取締役に求められる2つの条件

中俣博之氏(以下、中俣):ラスト10分ということで、せっかくなので会場のみなさんから質問があればお受けしたいなと思います。

赤川隼一氏(以下、赤川):ちょっと、質問してくれた方をSnapchatします。

中俣:挙手しなくなるんじゃないですか?(笑)。

質問者1:お三方は新卒で入って、経営陣にまでなったわけじゃないですか。これから新卒で入って、こういう気持ちを持ってほしいとか、こういう思いを持てば取締役になれるとか。(そのための)行動や意識、そういった部分を教えてほしいです。

成田修造氏(以下、成田):やっぱり取締役というのは、その会社を経営していく人じゃないですか。取締役会というのは、その会社の意思決定機関なわけですよ。

だから、まず「あなたの会社が目指したいものはなんですか?」というのが大事なのと、「それを自分が最高当事者としてどう実行できますか?」ということだと思うんです。

ミッション・ビジョンを誰よりも信じて目指さないといけないし、その目指しているミッションとビジョンを現実的に実現できる能力が兼ね備わってないといけないですよね。

その両輪が持てていたときに、やっぱりその人が取締役になるべきであって、誰かから取締役にしたいとか、自分がなりたいとかじゃないんですよ。

会社の所有主は株主ですけど、所有と経営というのは違うものです。その会社を最も成長させられるとか、その会社の目指している世界観を最も最高に実現できる人が最高経営者になるべきだという考え方なので。そういう能力やパッションを持てるということがまず重要だと思います。

質問者1:ありがとうございます。

海野慧氏(以下、海野):たぶん、すごくわかりやすく言ってしまえば……。

成田:今のわかりにくかったですか?

(会場笑)

海野:いや、そういう意味じゃない(笑)。

成田:俺のガラスのハートを壊された。意外とガラスです(笑)。

社長の視点、役員の視点で物事を考えること

海野:「自分が社長だったらどうするか」というところだと思っていて……。経営って当然議論をするし、「ああでもない、こうでもない」ってやるんですけれども。でも、社長をはじめとした経営陣の人が、一定の方向性を持って突き進まなきゃいけないんですよね。みんな進む方向がバラバラ過ぎちゃったら、もう解体しちゃうので。

そうなったときに、社長になったらどういう景色が見えるのかとか、役員の人だったらどういう景色が見えるのか、僕はDeNAさんの「2ランクアップ視点」というのがすごい好きなんですけど。本当にそうだと思います。

当事者意識という、さっき言ってたキーワードだと思うんですけれども。たぶん初めはそういう視点では見れないですよ。なんとなく想像と妄想をするしかないんですけど。

もうひたすら妄想と想像を繰り返しながら、いろんなコミュニケーションを取ってるなかで、その端々から自分の拾える物を拾っていく。

「きっとこんなふうに考えてるんじゃないか」とか「こういう壮大な絵を描いてるんじゃないかとか」とか「俺だったらもっとこう描くぞ」とか、そういうのをひたすら頭の中で妄想し続けることがけっこう大事かなと思います。

「ああでもない、こうでもない」ってやりながら、それをぶつけているうちに、「いいじゃん」って受け入れられることがある。

「これはよかったんだ」みたいな仮説が自分の中でどんどん溜まっていって、それがどんどん安定して出していけるようになる、ないしは新しいものを出していけるようになるんじゃないかなという気がします。

質問者1:ありがとうございます。

目の前の仕事に没頭できれば成果はついてくる

赤川:僕は個人的に「役員になりたいです」みたいな人はあまり好きじゃないんですけど(笑)。それって結果論であって、やっぱり自分が今やってることとか、振られた仕事でもいいんですけど、それにいかに没頭して成果を出し続けられるかということが大事だと思ってますね。

それこそ豊富秀吉が「草履持って来い」って言われたことに、そっと温めるという1アクションを加えることで、結果的に豊富秀吉は出世したわけじゃないですか。そういう小さいことの積み重ねをいかに日々やっていけるかというか。

結局、人間の生きてる時間は有限で共通なので。ある一事象に対して、どれだけ自分が付加価値を乗せることができるか、ということの連続でしかないんですよね。

なので、今自分が任された仕事をいかに最大の形でアウトプットし続けるか。それをし続けると結果的に、それがポジションなどの形で成果にも返ってくるというか。

世の中はなんだかんだフェアだと思っているので、結果を出し続けると、それにふさわしいリワードが返ってくるという。その繰り返しだと思ってますね。もちろん、僕は2ランクアップ(視点)も当事者意識もすごく大事だと思ってますけど。 でも、もし「DeNAの未来をひたすら考え続けられるやつ以外は会社には来んな」って言われると、さすがにそれは重たいじゃないですか。もっと身近なことでよくて。

たまたま自分が所属するこの部署のこの仕事に熱中できるかとか。自分の人生、超最高にしたいから、今日やる仕事はとことんやろうとか。そういうレベル感からでいいと思っています。まずは小さな没頭、小さな熱狂、その繰り返しがやっぱり大事なのかなと思いますね。

質問者1:ありがとうございます。

中俣:じゃあ、そこいきましょうか。残り5分らしいので、誰か1人代表で答えてほしい。

話し下手、メンタルの弱さは克服できる?

質問者2:お話ありがとうございます。すいません、悩み相談していいですか?

赤川:大好きです。

海野:大好きです。

質問者2:悩みとして、しゃべるのがちょっと苦手かなって。話術がそんなにないのかなというのがあって、あまり人気もでないと。ちょっとへこんで。

(会場笑)

……という部分がございまして。

成田修造氏(以下、成田):十分話がうまいですよね(笑)。

海野:笑われてるじゃん。

中俣:自己肯定感むっちゃ低いですね。

海野:僕、2回スベっても心折れませんから。

中俣:しゃべらせてあげて。

質問者2:例えば、成田さんとかも落ち着いてて。でも、クレバーなことをパッと言うじゃないですか。赤川さんも天才感があると思うんです。海野さんも、正直おもしろすぎるんですよ。

赤川:めっちゃ話すのうまいじゃないですか?(笑)。僕、今めっちゃ気持ちよくなっちゃった。

中俣:ちょっと待って、話させてあげて。

質問者2:どういう工夫をされてるのかなと。どうしたらそんなふうにメンタルが強くなるのかなと。

赤川:俺、これ答えたい。

海野:どうぞどうぞ。

IT産業で大事なのは、コミュ力よりプロダクト力

赤川:話すのが下手とかはぜんぜんよくて。やっぱり今、世の中で一番大事なのは、インターネットの産業で一番大事なのは、プロダクトが作れることなんですよ。

ザッカーバーグがすごいのは、彼が10年で毎月15億人に使われるプロダクトを作れたからなんですね。彼がすごく意識高い系だったからでも、ハーバードの学生だったからでもなくて。

シンプルにいいプロダクトを作れたから今のFacebookがあるし、Googleもそうなんですよね。例えば、スーパーエンジニアは往往にして話すのが下手なんですよ。

なにが大事かというと、コミュニケーション能力もなにかを達成する1つの武器でしかなくて、なにかやりたいことがあるときに、それをなんらかのかたちで表現できることの方が重要。

デザインでもいいし、プログラミングでもいいし、あるいは熱っぽく語ってエンジニアを動かすでもいいし、手段はそれぞれなんだけれども。そういうプロダクトに関わる感覚を磨けばいいと思いますね。

だから、コミュニケーション力が低いことはまったく気にしなくていい。僕は営業出身ですけど、いわゆる営業職というのは、今後どんどんAIに代替されて価値が下がっていくと思っています。

今後IT産業に入ってくる人では、なにかしらプロダクトを作れる能力、簡単なデザインができるとか、ラフプロダクトが作れるとか、そういうことのほうがぜんぜん重要になってきているんですよね。

だから、コミュニケーションが苦手なこともまったくコンプレックスに思う必要はなくて。いかに世の中を変えるか。そのなかの、ちょっと自分が得意そうなことをいかに磨くか。そこに集中すればいいんじゃないかな、というのが僕の意見です。

質問者2:ありがとうございます。