アイデアの元は壁掛け時計

額田一利氏(以下、額田):ご紹介にあずかりました、チームembotの額田と脇阪です。本来は3人のチームで、あと山﨑が、そこで今回の撮影担当をしてくれています。

では、このTECH LAB PAAKで実際にこういうことをやってきましたよというところと、embotってどういうものなのかを簡単に紹介していきたいと思います。

もともと、このembotというプロジェクトは、「これだけスマートフォンとかインターネットが発達してるのに、いまだに掛け時計というものが存在してるよな。壁掛けのカレンダーってってなくならないよな」みたいなところから、発想として得られたアイデアになっております。

ダンボールでできたお手軽ロボット「embot」

簡単に言えば、こういう……、すいません、これは私の寝室なんですけれども。この枕元にあるのがダンボールで簡単に作れるロボット。

オリジナルで簡単な、いろいろとフレキシブルに動かせるダンボールロボットembot、“EMotion roBOT”を考えております。

できることはすごく単純です。本当にただ単純にアプリとか、いろいろなセンシングデータの情報を引っ張ってきて、「ロボットのポーズが変わりますよ」ということができます。

たくさんの人に使ってもらうために

今回、TECH LAB PAAKで、我々チームとして「こういうことやらないといけないよな」「こういうことやりたいよな」と思っていたのは、「とくかくこれをたくさんの人に使ってもらおう」と。

これの長所は、ダンボールで簡単にできている部分なので、いろんなところに応用できるよね、と。

僕らはあくまでプラットフォームというか、そういう土台を作っただけであって、いろんなユースケースをまだ考えられてなかったので、今回この6ヶ月を使って、いろいろ機能拡張したり、「こういうアウトプットしていこう」というところの活動を精力的にこの場でやらせていただいております。

今回(発表時間が)3分しかなくて、本当は全部用意してたんですけど、ガーッと(紹介します)。例えば、日テレさんのテレビ番組と連動してとか、怖い映画を見てるときはロボットが動いてるとかについても、本当は話したかったんですけど。あとほかにも、まだ準備中の話せないような企業の名前とかもあります。

今回は、そのなかでも子供イベント「Kids embot」を、実際にここの会場(TECH LAB PAAK)を使わせていただいて開催したので、そちらの紹介だけさせていただきます。

具体的には教材化ということで、こういうふうに子供たちでも簡単に作れるものを準備して、アプリ側でも、簡単にポーズを組み合わせて作れるようなものを作りました。

LINEスタンプと連携してロボットの表情が変わる

次は機能拡張。どういうところがあるのかというところなんですけれども。LINE連携を今回は紹介させていただきます。時間がないですね。

脇阪洋平氏:デモですけれど、こういうキット。マニュアルとダンボールのキットを用意して、子供たちにこういったロボットを作ってもらいます。

これに今回はLINEからスタンプを送って、気軽に使うデモを見せています。こんな感じで笑顔のスタンプを送ると、今、連動して動いてます。

次に悲しい顔のスタンプを送ってもらっていいですか? 悲しいスタンプを送ると、ちょっと悲しいポーズになる。

スタンプの直感的なコミュニケーションを、現実の世界で動きにということの可能性でこういうデモを作りました。

オープンソース化で可能性を探る

額田:もう時間ですね。終わります。今後は、こういうことをがんばります。

今後、教材がウケそうなので、そのへんのところからまず1つの拡張機能とかアウトプット出していきたいんですけれども。

それでもまたオープンにして、いろいろおもちゃだとか、いろいろなところというのを、可能性を考えていきたいと思います。すいません。駆け足になりました。以上です。

(LIG賞を受賞)

岩上貴洋氏(以下、岩上):LIGの岩上です。今日はありがとうございました。非常に楽しくて、個人的にもすごく刺激になった1日でした。ぜひ一緒にコラボしてなにかいいものができたらと思っているので、一緒に作ってコラボレーションするようなかたちで進められたらいいなと思います。よろしくお願いします。

あと、LIGでは長野にLAMPってゲストハウスをやってるんですね。ゲストハウス2泊3日を無料でご提供するので、3人で合宿にぜひ来てください。いい機会になればと思います。