椎木里佳氏「最近ファミコンな子が増えた」 イマドキ10代と親との関係

上場企業社長親子と企業についてDaiGo&やなぎーで対談してみた(ゲスト:椎木隆太さん 椎木里佳さん) #1/3

メンタリストDaiGo氏のニコニコ生放送「心理分析してみた!」に株式会社DLE・代表取締役の椎木隆太氏と株式会社AMF・代表取締役の椎木里佳氏が親子で登場。このパートでは、ダイヤモンド社から出版された対談本『女子高生社長、経営を学ぶ』の内容や、最近の若者の親との関係について語っていきます。椎木里佳氏によると「最近の子はファミコンが多い」とのこと。ファミコンといえば30代以上は任天堂の家庭用テレビゲーム機「ファミリー・コンピューター」をイメージすることが多いかと思いますが、最近では「ファミリー・コンプレックス」の略として使われるそうです。

椎木親子・DaiGo・やなぎーで対談してみた

柳内啓司氏(以下、やなぎー):始まりましたね。

DaiGo氏(以下、DaiGo):始まりましたね。今日(2人の席の)距離が空いてますけど(笑)。

やなぎー:そうですね。ここに2つほど席が空いてますけど。

DaiGo:そうそう。初のダブルゲストというか、同時2人ゲストというか、いろいろ初ですね。親子ゲストとか。

やなぎー:そうですね、親子ですしね。今すごく注目されているお二人ですけども。

DaiGo:お父さんのほうにも、僕は非常に青春時代、お世話になりまして。

やなぎー:そうなんですか?

DaiGo:たーかーのーつーめー(注:Flashアニメ『秘密結社鷹の爪』内のセリフ)。

やなぎー:あ、そうなんですね、見てたんですね!

DaiGo:そうです!

やなぎー:おー。そのへんの話も含めて、いろいろおうかがいしましょう。じゃあ、お呼びしましょうか。

DaiGo:はい!

やなぎー:本日のゲスト、椎木親子です!

椎木里佳氏(以下、里佳):親子(笑)。

DaiGo:親子です(笑)。

里佳:はい(笑)。

(一同拍手)

里佳:こんにちは!

DaiGo・やなぎー:よろしくお願いします。

里佳:よろしくお願いします。

DaiGo・やなぎー:どうぞどうぞ。

やなぎー:親子という紹介、変でしたね。

椎木隆太氏(以下、隆太):いや、ぜんぜん。もうセットですからね。

やなぎー:お二人で出られることは、どのくらいあるんですか?

隆太:基本2人で、僕が出る時はだいたいセットで。

やなぎー:なるほど。じゃあ、お2人でしゃべることも慣れてらっしゃる?

隆太:そうですね。1人で出たことがないから、どうしていいかわかんないですね。

やなぎー:本当に? 逆に?(笑)。

里佳:たしかに(笑)。

隆太:逆に(笑)。

DaiGo:テレビで見ると、すごい堂々とされてて。

隆太:うん。

里佳:あ、私ですか? まあ、たしかに。

隆太:たしかに(笑)。

DaiGo:今日、控え室に入ってきた時の風格も、なんかこう、お父さんより風格があるかなと。

(一同笑)

隆太:それは間違いないです(笑)。

やなぎー:存在感すごかったですね。

里佳:増長してるだけです。

やなぎー:そうですね。(設置してあるパソコン画面を指して)こんな感じで、カメラ2台で(コメントの)弾幕が。

DaiGo:みんなが書いたコメントが流れてくる感じです。

隆太・里佳:はい。

14歳以上が対象であれば病気ではない?

DaiGo:(コメントにて)「こいつロリコンだから気をつけて」とか、うるさいわ。否定はしないけど。

隆太:そうなんですか? 席、変わったほうがいいんじゃない?(笑)

(一同笑)

DaiGo:(席をずらして)このへんから参加しましょうか(笑)。

やなぎー:フレームアウトしちゃった(笑)。

里佳:でも私、ロリっぽくないんで。

隆太:ロリのエイジじゃないですからね、もう。

里佳:いや、年的にはロリ。

隆太:ロリなの?

里佳:10代だからまあまあ若いですけど、見た目がロリじゃないので大丈夫です。

DaiGo:まあ、精神科学的には14才以降だったら大丈夫というのがありますからね。

やなぎー:そうなんですか。

DaiGo:本当、病気とかになると、11才より若くなっちゃったりすると、ペドフィリアとかになっちゃうんで。そこからまた違う。病院に行かなくちゃいけなくなっちゃうと思うんで。

里佳:(笑)。

ダイヤモンド社から最年少で本を出版

DaiGo:はい(笑)。それで今日なんですが、いろいろ、本(注:『女子高生社長、経営を学ぶ』)もこちらに。先にリンクを出しておいたんですが。もう1回、念のために出すと……。

女子高生社長、経営を学ぶ

親子で本というのは、なかなかないんですけど。しかも、僕が本をたくさん出させていただいている出版社さんと同じ、ダイヤモンド社さんから。なかなかまじめな本しか……、というか、なんと言ったらいいんですかね? 本を出すのに一番厳しいといわれる出版社から出されていて、たぶんこの年齢で出されたのはダイヤモンド社さん初?

編集者:そうですね。最年少だと。

里佳:えーっ! 初めて知りました、それ!

隆太:なんにも言ってくれなかったからね。

里佳:最初に言ってください(笑)。

DaiGo:言わなかったんだ!

やなぎー:そこに編集者さん、いらっしゃいますけど(笑)。

DaiGo:それ、言われるのと言われないのじゃ、だいぶテンション変わりますからね。

やなぎー:まさかの、ここでの暴露というか。

DaiGo:これ、僕も読んでみておもしろいのが……、たぶんこれ、どちらか片方が書いてもダメなんですよね。なんでかというと、まず1つ僕がすごく疑問だったのが、ふつう……。

これ、年寄りくさい言いかたになるなあ。年ごろの女子だったら、あんまりビジネス方向とかふつうはいかないんですよ、心理学的に考えると。しかも、お父さんが経営者で一緒にやってというのは、すごくレアなケースなんで、それがなんで起こったのかというのが気になる。

それと、若い子でもばくぜんと「起業したい」「ビジネスやりたい」と思ってる人はいるんだけど、実際に手を出す人はほとんどいないですし。

あと、やっぱり価値観の違いがあると思うんですよ。本の中でも、会話で出てくるところとかも。そこらへんがすごく浮き彫りになっていて、個人的にすごくおもしろいなと思って、「ほー!」と読ませていただいたんですけど。

だから、これから起業したいと思っているんだけど、ビジネスウーマンというか、いわゆる経営者の感覚がわからないという若い人なんかは、会話のやり取りの差の部分に注目しながら読んでみると、見えかたが違うかなと。

やなぎー:たしかに。

DaiGo:逆に、例えば年齢がある程度いっている人が「経営をガッツリ学びたい」と思って読もうとすると、その会話にじれったさを感じる人も、たぶんいるような感じの本なんですよ。

里佳:あー、います。

DaiGo:だから僕は、若い人で経営を学びたい人とかに読んでもらいたい。または、若い人をターゲットにしたビジネスをする大人に見てほしい本だなと思いました。

隆太:ありがとうございます。

里佳:すごい分析いただいて。

(隆太・里佳拍手)

やなぎー:買いたくなっちゃいましたね。

DaiGo:そういう番組なんです、この番組は。僕が読んだ本をひたすら紹介したりとか。

里佳:ありがとうございます。

DaiGo:あとはやなぎーさんが、超絶MCテクニックを披露するという番組なんです。

やなぎー:いやいや、ハードル上げないでください(笑)。

(一同笑)

家よりも対談のほうで話す機会が多い

やなぎー:本当におもしろかったです、僕も本を読ませていただいて。

隆太:ありがとうございます。どのへんが?

やなぎー:なんていうんですかね、やっぱり会話と……。

里佳:(隆太氏が会話を)回し始めた(笑)。

(一同笑)

隆太:今、本だけはいろいろ聞きたいなと。

DaiGo:完全にMC席ですね(笑)。

隆太:すいません(笑)。

やなぎー:やっぱり読ませていただいて、学びたい里佳さんとお父さんという構造の、いろいろお父さんが教えてあげるというタイミングもあれば、逆に里佳さんが突っ込んでいくところもあるじゃないですか、お父さんに。

それが、緩急がきいてて。勉強になるところは、なるほどとなりますし、笑えるところは笑えて。すごいサーッと一気に読んじゃいました。

隆太:ありがとうございます。

やなぎー:すごい読みやすいです。

隆太:親子だと家で会話しても、やっぱりずっと1時間、2時間伝えたいことを伝えるという、なかなかそんな悠長な時間がないじゃないですか。5分、10分はあっても。

だから、ああいう何か……、インタビュー受けるとか、こうやって出演させていただくと、わりと1時間とか2時間、みっちり彼女に伝えることも伝えられるので、僕は親子で出していただくのは、わりと大事にしたい時間なんですよね。カメラの前うんぬんというよりも、僕からすると「彼女に伝えたいことを、この場で伝えちゃおう!」みたいな。

DaiGo:なるほど、なるほど。

やなぎー:意外と2人きりとか、家のほうがこういう場面がないですもんね。

隆太:本当、そう思いますね。

アラサー世代と10代が思う「ファミコン」は別物!?

DaiGo:もう座り位置的に、完全にお父さんの重心が(里佳氏のいる)右側に乗ってるところを見るあたり、どんだけ好きなんだろうというツッコミをいつ入れようかなという(笑)。

やなぎー:本当、仲いいですよね!

里佳:(笑)。

里佳:あー、やだやだ。

DaiGo:すてきです。

やなぎー:もう、全国のお父さんが嫉妬してますよ。

隆太:本当ですか?

やなぎー:これだけ仲のいい親子は、なかなかいない。

DaiGo:たぶん息子とも、こんなに仲よくならないと思いますよ。

やなぎー:同性であってもね。

DaiGo:僕もそんなに父親と仲よくなかったというと、またこれ語弊があるんですけど……。仲良くなかったんですけど、こういう親子だったらよかったのになと、今なんとなく思ったりしました。

里佳:あー。

DaiGo:素直に学ぼうというのが、あんまりできない人がやっぱり多いと思うんで。

やなぎー:そうですよね。里佳さんの同じ年ごろの人たちはどうですか? お父さんと仲いいですか?

里佳:仲……。でも最近、ファミコン増えましたね。

やなぎー:ファミコン?

里佳:ファミリーコンプレックス。

やなぎー:あー、ファミコン。

里佳:家族大好きという子が、すごく増えたような感じ。

DaiGo:もう完全に今この世代は、こっち(注:ファミリーコンピューター)になってましたね。

(一同笑)

やなぎー:そうそうそう、「おや?」と(笑)。

里佳:ファミコン使ったことない。

やなぎー:心理学用語のほうですね。

里佳:ファミコンな子が増えてて。なので、家族を好きな子は増えたように思うんですけど。

やなぎー:昔よりも?

里佳:昔よりも増えたというか、そんなに「親、マジうぜーわ。嫌いだわ」みたいな子は少なくなった気がしますね。ですけど、こんな仲いい人は見たことないですね。

隆太:自分で言うか(笑)。

やなぎー:自分で自ら分析して。

DaiGo:今のコメントで一番うれしそうだったのは、お父さんだったというね。

(一同笑)

やなぎー:たしかに。

隆太:ごちそうさまです。

やなぎー:「友達親子多いね」と、コメントでもありますね。友達感覚というか。

DaiGo:なので、今日はもちろん詳しいことは本にも書いてあるんですけど、まずはお父さんに。一番最初、経営でどういうところを苦しんだのか。このへんは、やなぎーさんが進めてくれますけど。

そこらへんの話から聞いていって、たぶん僕が思うに(里佳氏は)そういうお父さんを間近で見ていて、何かを感じて、そこから経営者になりたいと思ったと思うので、そこらへんから聞いていって。

けっこう、このチャンネルは変わった人が多くて。僕のチャンネルは、僕に送っていいメッセージとかチャンネルに送っていいメッセージが決まってて。「ファンです」「好きです」「応援してます」というメッセージは、スパムなので送るなと言ってるんですよ。

里佳:へえ!

DaiGo:じゃなくて、ふだん心理学の本とかおもしろい本の紹介とかをして、「それを読んで自分の人生が変わった」とか、「留学決めた」とか、「起業しました」とか、そういうのは送ってもいいと、それ以外は送るなと言ってるチャンネルなので。

ニコニコのなかでも質がいい会員さんがすごく多いチャンネルなので、けっこう鋭い質問とかも飛んでくると思うんですけど、もし大丈夫なところがあれば、お答えいただければと思います。

里佳:はい。

やなぎー:ぜひ、お願いします。

隆太:お願いします。

女子高生社長、経営を学ぶ

Published at

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

メンタリストDaiGoさんの心理テクニックをもっと知りたい方は、ニコニコ動画もチェック!

恋愛からビジネスまで日常生活に役立つ心理テクニックを配信中!

・公式チャンネル

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?