呑み屋でDeNAの社長に給与交渉

赤川隼一氏(以下、赤川):今思い出したのは、1年目で売上があがり始めたときに、呑み屋で今の社長の守安(功)に、「守安さん、給料上げてくださいよ」って絡んだことがあって。

僕がチームで一番売ってたんですけど、当時DeNAがまだ上場したてで、初任給320万円です。「僕、売ってるのでもっと給料もらったほうがよくないですか?」みたいな話を酔ってして。結果的に彼はそのエピソードを僕の結婚式で暴露したんですけど(笑)。

成田修造氏(以下、成田):でも大事ですよね。コミットメントはやっぱり大事。

赤川:まあ、コミットメントだったのかは今思うと謎ですけど(笑)。

でも当時、守安さんに言われたのは、「えっ、お前そんなに仕事できるの? じゃあ明日俺を同行して一緒に営業行こう」みたいなイジりを食らいつつ、「じゃあとりあえず、とことんやれよ」という感じでした。

結果的に、成果を出すにつれて給料もフェアに上がっていったし。それで、今はDeNAの初任給ってけっこう高いんですけど。

1年目かどうかとか、あんまり関係なくて、とにかく成果を出すということにフォーカスしていたというのがありますね。

でもやっぱり、コミットメントを高めるためにも、すべき要求はしてもいいのかなと。今にして思うと、そう思えなくもないんですけど。はたから見るとただのクソガキでしたね(笑)。

成田:自分は一歩を踏み出せるかというのがけっこう分岐だと思っています。今年、新卒31名に入社してもらったんです。

100人の会社に31名入って、今4分の1ぐらいが新卒という状態なんですが、一歩を踏み出そうとする人というのはやっぱり表明をします。

「自分なりにこうなっていきたい、こうしたい」ということを、具体的に強いメッセージで発信する。それはだいたい覚えてるものじゃないですか? 上のメンバーというのは。

そのなかで、たまたま機会が与えられて、そこで結果を出せるかどうかはその人次第なんですけど、それで結果を残せればすぐ上に行ける。そういう話なんじゃないかと思います。

新卒が自分で意思表明することのメリット

赤川:いや、なんか「ゴリゴリアピールしろ」って話だけでもないと思っていて。エンジニアであればプロダクトとか、仕事の仕方でけっこう見えるし、人によって明らかに違うんですよね。

やっぱり新卒だろうとなんだろうと、すごい輝いてるやつはオーラが出てきて。DeNAの場合は、そういうやつには「もっとでかい仕事を任せたい」と思うし。

ベンチャーの会社は余裕ないので、そうやって引っ張り上げていかないと回らないんですよね。

中俣:そうですね。意思表明をすることのメリットは、表明したことや人は社会から応援してもらえますよね。

「あいつは『部長やりたい』って言ってるから、じゃあ、あいつの案件増やしてやろう」とか。「まずあいつのことを考えてやろう」とか。

言わないよりも、意思表明を言ってもらったほうが、周りがすごい応援してくれるみたいな。そこはすごい重要なポイント。

成田:もちろん能力がないと、それを言ってると、イライラしてしまうんですが(笑)。

ただそれも、表明することで自分なりに「どうすればそこに近づけるか」ということを考えるきっかけにもなるし。

中俣:そう。リスク・リターンのバランスでいうと、リターンのほうがぜんぜん。

成田:大きい気はしますね。

背伸びをし続けると、能力がついてくる

海野:でも、能力も初めはみんなないじゃないですか。ないからこそ言ったほうがいいみたいなこともありますよね。

やっぱり今おっしゃっていただいたように、ないからこそ、「ここをやります」と言って。実際に「さあ、どうやろうか?」って考えるみたいな(笑)。

赤川:そうですね。言ってしまえば、僕の10年のキャリアは背伸びの連続で。自分ができないことをまるっと振られて。とはいえ、できないとカッコ悪いから、頑張ってこっそり勉強するわけですよ。

初めて経営会議に出たときに、知らない会計の呼び方とかもあるし、正直よくわからない話でも、「あぁ~、はいはいはい」みたいな感じで。

(会場笑)

それを知ってるふうに振る舞いつつ、あとで必死に復習してました(笑)。

海野:そうなんですよ。

成田:オーラって大事ですよね。そこは大事ですよね。「あいつ、なんかすごそうだな」みたいな、そういうの大事だと思ってます。意外に。

赤川:常に背伸びをし続けて、ストレッチをしてたら、結果的にそれに体が付いてくるというか。やっぱり環境が人を変えるので。

成田:ベンチャーのいいところは、そういう環境があるところでもありますよね。

根性で越えられない壁は、チームで乗り越える

中俣:ちょっとだいぶ海野くんの話から逸れてきましたね……話戻そうか(笑)。愛情友情平尾丈さんに一蹴されましたと。

海野:そこに戻るの?(笑)。

中俣:でも、(現在)こうなってるというのは、なにか出来事とか突破した壁とか。

海野:うちの会社は、わかりやすく成果ですよね。やっぱり最終的に「こんだけ成果出したら……」みたいな話になって。当時なんとかそこを出せたというところで、最後「まあ、いけたしな」という感じではありましたね。

中俣:出せたというのは、ひと言でいうと根性ですか?

海野:いや〜。

中俣:根性で越えられない壁ってあるじゃないですか? 絶対時間を投じても越えられない。根性だけじゃ越えられない、ビジネスマンの壁みたいのがあると思うんですけど。

海野:でも、常にぶつかり続けてる気がしますけどね。僕、さっき(この中で)IQ一番低いって言ったんですけど、この中でいうと、一番肉体系キャラだと思うんですね。

中俣:ゴリラキャラ?(笑)。

海野:そう。いつもエネゴリとかって言われてる。ぜんぜんゴリラっぽくないのに。笑うところですよ(笑)。

(会場笑)

すいません。今日2回目ですね。

でも、僕は正直申し上げると、自分の力というよりもチームの力で勝ち取れた。まあ、自分の成果ではなく、チームの力で結果的に勝ち取れたからこそ、今があるというのはすごく思っています。

1人でできることってマジで限界があるんですよ。こんなん僕が言うのもおこがましいですけど、そこはきっと、みなさんすごく思っていらっしゃると思っていて。

結局、そのチームが10人いたら、10人の総和の力を10じゃなくて20にするとかになったときにに、結果的に自分もその成果のおこぼれをもらうみたいな感じじゃないですけど、やっぱりそういうものだと思っていて。それが最終的に出せたというのが、結果につながったのかなと思います。

南場智子氏のムチャぶりから始まった「DeNA Seoul」の設立

中俣:赤川さん、どうですか? さっきのチームの営業の話じゃないですけど、そのあとにもいろいろあって。

DeNAの執行役員になるなんてすっごい大変なんですよ。何千人もいるなかで。しかも新卒からしたら、赤川さんというのは憧れの……。

赤川:ちょっと、やめてもらっていいですか(笑)。

中俣:本当にすごい。

海野:もう社外から見てても憧れですよ。

赤川:やめてください。ただのペットボトルです。

成田:憧れですよ。

海野:もう1回言いましょう。憧れです(笑)。

赤川:ただのペットボトルに似たヒョロヒョロの人間なので。

中俣:まあ、ヒョロヒョロではあるんですけれども(笑)。その執行役員に任せてもいいなって会社から思ってもらったタイミングの出来事、プロジェクト。

赤川:執行役員になったときは、海外展開を本気でやり始めていた時期です。

僕はもともと留学経験があったわけじゃないんですけど。韓国のオフィスを立ち上げたときは、「じゃあ赤川責任者で、韓国どうするか考えて」って言われた翌日に、創業者の南場智子から電話がかかってきて。

「ちょっと赤川、11階にお客さん来てるから来てよ」って言われて行ったら、「He is in charge of Korea!」って言われて。

成田:いきなり!?

赤川:「Bye!」って言って、部屋を出て行ったんです(笑)。

(会場笑)

成田:それはすごい(笑)。

赤川:韓国のけっこう偉い人が来てて。それで、こっちも一応責任者になっちゃってるから、下手な英語でなんとかコミュニケーションをとって仲良くなって。韓国に行ったときにいろんな人を紹介してもらって。

それで、市場も伸びてるし、これはオフィスを作るべきだという意思決定をして、DeNA Seoulという会社ができたんですけど。

まだまだ日本のITベンチャーで、海外で成果を出すということには不慣れだったなかで、そういう、今のは1エピソードですけど、やっぱり僕はDeNAをグローバルで勝たせたいという思いもあったし。韓国の経験で、僕は海外の連中と曲がりなりにもコミュニケーションが取れたんですね。

DeNAが「ngmoco」というサンフランシスコの会社を買収したり、中国展開をやっていくなかで、海外の展開を横軸でバーって誰かに任せようというときに、たまたま名前が出たのかなという感じですかね。