大統領候補、ヒラリー・クリントン氏の母校

チママンダ・アディーチェ氏:2015年度卒業生のみなさん、こんにちは。

(会場歓声)

ご卒業おめでとうございます! 素敵な歓迎をありがとう。ボトムリー学長、すばらしいご紹介ありがとうございました。私はウェルズリーの使命、歴史、成功をずっと高く評価してきました。お招きいただき本当にありがとうございます。

この美しい土地の優れた大学を卒業できるなんて、あなた方は途方もなく幸運です。天の神々が正しい行いをすれば、あなた方はすぐに、アメリカ初の女性大統領を生み出した大学の誇らしげな卒業生になるでしょう!

(会場歓声)

ヒラリー頑張って!

(会場笑)

私はここにいることが本当に、本当にうれしいんです。実際、あなたたちの学年の色が黄色だとわかった時、黄色のアイシャドウを塗ろうと決めたぐらい、ここにいられることがうれしいんですよ。

(会場歓声)

でもやっぱり、ウェルズリーのことは崇拝しているけれど、黄色のアイシャドウはちょっとやりすぎかなって思ったの。

(会場笑)

だから代わりに、この黄色の……黄色っぽいかぶりものを掘り出してきたわ。

(会場歓声)

アイシャドウと言えば、私は20代までお化粧にはあんまり興味がありませんでした。ある1人の、声の大きい不愉快な男が理由で化粧をするようになったんです。

(会場笑)

なぜ私は化粧をするようになったか

彼は友人の晩餐会に招かれていた客で、私も同じく招待されていました。私はだいたい23歳ぐらいでしたが、人にはよく12歳に見えると言われていました。晩餐会の話題はイボ族の伝統文化、コラの実を割るのは男性にのみ許されているという慣習についてでした。コラの実というのは、イボ族の世界観において非常に象徴的な要素なのです。

私は、その儀式が性別ではなく功績に基づいていたらいいのにと主張しました。そしたらその男性が私を見て、軽蔑的に言ったんです。「お嬢ちゃん、自分がなにを言ってるかわかってないだろ」ってね。私は彼に、私の主張について異議を唱えてほしかった。でも私が若い女性だというのを見たので、彼にとっては私が言ったことを退けるのは簡単だったんです。

それで、私は老けて見えるようにしようと決心しました。そういうわけで、口紅が役に立つと思ったんですね。あとはアイライナーも。あの男性には大いに感謝しています。それ以来お化粧と、お化粧の持つ一時的な変身のための驚くべき可能性が大好きになったんですから。

(会場笑)

このエピソードは、私がいかに男女不平等を発見したかを説明するために述べたのではありません。強いて言えば、これはただのお化粧に寄せる頌歌ですね。

(会場笑)

大学の卒業というのは、口紅をいくつか買うのにいい機会だって言うためのものです。

(会場笑)

もしお化粧が好きならね。いい色合いの口紅はいつだって、憂鬱な日にあなたを少しだけいい気分にしてくれますから。

(会場歓声)

だから、この話は私が男女不平等に気がついた話ではありません。なぜって、もちろん、そのずっと前からわかっていたんですから。子供の頃からね。

特別扱いが人を盲目にする

世界を観察することによって気がついたんです。私はすでに、世間では男性に施される多くの小さな優遇措置が女性には施されないと知っていました。

私はまた、被害者でいることは美徳ではないということも知っていました。差別されていることで、道徳的に優れた存在になったりすることはないのです。男性が生まれつき劣っていたり、邪悪なのではないということも知っていました。彼らは単に特別扱いされただけなのです。

そして私は、特別扱いは人を盲目にするのだということを知っていました。なぜなら、特権の本質は目隠しすることだからです。

私はこのことを個人的な経験から理解しました。高等教育を受けた家庭で育つという階級の特権から気がついたのです。それは時に私を盲目にさせました。自分とは異なる人たちとの微細な差違について、私は必ずしも敏感ではなかったのです。

そしてあなた方。ウェルズリーの立派な学位を得た今、どのような素性にせよ、あなたは特権を与えられたのです。ウェルズリーの学位、そしてここにいたという経験が特権なのです。

その特権があまり頻繁に目をくらませることがないようにしてください。時には物事をはっきりと見るために、その特権を脇に押しのける必要もあるでしょう。

私の母がよろしくと言っていましたよ。母はウェルズリーの大ファンで、ここに来たがっていました。

母は昨日、スピーチの準備はどんな具合かと聞くために、そして私の足が青ざめて見えないように、今日は足に化粧水をたっぷり使うことを忘れないでと言うために電話をしてきました。

(会場笑)

母のフェミニストとしての選択

母は73歳で、元はナイジェリア大学初の女性教務係です。

(会場歓声)

当時にしてみればそれはとても大変なことでした。母は自分が議長を務めた最初の大学の会議の話をするのが好きです。それは広い会議室で、テーブルの上座には「チェアマン」と書かれた看板がありました。母がそこに座ろうとした時、事務員がやって来てその看板を外そうとしました。

これまでのすべての会議は、当然ですが、男性が議長を務めてきたので、誰かが「チェアマン」を「チェアパーソン」と書かれた新しい看板に取り替えるのを忘れていたのです。事務員は母に謝り、彼女は「チェアマン」ではないため、新しい看板を探すと言いました。

母はその必要はないと言いました。事実、彼女は「自分はチェアマンだ」と言ったのです。彼女は看板をそのまんま残してほしがったのです。会議はまさに始まろうとしていました。彼女は、その日その時間その会議でやることが、「チェアマン」ならやったであろうことと異なっていると誰にも思われたくなかったのです。

私はこの話が好きで、母の猛烈なフェミニストの選択と思われるものに感嘆してきました。以前私はこの話を筋金入りのフェミニストの友人にしました。私は彼女が母にブラボーと言うだろうと予想していました。でも彼女はこの話に心を傷めたのです。

友人は、「なんであなたのお母さんは“チェアマン”と呼ばれたかったのかしら? 自分を認めてもらうために“マン(男性)”という部分が必要だったみたいじゃない」と言いました。ある意味、私は友人の言わんとすることが理解できました。公認フェミニストによる秘密結社が毎年発行する標準入門書があったとしたら……。

(会場笑)

その本には間違いなく、女性は「チェアマン」と呼ばれるべきではないし、呼ばれたくもないと書いてあるでしょう。でもジェンダーの問題は常に、周囲の事情や環境に関係するものなのです。

医学部をやめ、挑戦することに決めた

このエピソードにはある教訓があります。ウェルズリーで母の話をして、母をハッピーにさせること以外にですよ。

(会場笑)

それは、画一化されたイデオロギーは常に自分の人生に適合するわけではないということです。なぜって、人生というのはとっちらかったものなんですから。

ナイジェリアでの子供時代、私はほかの優秀な学生と同様に、医者になることが期待されていました。内心、私が本当にやりたいのは物語を書くことだということを知っていました。でも私はやるべきことをやって医学部に行ったんです。私は自分自身に、医学部を耐えて精神科医になろう、そうすれば患者の話を自分の小説に使えるんだからと言い聞かせました。

(会場笑)

でも医学部に1年行った後、私は逃げたんです。自分がとっても不幸せな医者になるだろうと気がついたし、患者の不慮の死の責任を負いたくなかったんです。

(会場笑)

医学部を退学するのは非常に珍しい決断でした。医学部に入ることがとても難しいナイジェリアではとくにです。後になって人から、そんなことをするなんてとても勇気があると言われました。でもそんな気持はまったくありませんでした。その時私が感じていたのは勇気ではなく、努力することへの欲求です。挑戦したかったんです。

私はそのまま医学部に在籍して、自分に合っていないものを勉強することもできましたが、別のものに挑戦することもできたんです。だから私は挑戦することにしました。アメリカの試験を受けて、医学とは関係ないことを勉強できるアメリカに行くための奨学金を手にしました。