現役を引退して、サッカー解説者へ

玉乃淳氏(以下、玉乃):もう引退してから、はや3年目ですね?

戸田和幸氏(以下、戸田):3シーズン目に入りました。

玉乃:どうですか、激動のセカンドキャリアは?

戸田:やめたときに何にもなかった人間からすると、いろいろやれるようになったなとは思いますけど。

玉乃:毎日戸田くんを見ない日はないですもんね、テレビで。

戸田:そんなことはないでしょ(笑)。

玉乃:どういう経緯でそういうふうになっていったのでしょう? どこのリーグ戦の中継を見ても戸田くんが出演しているので。

戸田:ひとつ始めたら、そこから広がっていっただけですよ。最初そのひとつがなかった。ゼロだったので、引退してから。でもゼロだろうっていうのは、予測がついていた。

引退後は指導者になると決めていたから、やっぱりイメージって必要じゃないですか。現役時に自分で作ってしまったものと違うイメージを作るには解説だなってピンときたので、オファーなんてないけれど、これはもう作るしかないと思い、動いたのが最初です。

解説業は自分に向いてそうだなって思っていたので、やってみたらけっこうおもしろいことになるっていう確信に似た部分は正直ありました。

僕は僕なりに、隠れながら、もがきにもがきながら、サッカーのことを拾い続けてきたので確信がありました。あとは最初の1回の場と、そのチャンスをどう活かすかでした。

人気解説者の地道な努力

玉乃:解説者になってからはどのようなことをされているのですか?

世の中の人って意外とわからないと思います、解説者がどのようなことをしているのか。例えばどのような準備をしてその試合に臨んでいるのか。

戸田:僕の場合は、とにかく試合をたくさん見ることですね。

週末に担当する試合があったら、とりあえず対戦するチーム毎に基本最低2試合ずつ。例えばこの前はJ2のある試合を担当したときは4試合ずつ見たし。

ずっと勝っているチームがちょっと上手くいってない時期があったら、遡って負けている試合を見てみようとか。自分のなかでいろいろ決めてやっています。

あとは一応今日持ってきましたけど、こういうのがあるので(ノートを差し出す)。これはもう引退してから15~16冊目ですけれど。あまり見せませんよ。

玉乃:それは解説用ですか? それともさらに将来的な監督業のときのための?

戸田:両方です。見る試合がものすごく多いので忘れちゃうから。中継に入る前にノートを見ると、「あ、こういう試合だったな」って思い出せるし、分析する癖をつけるっていうのは、現場に行くためという要素もかなり自分のなかでは強いと思っています。

玉乃:よく世間的に「解説っていいよね。見て思ったこと喋っているだけ」って言われるのとは違いますね。

単純に1試合2時間として、両チーム合わせて8試合も見ているわけですよね?「2×8=16時間!!」。それが戸田くん、今週6試合担当するわけですから……目が充血しているのはそういった理由ですかね?

戸田:はい。夜遊びではないです。夜更かしですけど夜遊びではないです(笑)。

玉乃:どんな環境で準備されているのですか?

戸田:8畳弱のワンルームを借りています。机があって、1人がけの椅子があって、ベッドがあって。腹が減ったら近所のココイチ行ってカレー食って帰ってくる。それを繰り返す感じ。

玉乃:海外の試合だと、試合終わるのは朝方ですもんね。

戸田:昨日はJリーグの試合が夕方にあって、そのあとセリエが夜中の3時30分からあって、家帰ってきたのが朝6時過ぎ。それから4~5時間寝て、それで起きてサッカーをずっと見ていました。

見たくて見ている部分と、見なきゃいけなくて見ている部分と2つあって。見たい試合って偏るから、仕事で見る試合って、正直見たくない試合もあるけれど、意外とそっちから勉強することが多い。

一見つまらない試合でもいろいろあるから。なんでつまらないかの理由を考えることが大事だと思っているから、「これはつまらない!」ではなくて、何が理由でつまらないのかというのを自分なりに拾っていって、それが自分のなかに残るんじゃないかな。いろんなカテゴリー、いろんなリーグ、いろんな試合を見ます。今は勉強の時期なのでしょうね。

「石の上にも三年」って言いましたっけ? そう、だから「やれたら3年はやろう」っていうのと、「1個これで作ってやろう」と思っていました。解説者としての土台を自分で作ってやろうと。

高まる“指導者”への期待

玉乃:なんかできすぎなぐらいの流れで、今年ちょうど指導者ライセンスのS級に行かれていますよね? いつ指導者への道に踏みだしてもおかしくないような状況にありますが、タイミングはどうお考えなのでしょうか? いつ現場に行くのかは誰もが気にしています。

戸田:「誰も」は、気にしてないでしょう? 僕とあなたと僕の家族ぐらいでしょ(笑)。現役時代で残したものだけでやっていこうとしたら……(苦笑)。 僕はどんなイメージでしたか? 現役のときって。

玉乃:僕は近くにいたから今とまったく変わらないですね。優しいし……。

戸田:勝負事にはこだわりは出しますけれど。そこらへんが一緒に仕事した人と、情報だけの人だと大きく違います。180度違いますね。

玉乃:今でこそイメージは渡辺謙ですけれど。

戸田:KEN WATANABEですか今?

玉乃:昔は赤ベッカムでしたからね。ユングベリも真っ青の。

戸田:ま、そういうことした自分の責任もある。

玉乃:責任(笑)。あれは罪ですか?

戸田:イメージを世の中に流布したのは僕なので。半分は自分でやったことだから。メディアに出たときもけっこうふざけていたし。嫌いな人は嫌いだったし(笑)。

選手のときって、極力シンプルになろうとするから、そういう付き合いとかも行かないし。練習と試合のほうが大事なので。

そういう意味ではちょっと変わっていて、「ヤベンジャネーノ、コイツ」ってイメージしか出していなかったような気はする。自分の妻には、引退するとき「2~3年は食いっぱぐれるからスマン」って一応言っておいた。

玉乃:そのときの奥さんの反応は? お子さんも3人いらっしゃって。

戸田:わからない。心配していたのかもしれないし、信じていたのかもしれないですけれど。うちの奥さんは結局、基本的にはエキセントリックな部分のある僕を「それは違うんじゃないの?」って言ってきた人なので……。非常に常識人なので。

僕も一応常識はあるんですけれど、それ以上にプロとして勝ちたいし、変えなければならない部分は変えなければという気持ちでやってきたので、わりとなんか正しいと思うことに対しては貫いちゃうタイプだからね。

中田ヒデをサッカー界に返してほしい

玉乃:現役時代からずっとサッカー界で生きて行くと決められていたじゃないですか。

戸田:僕はサッカーしかないですからね。

玉乃:実名を出すと、じゃあ例えば、ヒデさんがサッカー界にどっしり残らずに監督になるということでもなく……どうですかね?

戸田:素直な意見を言っていいですか? 僕は彼をサッカーに返して欲しいなって今でも思っています。あれだけの人なので。だってほかのことはほかの人でもできそうな気がするのですよ。僕ももちろんそうです。もちろん玉ちゃんもそうなのですけど。

突き抜けちゃった人だから、その人が持っているものや知っているものっていうのは、みんな知らないものだし、それが日本のサッカーにとってプラスかマイナスかって言ったらどう考えてもプラスなので、それは正直ほしいですけれどね。

玉乃:ヒデさんくらいまで行かなくて、日本代表に選ばれずに引退した選手たちって、「サッカー界では生きていけないのではないか」と思うようなキャリアの考え方をすると思うのですよね。本当は戸田くんみたいに解説者になって……。

戸田:いや、僕だって結局ゼロだから最初は。生きていけないタイプだったから。

サッカーを追求する旅は終わらない

玉乃:仕事にならないからサッカーからもう完全に離れて、まったく違う道に行くっていうのは、どう考えるべきなのかなと思って。

戸田:でも生きていかなきゃいけないんでしょ? 生きて行くためにはお金が必要なんでしょ? で、仕事をするでしょ? 別にいいんじゃないですか? それをどう自分が捉えるかだから。

僕は基本的に自分の体ひとつで生きてきたから。この自分で何をしていくかって考えたときに、サッカー以外ないですもん、だって。ほかに何ができるの? でもサッカーはできる。サッカーのことはわかるし……。

玉乃:キムタクにはなれないけど、キムタクも戸田くんにはなれないみたいな。そういう話ですよね?

戸田:そういうことですね。ただ、誰もがキムタクに憧れるはずなんで。僕ももうちょっと自分に憧れる人間を増やしたいなっていうのはあるんですけれど。僕には僕にしかできないことはある。それはわかっている。でもみんなには伝わっていない。だからそれを伝えたらどうなるかってところですね。みんな僕がこんな細かいヤツだとは絶対知らないですから。

細かいから現場で軋轢があったわけで。この細やかさっていうのはサッカーでは絶対必要なはずなんですよ。ただ、それは選手の立場としては活用しきれないという結論に至り、もし逆の立場になったらどうなんだろうと。サッカーを追求するっていう旅自体は終わらないです。

ほかの仕事をして生きて行くのもいいと思うけれど。僕はサッカーが良かったし、サッカーで僕はこういう人間になったので、サッカーがあったから生きて来られた。中2で勉強やめていますから、「俺、サッカーやる」って言って。それくらい偏ったヤツだったので。「勉強している時間なんかもったいない」「サッカーで俺は生きて行くからもう勉強しない」って勉強をやめた人間だから。

でも高校入ったら3年生まで試合出られなくて、「俺、このままだったら死ぬな」と思いました。勉強やめて大学も行けないわけだから。常にそういう意味ではギリギリのところで生きてきたから、それが当たり前。でもちょっと最近保険が欲しくなってますけれどね、最近はね(笑)。

玉乃:それ余裕が出てきたからじゃないですか?(笑)。