつ気づかれました?

鈴木:あのあと議会を3回やって、遅かった段階で、翌日皆さんがたに指摘をいただきました。私もすぐに塩村議員のところに行って謝罪をさせていただきたいと思っていましたが、あわせて、子どもを産めないのか等、ほかのセクハラ発言が議場で飛び交っている、それが誰なんだという話がある中で、謝罪をする機会を逸してしまったということで、深く反省しております。

記者:ヤジが終わったあとに、自分では言ってしまったというのは気づいていたということですか?

鈴木:はい。私が発した言葉ですので。

記者:そのあと自民党から全議員聞き取りがあったと思いますが、その際には報告しなかった?

鈴木:聞き取りがあったのは翌日でした。その段階で委員会があったんだと記憶しておりますが、その段階では記憶しております。

記者:報告は翌日には自民党にはされた?

鈴木:はい、しています。

記者:今日幹事長が11時半に初めて報告を受けたという趣旨のことをいっていたが、これについては?

鈴木:幹事長がお話しになっているように、報道を受けているものに対する事情聴取については、私も直接幹事長に呼ばれて、「なんか鈴木さん言いましたか?」という話はそのときはなかったので、遅れてしまったのは申し訳ないと思っています。

記者:翌日の自民党に初めて報告したときのやりとりについて教えてください。

鈴木:これだけ大きな問題になっている中で、どのような対応をしたらいいのかは深く考えておりました。ただ、機会を逸してしまったということを本当に申し訳ないと思っております。

記者:朝日新聞のゴトウといいますけども、議員の発言を、最初から最後まで正確になんと仰ったか、今もう一度教えて下さい。

鈴木:「早く結婚したほうがいいんじゃないか」っていうふうにお話をさせていただいたと思います。

記者:「自分が」というのはその前にありましたか?

鈴木:言ってないです。

記者:鈴木議員のヤジで、同僚議員が皆さん笑ってらっしゃってましたが、その笑った同僚議員たちに対して、今はなんと言いたいでしょうか。

鈴木:本当に申し訳なく思っております。

「産めないのか」と言った人物も特定すべきか?

記者:テレビ朝日ですけれども、ご自身の結婚に関する発言以外にも出産に関するヤジというのが飛んでいたというふうに複数、証言があがっています。このままですと、ご自身だけが責任を負う形になってしまう、というケースもあると思うんですけれども、今後、そういった出産に関するヤジなどを言った人物を特定したほうがいいとお考えでしょうか?

鈴木:私が今日この場でお詫びをさせていただくのは、私が発した言葉で、本当に多くの都民の皆さま、その前に塩村議員に大変なご迷惑をお掛けしてしまったという、私自身に対するケジメでこういう機会を持たさせていただいて、お集まりをいただいているというわけです。

他にどんな発言があったのかっていうのは、いろいろ出ておりますけれども、私自身、特定していないなかで、ただ騒がしかったというのは事実でございますので、私もこれから初心に戻って、まず都議会が都民の皆さまから信頼していただけるような正常化のために、頑張らさせていただきたいというふうに思っております。