お笑い芸人×大学教授が選挙について語る

たかまつなな(以下、たかまつ)氏:みなさま、ごきげんよう。

高橋亮平氏(以下、高橋):ごきげんよう。

たかまつ:大丈夫ですか。誰も返してくださらないですけど(笑)。そんなに私嫌われてますかね。

高橋:じゃなくて、上品じゃないんじゃないですかね、中央大学が。

たかまつ:あ、中央大学(笑)。

高橋:お嬢様がいない(笑)。

たかまつ:どうなんですか(笑)。中央大学、久々に来ました。受験したんですよ、実は。

高橋:本当ですか?

たかまつ:はい。で……。

高橋:どちらに行かれちゃったんでしたっけ?

たかまつ:慶応義塾大学。

高橋:あ~。完全アウェイになりました(笑)。

たかまつ:(笑)。よろしくお願いします。

高橋:よろしくお願いします。

たかまつ:本日は選挙について。私もいろんな高校に出張授業をやらせていただいてるんですけれども、「どうやって候補者を選べばいいのかわからない」という意見をものすごいいただくんですよ。

高橋:確かに。

たかまつ:なので、それを生配信しちゃおうということで、中央大学のキャンパスからお届けしております。よろしくお願いします。

高橋:よろしくお願いします。

たかまつ:中央大学の先生の……。

高橋:一応先生です。高橋です。よろしくお願いします。

たかまつ:芸人さんじゃないですね(笑)。

高橋:ないんですね(笑)。きっちり上から下まで先生って感じでね、やっていこうかと思ってます。

たかまつ:本日はよろしくお願いします。というわけで、私たちだけでやっても堅いだろうと(笑)。

高橋:そうですね。わかります。

たかまつ:と思って素敵なゲストの方をお招きしております。みなさま、どうぞ前のほうまでお願いします。

(会場拍手)

女子高生2人組がゲストに登場

よろしくお願いします。

鈴森彩氏(以下、鈴森):よろしくお願いします。

たかまつ:じゃあ、自己紹介していただいてよろしいでしょうか。

鈴森:反則実行委員会、赤担当のあやまるです。よろしくお願いします。

(会場拍手)

高橋:アウェイ感ある。

結城まお氏(以下、結城):反則実行委員会、紫担当の結城まおです。よろしくお願いします。

(会場拍手)

たかまつ:お2人は同じグループなんですか?

鈴森:はい。

結城:同じグループです。

たかまつ:「反則実行委員会」というのはなんなんですか?

結城:女子高生ユニットです。

たかまつ:現役の?

鈴森:はい。現役です。

高橋:すごいですね。JKですよ(笑)。

(一同笑)

たかまつ:鼻の下伸びてる(笑)。テンション上がってるこの人!

高橋:一番テンション上がってる。

(一同笑)

たかまつ:私と会った時、こんな感じじゃなかった(笑)。

高橋:やめてください。映さないで(笑)。

(一同笑)

今年18歳、初めての選挙権

たかまつ:ぜんぜん違いますけど(笑)。今、何年生なんですか?

鈴森:高校3年生です。

結城:2人とも3年生。

高松:18歳?

鈴森:はい。

たかまつ:じゃあ、まさに今年から(選挙権がある)。

高橋:そうですね。

鈴森:はい。

たかまつ:政治は興味あるんですか?

鈴森:政治はちょっと興味あります。

たかまつ:これ怪しいですよ。本当ですか?(笑)。

鈴森:本当に本当です。

たかまつ:ぜんぜん興味なさそうな顔してるけど(笑)。そうなんですね。どうなんですか、まおさん?

結城:政経を取ってます……ぐらい。

高橋:授業で?

たかまつ:それは関心があるにカウントしていいんですかね?(笑)。

結城:一応進路のために、なんです。

たかまつ:そうなんですね。

高橋:選んで、政経?

結城:そうです。選択科目を自分で選んで。

たかまつ:なんで歴史取らなかったんですか?

結城:覚えられないから。

(一同笑)

たかまつ:これ、どうやら怪しい(笑)。消去法で政経を選んで。

高橋:いい感じですね(笑)。

もう1人のゲスト、ゆーびーむ☆氏

たかまつ:というわけで。あれ、どうぞ。

ゆーびーむ☆氏(以下、ゆーびーむ☆):お願いします。マセキ芸能社から来ました。ゆーびーむ☆と申します。お願いします。

(会場拍手)

高橋:イエイ!

ゆーびーむ☆:私、芸人なんですけど。本当、昨日連絡来て(笑)。

(一同笑)

ゆーびーむ☆:なんか食事会みたいな感じで聞いてて。来たら、ガッツリなんか……。

高橋:勉強会みたい。

ゆーびーむ☆:勉強させられるみたいな感じで。騙されて来たんですよ。

たかまつ:いやいや(笑)。

高橋:来い来い詐欺ってやつですね。

ゆーびーむ☆:いや、恥さらしに来させられたんですよ、うち、たぶん。

(会場笑)

高橋:なるほど。芸人のなんか、イメージダウンですね。

ゆーびーむ☆:いや、そうですよ。うちもう本当わかんないので、恥さらしに来させられて。

たかまつ:政治興味あります?

ゆーびーむ☆:まったくないっすよ! やばいですよ!

(一同笑)

たかまつ:イメージどおりですね。

ゆーびーむ☆:いや、本当にないですよ。でも、今日、誰よりも一番頭よくなって帰るのが目標なので。

高橋:いいですね(笑)。

ゆーびーむ☆:ぶちぬいてやりますよ!

たかまつ:よろしくお願いします。

高橋:よろしくお願いします。

ゆーびーむ☆:よろしくお願いします!

(会場拍手)

会場にも18歳、19歳が多い

たかまつ:というわけで、準備させていただきたいと思いますけれども。今日は3部構成を予定しております。

まず、私がお話をさせていただきまして、政治について興味をもっていただきたいなということを考えております。

そのあと、高橋先生に、実際にどうやって候補者の方を選べばいいのか、なにで判断すればいいのかというのをお話していただきたいと思います。

そして最後に、どうやって候補者を選ぶのか、方法論について考えていきたいと思います。

その3部を予定しておりますので、ぜひ。(会場に向かって)みなさん、ちなみにおいくつぐらいの方が?

参加者1:18歳です。

たかまつ:ありがとうございます(笑)。18歳。じゃあ、中央大学の学生さん、どれぐらいいらっしゃいます? けっこういるかな?

(会場挙手)

高橋:少ないな。

たかまつ:ねえ。少ないですね、意外と。

高橋:アウェイですね。

たかまつ:選挙権、みなさん持ってますか? 持ってる方?

(会場挙手)

高橋:でも、選挙権持っている人が多いですね。

たかまつ:そうですね。持っている人が。18歳、19歳の人どれぐらいいます?

(会場挙手)

高橋:おお。

たかまつ:先生も手をあげて(笑)。

高橋:違う。俺、違う。

(会場笑)

たかまつ:わかりました。けっこう18歳、19歳の方がいらっしゃいますね。ありがとうございます。ちなみに「選挙行く」って人、どのぐらいいます? 「行こうかな」と思ってる人?

(会場挙手)

「まだ迷ってるよ」みたいな人います?

(会場挙手)

あ、まだ迷ってる人もけっこう。じゃあ、今日大事ですね。今日これで……。

高橋:大事ですね。行かなかったら、たかまつさんのせいですね(笑)。

(一同笑)