元サッカー日本代表・久保竜彦の現在

玉乃淳氏(以下、玉乃):タツさんご無沙汰しています。超会いたかったです!

久保竜彦氏(以下、久保):元気しとったか?

玉乃:はい! めちゃくちゃうれしいです。急に現役に復帰されましたね。ニュースではいつも気にしていました。今、メインの仕事はなんですか?

久保:そのチーム(廿日市FC)で、小学生のシュート練習を見とる。

玉乃:シュート練習!? ほかの練習は?

久保:シュート練習ばっかり。それしかできんけんね、俺。

玉乃:まるでイメージができないです。タツさんが指導って……。

久保:ホンマ?

膝の怪我に苦しんだ現役時代

玉乃:持病の膝は、もう大丈夫ですか?

久保:ぜんぜん、大丈夫。

玉乃:本当ですか? 横浜FC時代、僕はタツさんの地獄のようなリハビリを近くで見ていましたからね。持病というよりも、なにか大きなアクシデントがあったのですか?

久保:いや、もう蓄積って感じよね。やっぱり身体の使い方が悪かった。痛みがなかったのは23、24歳までじゃないかな? サンフレッチェやマリノス時代も、1年目ぐらいまでは大丈夫やったけど。

玉乃:その後に原因不明の痛みが襲ってきたわけですか?

久保:うーん、だけん最初はそう思ったよ。「なんで痛いんやろう」って。レントゲンとか撮ると、やっぱり膝が割れとって、生まれつきかなんかかなって。

玉乃:生まれつき?

久保:みんなはそう言いよったけど、やっぱり違ったんだよね。ある先生に会ってわかった。指がおかしかったって。足の指が使えていなかったって。

それからは足を強くしていったら、痛みがなくなった。最初は屈伸もできんかったけど、正座もできるようになったし、腰も治った。やけんホンマに助かったと思った。

玉乃:昔、学生時代とかスリッパ歩きしかしてなかったとか、そういうのが原因なのでしょうかね?

久保:やろうね。ほんとにそんなん。癖で指が浮いてるとか。指先を使わんけんって、ちょっと小さめの靴を履いたりとか。つっかけで歩いたりする。今の子供もそうやってる子が多いって。

玉乃:確かに日本は昔、足袋を履いていましたからね。お相撲さんも最後の踏ん張りは足の指でやるらしいですから。

久保:そう! 足の指を使う機会がなくなってな。畳もなくなっているしね。でもほんと、その先生に会って変わったよね。自分で痛みを出しとるんやけんって。だから自分で元に戻さないかんて言われて。

脱臼した指の荒療治「ガキン」「バキッ」「なんやコイツ!」

玉乃:その先生に出会ったのはいつですか?

久保:横浜FCに解雇される年やった。御殿場で合宿したやん、そのときにもう引退しようと思っていて、とぼとぼ歩きよったら、「うい〜」とか言って声をかけてくれて。

玉乃:タツさんに「うい〜」って(笑)。

久保:もっと昔に会っとったことがあって。「この足やと絶対終わるよ」って言われとった。でもそんなん、そんときは聞かんじゃん。まだ動くし。で、「面倒見てやるよ」と言われて。1週間行ってみたんけど、いきなり指をガーンて曲げられるんじゃけど、バキって割れてむっちゃ腫れるんよ。

玉乃:なんですかそれ!?

久保:むっちゃ腫れて、「どうや、痛くなくなったやろ」って。こっちが痛すぎるけ、膝の痛みを忘れているだけで、そういうテクニックじゃないんですかって言って。それを毎日するんよ、ガキン、ガキンって。で、腫れが引いたのが1ヶ月後ぐらいで、自分でも立てるようになったん。立てるようになってからは、もう膝が痛くなくなった。

玉乃:うそー(笑)。それ以来、ぜんぜん痛くないですか?

久保:そう。痛みがとれたっていうのがむっちゃうれしかったよね。力とか瞬発力はなくなるけどさ、やっぱり痛くなくて動かせるっていうのはこんなに楽しいのかって。4、5年ずっと痛みがあったけんね。

最初ガキっていって、ポキっていって、「なんやコイツ!」と思っとったけど、「お前の足はさ、こっちに脱臼しとるんよ」と言われたのね。それを戻すために、逆方向に脱臼せないかんやろって。それもむっちゃ痛い。もうやばかったよ。

玉乃:タツさん……(久保の素足を見ながら)それにしても足の爪が伸びすぎじゃないですか?

久保:爪もさ、切り過ぎたら駄目なんよ。力を出すために。爪が一番重要なん。そういうのも教えてくれた。切り過ぎたらもう力が出ん……にしても、これは伸びすぎやけどね。

玉乃&久保:はははは(笑)。

久保:まあ、もうなにも気にせえへんけんね、足のことも。やっぱり痛みなくサッカーをやれるんわ、ホンマ楽しかった。

トラックの運転手になる夢は叶った?

玉乃:タツさんが死ぬほどサッカーが好きなこと、僕は知っていました。J1に昇格した07年の横浜FC時代、ほとんどメンバー外だった僕はリハビリ中のタツさんの一番傍にいましたからね(笑)。

でもあの痛みのなか、開幕戦であのシュートですもん。しかもあのヒョットコダンス!! 半端じゃない。屈伸できないのにあのシュートを打っちゃうんですから。

唐突ですけど、なにかのインタビューで、「夢はトラックの運転手になる」みたいなことを言っていましたけど、あれはなんですか? すみません、今ふと、思い出しました(笑)。

久保:うん、なりたかった。いろんなところに行きたくて。トラック野郎が好きだったから。

玉乃:日本のいろんなところに行ってみたかったのですか?

久保:行けるやん、トラックやと。高校のときまで、サンフレッチェも入れそうになかったんじゃけん。ギリギリ入って、だけん「入っても無理やろ」みたいに周りは言うじゃん。もうみんなすごいやつばっかりで。だったらトラックやろって。

玉乃:では、引退して時間ができたら夢が叶いそうですけど、実際はどうですか?

久保:やらんね。なんでやろうね。現実があるやん。トラック、絶対きついやろ。俺の妹の旦那がトラックの運転手で、もうきついって。あれ、荷物も自分で降ろさなあかんねん。すごいらしいよ。

お小遣い制で「カネちょうだい」

玉乃:タツさんのセカンドキャリアほど、予測できないものはないですね。引退後のイメージとか、なにかありました?

久保:考えてなかったね。

玉乃:やっぱりそうですか。“なんとかなるやろ”って感じでしたか?

久保:うん。

玉乃:別にお金の心配とかないですもんね。現役中に一生分の……。

久保:嫁に任せてるけんね。

玉乃:奥様がお金の管理を?

久保:うん。たぶん嫁はちゃんとしとるやろ。

玉乃:いつ結婚したんでしたっけ?

久保:21歳のとき。で、お小遣い制。「カネちょうだい」って言ってもらう。

玉乃:引退後ですが、奥様からこうしてほしいみたいな要望はあるんですか?

久保:嫁が俺に? 出さんやろ。

玉乃:なにかしてほしい、みたいな。

久保:なにも言わんよ。

玉乃:好きにすれば、みたいな?

久保:うん。でも子供がテニスとサッカーをしよるけんね。それの練習とか、ウォーミングアップはやってとか言われる。

玉乃:それにしてもタツさんが「カネちょうだい」って(笑)。奥様とはどこで知り合ったんですか?

久保:高校よ。同じ高校で同級生。

玉乃:ずっとラブラブなのですね?

久保:普通よ。最初はしょっちゅう逃げよったよ。俺、飲み過ぎるけ。飲み過ぎて朝帰ってきて。そこらへんで寝とったりするけん。それ見て何回も家出しよったね。おんぶするのが大変とか、恥ずかしいとかで。