「男は飲み会でダークナイトを語りすぎ」 東村アキコ×山田玲司

第35回『本当の名言とは何だ!?〜山田玲司と東村アキコが選ぶ絶望に効く名言スペシャル!』 #4/6

漫画家・山田玲司氏がおくるニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」 第35回は『東京タラレバ娘』『海月姫』『かくかくしかじか』といった数々のヒット作を生み出した漫画家の東村アキコ氏が登場。このパートでは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『スター・ウォーズ』といった映画の話題について触れていきます。

2ちゃんはセラピーの場所?

山田:俺、もともと2ちゃんってさ、セラピーの場所じゃないかと思ってたのね。カウンセリング。自分の黒いものを安心して吐き出せる場所として機能してたんじゃないかと思うの。

で、「お前そういうのやめとけよ」って言いながら、「もっとひどいこと言ってやろう」みたいな。そういうネタ合戦だったので。「こいつ叩けるな」って思った時に、それをネタにみんなで毒吐き大会をして。そういうセラピーだったんじゃないかという気がするの。

東村:ほら、転載まとめサイトがすごい発達したじゃん、ここ数年で。私もあっち見ちゃうんだよね。めんどくさくなって。画像が貼ってあるからさ、楽だなと思って。

おっくん:わかりやすいし。

東村:そしたら、今までみたく必死でスレを探して、かきわけていって、欲しい情報とか欲しいおしゃべりを見るというのから、もうキーワード入れるともう見やすい転載サイトがいっぱい出てくるからさ。メジャーまでいかないけど、あのかきわけてたところからポンって見やすいところに来すぎたなという感はすごいあったんだけど。

おっくん:ちょっと待ってください。アッコ先生は、その口ぶりだと、ネラーということですか?

東村:私、キャンプ登山板にいつもいます。もうかなり初期からいると思います。

おっくん:キャンプ登山板?(笑)。そんなスレもあるんですね。

山田:遭難板もあるの?

東村:キャンプ登山板の中に、遭難スレというのがあります。

山田:どんだけ遭難が好きなんだ(笑)。

東村:私は山登りに向かないってわかってるからやんないけど。

山田:『エベレスト3D』は見たの?

東村:まだ見てない。

山田:あなたのための映画じゃん、あれ。

東村:あれの原作はもう何回も読んでるけど。本で読んでて。あとは映像でどんだけね、という話なんですけど。あのエベレスト大量遭難事故は、本当に遭難マニアからすると、すごい初歩の初歩というかね。

おっくん『神々の山嶺』読みました?

東村:読みました、読みました。

おっくん:めっちゃおもしろいですよ!

東村:えー、そう?

おっくん:あれ、違った? そっちじゃない。

東村:あれはほら、フィクションじゃん。ノンフィクションじゃないと、やっぱりちょっとなんか、遭難は。カメラを置いて出かけちゃダメでしょっていうところだよね(笑)。1巻で大事なカメラを部屋に置いて出かけちゃうっていうね。

あとは読んでください、みなさん。素晴らしい漫画です。私も買って持ってますよ。

「現実見ろよ」の時代が始まった

おっくん:ちょっと本題戻りましょう。

山田:それで、「現実見ろよ」の時代が始まったなというところで、前に番組で言ったんだけど、まあ今年最後だからまたあらためて言いますけど、「ここではないどこか」というのを探してた時代が終わったな、というね。

それがあのマッドマックスがまさかの行って帰ってという話だった。てか、『マッドマックス』見た?

東村:私、『マッドマックス』わかんないのよ。『北斗の拳』しかわからないからさ。

山田:そっちか(笑)。

東村:でも、マッドマックスでみんなが盛り上がってるのはすごい素晴らしいことだと思って。漫画家の先生たちがもう涙流してわ~わ〜言ってるのは微笑ましく見てましたよ。羨ましいなと思ってね。

おっくん:4、5回見に行くとかね。

山田:そうね。あと、もう1個は「ポンコツ頑張る」っていうね、なんかあったなと思って。マッドマックスに出てくるニュークスにみんな(感情が)入ったんだよね。

なんにもないんだけど、「死ぬときになんか華々しく散りたいんだ」って言ってるかわいそうな男が頑張るというのがマッドマックスの中核に入ってきたんで。あれがけっこうよかった、大きかったなというのと。

これまさかの、スターウォーズご覧になったからわかると思うけど、今回まさかのトゥルーパー、1兵士が脱走してという。

おっくん:そうなの!?

山田:1人のボンクラが逃げ出して、という話が入ってくるわけよ。ニュークスなんだよ、実はフィンというキャラクターが。そうなんですよ。

ネタバレしませんよ、大丈夫ですよ(笑)。俺がしゃべると映画全部喋るんじゃないかって、みんな心配してますけど、大丈夫です。

おっくん:公式で初めてこの番組見てる方はあれなんですけど、この人すぐ全部オチまで言ってしまう。

山田:今回のスターウォーズは、本当しゃべっちゃったら酷だから。せっかくみんな情報を抑えて、映画館でびっくりしてようというのを頑張ってやってきたので、台なしにしちゃうんで、喋った瞬間に。だから、言わないって決めてますけど。

ただ、1つはフィンとニュークスって似てるよなというのと。あとニュークスってあれじゃん。このまま放っとくとダメになっちゃう奴なんだよ。それをイモータンというボスが、どうにもならない人間に希望を与えているんだよね。嘘かもしれないけど。

男性は飲み会で『ダークナイト』を語りすぎ

東村:あなた、マッドマックス好きなの?

おっくん:いや、僕はおもしろいんですけど、そこまで入り込めないんですよ。

山田:そうだね。おっくんはね。

東村:好きなの、みんな?

久世:僕、大好きですね。めっちゃ好き。

しみちゃん:僕も大好きです。

東村:好きなの? みんな男の人は。女の人はそうだよね、わかんないよね。ほら、わかんないって言ってるよ。

山田:アッコ、『ダークナイト』にも厳しいもんね。

東村:『ダークナイト』はね……。

おっくん:俺もそうなんですよ。『ダークナイト』も……。

東村:じゃあ、私たちが『プラダを着た悪魔』の話をしていいんですか、飲み会でって話でしょう?

山田:ああ、そうだな。

東村:しないでしょう、女の人は? っていうね。

おっくん:ぜんぜんしてくださいよ。

山田:『ダークナイト』の話するんじゃねえよって話だよな。

東村:いいんだけどさ、何年ダークナイトの話を聞かないといけないの? 飲み会で。

おっくん:ダークナイトで何かあったの?(笑)。

山田:ダークナイトで何かあったんだ?(笑)。

東村:かれこれ何年聞かされるんですか、その話を。じゃあ、こっちだって『セックス・アンド・ザ・シティ』の話をしますよっていう。こっちだって『ブリジット・ジョーンズの日記』の話しましょうかっていうね。

山田:そうですね(笑)。

東村:でも、女の人は社会性あるからしませんけどねっていうね。

おっくん:男だけバカみたいに(笑)。ね?

東村:そうでしょうよ。だって、それはさ。「こっちだって、話したい映画あるよ」っていうさ。「女は語る映画がない」って思われてるけど、女だけ集まるとね、あるよ。

おっくん:すればいいじゃない?

東村:じゃあ、『ガラスの仮面』の話、4時間していいんですかって話。いいんですか?

おっくん:ぜんぜん(笑)。ぜんぜん聞くよな?

久世:聞く聞く。

東村:ベルばらでオスカルが完全に空気を読めずに「デザート出せ」って言うシーンの話で2時間やりますよって話。『ベルばら』読んだんでしょう?

山田:読んだ、読んだ。すごいよ。やっぱりオスカルすごいよ。

東村:けっこうエピソードがサクサクいくからね。

山田:オスカルの女子っぷりがすごいよ。「私だけと誓うか?」このタイミングでっていう。

東村:乙女だよね、言われてみれば。うんうん。

山田:乙女だよね。このタイミングで浮気しないでよ、みたいなさ。ここで入れるかみたいな。かわいいよね、なかなかああいうところがね。

東村:やっぱり達観した人の見方やわ。

おっくん:そうだな。

東村アキコ氏はイモータン・ジョー?

山田:ちょっとこれ言わして。なんで、ニュークスの話をしたかっていうと、アキコ先生、いいですか? ニュークスってヒモザイルみたいだなと思ったの。あなた、イモータンですよ。

東村:なら見らんといかんね、それは。マッドマックスを(笑)。

おっくん:それはね、そう。

山田:「お前の魂は永遠に輝き続ける……。(銀色のスプレーを)シュー」みたいなことを、あなた、これやってるんですよ。

東村:ティナ・ターナーみたいな人?

おっくん:ティナ・ターナーみたいな人!?

東村:ティナ・ターナーは出てないの?

おっくん:だって、ティナ・ターナーは2かなんかでしょう。3か。

東村:マッドマックスってティナ・ターナーが出てるやつやろう? 違うん?

久世:2か3のどっちかど思う。

山田:ちょっと待って。80年代の話やめない?(笑)。違う、違う。マッドマックス、今回まったく新しいものになってるので。タイトル以外ほとんど変わちゃってますから。違うもんだと思って、よかったら見てもらえれば。

東村:見る。いや、見んといかんと思ってたよ。『映画秘宝』とか見てると、見ろって書いてあるからさ。

スター・ウォーズのフォースはカメカメハ

山田:あとスター・ウォーズでいうとさ、ポー・ダメロンさんさ、超普通の大学生ぽくない?

東村:あのパイロットの人?

山田:パイロットのナイスガイ。

東村:今回、あの人一番格好よかったけど。

山田:でも、あの人フォースありそうにないじゃん。

東村:あの人フォースあるの?

山田:フォースないでしょう、明らかに。

東村:フォースってさ、超能力ってこと?

山田:えっ、そっちから行きます?(笑)。

おっくん:フォースって超能力ですよ。

山田:選ばれし者が持つ力だね。

東村:ジェダイって何?

おっくん:ジェダイっていい奴ってこと。

山田:ちょっと待ってくださいよ。ざっくりー(笑)。

おっくん:フォースをいいことに使う人はジェダイで。自分の欲望のために使うのはシスと呼ばれてる人なんですよ。

東村:暗黒面って何?

おっくん:シスのこと。だから、「暗黒面」って訳した奴が悪いなと思う。

山田:ちょっと待って。フォースってカメカメハでしょう、あれは? 要は元気玉でしょう? それを使える奴が悪い人といい人に分かれてるって話でしょう、これ。ドラゴンボール的に言えば。

東村:そうなの?

山田:そういう、ニュータイプとかそうなんだけど、超能力という。

東村:ニュータイプでしょう?

山田:そう、ニュータイプ。

おっくん:いや、ニュータイプというのは、人類が宇宙に行ってから……。

久世:長くなるよ、それ(笑)。

おっくん:違う。ニュータイプではない。どちらかというと、フリーザと悟空。というか、ピッコロと神様みたいな感じ。

山田:すごい。まさかのスターウォーズ超初心者と『スター・ウォーズ』を語り合う2015年の(笑)。

東村:でも、テーマはわかってるからね、スターウォーズの。1.5本ぐらいしか見てないですけどね。うちの子が今回に合わせて「全部見るわ、ママ」って言って、見てるのを、横でご飯を作りながら、チラッチラッと見ただけですけどね。

おっくん:なんだかんだ70年代のやつって、金曜ロードショーとか日曜洋画劇場でバンバンやってたので、そこはやっぱり見てるんですよ。

東村:私、ひょうきん族でやってたのしか見てないわ。

久世:コントでやってたやつを見てたってことですか?

東村:うん。知ってる?

おっくん:それ、コントやん(笑)。

東村:すごいよくできたやつやってたんだよ。ひょうきん族で、スター・ウォーズブームの時に、すごいちゃんとしたパロディコントやってたんだよ。

山田:でも、オリジナルは見てないんでしょう?(笑)。

東村:でも、そのコントは毎週見てたもん。だいぶ長くやってたんだから。

山田:コントは毎週……(笑)。

おっくん:それ、うっちゃんがジャッキーのものまねして、ジャッキー・チェン知ってる、みたいなこと(笑)。

山田:いやいや、というかさ、マモーの話してる時にミモーの話するみたいなことでしょう、これって(笑)。ミモーいないよって話じゃん。俺、ミモー出てくるんだと思ってたもん。

おっくん:あの、みなさんね、言いたいことはいっぱいあると思うんですけれども。

山田:お前が脱線させてるんだろうが! まあ、いいや(笑)。

山田玲司のヤングサンデーyamadreiji

漫画家・山田玲司が多彩な経験と圧倒的な知識を元に「テレビでは語られない角度」で恋愛、社会問題、漫画、映画、音楽、人生とは何か? など様々な問題を切っていきます。

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?