医師×ビジネスのキャリアを活かす道は?

千葉正幸氏(以下、千葉):あと15分くらいになりました。せっかくなのでここからは会場のみなさんから質問をいただこうかと思います。先ほどのアンケートだと資格試験など勉強されている方が多いとあったので、きっと聞きたいこともお持ちかと思います。では、後ろの方。

質問者1:とくに、猪俣先生におうかがいしたいんですけど、今回タイトルを見てビビッときて、参加させてもらったんです。それは別にインパクトがどうというより、具体的な単語でビビッときたんです。

自分も実は同じ進路というか、将来目標がありまして、まだ学生なんですけど、この後、もし順調に医師になった後には、ビジネスを学びたいと思っているんです。

なぜそう思ったかというと、もともと興味があるということに加えて、医学部という場所に入った初日、2日目というときに、井の中の蛙になってしまうのではないかという怖さを一番感じたんですね。

とくに私立の医学部だったので、みんな6年間、毎日同じ教室で、毎日同じ授業を受けてやっていくと、例えば、ほかの学部の方だったら、3年目、4年目に就活があったり、ほかの分野同士でいろいろ話せることもあると思うんですけど。ずっと同じレールにいて、どこで差が付くんだろう、そのときに差を付ける側に回れればいいんだろうけれど、差を付けられる側に回るのがすごく怖くて。だから、ほかの分野もほしいと思ったんです。

さっき先生がおっしゃられたように、ビジネスとかほかのことを学んだら、最終的に臨床の現場に戻るよりも、そっち優先になってしまう人がけっこういるという話を聞いて、自分も実際にそうなりそうな未来予想図を描いていて、医師として臨床の現場に戻るよりも、そっちのほうが楽しそうだなと思うようになって。

でも、もししっかり医師になれたとして、せっかく6年間学んで、ましてや外科に興味があるので、そっちを学んだら、やっぱり現場で試さなきゃ意味がないんじゃないかと。まだ早いかもしれないんですけど、そういう部分で少し悩んでいます。

先生は、どのタイミングで今のようなことをしたいと思われたのか。学生の時に思われたのか、研修医をやっている時に思われたのか。そういうところを具体的にお聞きしたいです。

自分のなかの軸をはっきり決めておくこと

猪俣武範氏(以下、猪俣):私が、一番はじめにアメリカに行きたいなと思ったのと、MBAを取りたいなと思ったのは、研修医の時ですね。

医学部を卒業して、研修医として患者さんを診ていくなかで、さっき言ったような医師の態度とか、医局のマネージメントの体制とかを見ていると、まだまだだなということを感じて、私自身がそういったことを自分で勉強して、みんなに啓蒙できればと、実は研修医のころから考えていました。いつか行けたら、と。

おっしゃる通りで、医療の世界はまだまだコンサバティブなので、例えば、MBAに2年間留学しましたって言ったら、アカデミアに戻ってくるのはかなり難しくなっちゃうんですね。医局辞めないといけないかもしれませんし。

そういったところもかなり考えた上で、まずは自分の専門の眼科で留学しようと思って、ハーバードへ行きました。その上で、どうやったらMBA取れるかみたいなことを考えて、アメリカにはエグゼクティブクラスといって週末の働いている人用のコースがあるんですよね。

学位は同じ学位で、勉強量はあまり変わらないんですけど、それが僕に一番フィットしているんじゃないかなと考えて、眼科としての仕事を続けながら、ビジネスも一緒に学ぶというAプラスBじゃないですけど、両方できるということを、まず考えました。

あとは、本当におっしゃる通りで、将来どうやって(MBAを)取って病院に戻ってくるかを考えている人はどうしても多いので、今、僕は自分で作っちゃえばいいんだと考えていまして、大学内でそういう医者向けのビジネスコースを作る準備をしています。もし間に合えば、ぜひそこに来ていただけたらと思います。

そういう目標があるうちは、自分で作るか、とりあえずチャレンジするかだと思いますので、ぜひチャレンジしていただけたらと思います。

天明麻衣子氏(以下、天明):なんとなく今、感じたのが、二兎を追うにしても、どっちがメインかということを自分のなかで優先順位をはっきりさせておいたほうがいいんですかね。

猪俣:それは思いますね。やっぱり両方のトップになるのはけっこう難しいかと、考えていますので、僕は医者なんですよね。眼科医なんですよ。

眼科をなおざりにしてビジネスにいくと、やっぱりビジネスの人たちはビジネスを専門でやっていますから。僕は両方わかる、プラス眼科は専門でやると考えています。

ぜひ、外科医として、外科の実際の医療を見ていったなかで、問題点をビジネスの知識で改善するとか。そういったほうが競争で優位には立てるかもしれないですね。

留学帰りの高校生の親からの質問

司会者:ありがとうございます。ほかに質問ある方いらっしゃいますか?

質問者2:よろしくお願いします。前の方とだいぶ視点が変わるんですけれど、私自身のプライベートな話で申し訳ないんですけど、子供がおりまして、高校生なんです。ちょうど2日前に留学から帰ってまいりました。半年後に大学受験です。

海外から帰ってきたところで、今、とても敏感な時期で、実際に海外で勉強をされ、語学を習得され、自分の道を開いてきた方に、もし自分の親になにかを言われるとしたら、こういうことを言ってほしかった。逆に、こういうことは言わないでほしかった。なにかアドバイスをちょうだいできたらと思いまして、よろしくお願いします。

猪俣:留学はいつから行かれていたんですかね?

質問者2:高校に入ってからですから、約2年ですね。

猪俣:2年くらいですね。今の僕だったら感じるのは、僕は茨城県の取手というところで育ったんですけれど、海外とは無縁の生活で、そんなチャンスもなかったですし、そんな世界があることすら知らなかったんです。

息子さんみたいに海外に行くチャンス、そういうのがあるんだよというのを、そのときに知ることができたらよかったなと非常に感じますので、すでに留学しているというのは、すごいなと感じました。

あとは、今の時期、どういうことを、ということですね。

本人のペースを尊重してあげて

質問者2:子供自身は、大学も海外に出たいという希望も、昨日、口にしていて、これは私がなにかを言ってしまうことで、なにかを潰してしまうんじゃないかと、少し恐怖心がございまして。

天明:途中ですみません。私がちょっと思ったのは、人と比べることはあまりしないであげてほしいなということです。高校で2年間海外に行ってがんばっていらしたというのは、すごく優秀で立派なことだと思うんですけど、ほかに例のあることではないと思うんですよね。

なので「周りの子がこうしているから」とか、「周りの子がここまでできているからあなたもがんばりなさい」みたいに、人と比べるそもそもの基準がないと思うので、これからはお子さん本人のペースを自分で作ってやっていくしかないと思うんですよ。

人と比べる基準となるフェーズがそもそも存在しない。そんなに事例がないことだと思うので、本人のペースで、あとは、とりあえず、事例が少ない分、ひたすら調べるといいんじゃないかなと、私は思うんですよね。

知らないことってすごく不安だと思うので、似たような経験をしている人がネットになにか書いていないかとか。本を書いていないかとか。有名人の人で同じような経験をしている人がいないかとか。とにかく気が済むまで調べまくってというのは、ある意味、お母様の不安の解消にはなるかなとは思います。

猪俣:ご本人にしっかり話して、どうしたいのかというのを聞いてあげて、親としてだったら、やりたいことを応援するときちんと伝えるというのがいいのかなと思います。なかなか難しいと思いますけども。

やりたいことにチャレンジさせてあげて、親の意見も少しアドバイスとしてちゃんと伝えて、本人の行きたい方向でいいと思います。僕個人としては、ぜひ、アメリカとか海外にもう1回チャレンジしてほしいと思いますね。

質問者2:ありがとうございます。先生の、1つだけではなく3つ共通点を持つとそれは数パーセント以下になるというところが、今回、私自身とても印象的で、帰ってから子供に伝えたいと思います。ありがとうございました。

2人が好きな本を教えてください

千葉:ほかにどなたか?

質問者3:講演、ありがとうございました。私はこのような講演や読書などを通して、いろんな影響を受けて、こういう考え方もあるんだということを知って、生き方などを考えています。そこで、お2人が人生で一番長く読んでいる本など、好きな本がありましたら教えていただきたいです。

猪俣:一番好きな本。Googleのやつなんですよね。なんて名前だったかな。ハードカバーで出ている、Googleの……。好きで読んでいるんですけど、ダメだ、忘れちゃったな(笑)。数年前に出ていましたよね。

千葉:社長、経営者が書いたものですか?

猪俣:社長ではないですね。あの2人じゃなくて、ちょっとカンニングしていいなら(笑)。Kindle見れば、たぶんいまだに入っています。

天明:『How Google Works』ですか?

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

猪俣:あ、たぶんそうだと思いますね。そう、『How Google Works』、僕好きで! 働き方の本なんですけど、読むとけっこうモチベーションが上がって、「よし、がんばるぞ!」と。

今、中間管理職なので、どうやって若手を指導するかとか、逆にどう上司と関わるかとか、実際、僕のところとかなり関係しているので、すごくモチベーションが上がるので大好きです。

天明:私は、ビジネス本ではないんですけど、アメリカの探偵小説家のレイモンド・カーヴァーという人が好きで。現代小説家というんですか。短編集が好きで、よく読んでいます。

そのなかの『ぼくが電話をかけている場所』という小説が一番好きで、アメリカのアルコール中毒の人たちがリハビリの施設に入っていて、その施設の話なんですね。

ぼくが電話をかけている場所 (中公文庫)

何回も何回もアルコール中毒から抜け出すのに失敗して戻ってきちゃう人とか、社会のある意味負け組みたいな人たちがいっぱいいるんですけど、そういう人たちのなかで、パッと最後に希望の光がちょっとだけ見えるんですよね。そういうところに救われて。

気分が落ち込むときとかもあるんですけど、そういうときに、レイモンド・カーヴァーのいわゆる負け組みたいな人たちへのあたたかい眼差しみたいなものを感じて、私もまたどん底からスタートできるんだなという希望をいつももらっています。