「儲かるからやる」では成功しない--大前研一氏がナイキ会長から学んだこと

大前研一氏式辞 #2/2

BBT大学大学院入学式
に開催

2016年4月2日、ビジネス・ブレークスルー大学大学院の2016年春期入学式が行われました。同校の学長を務める大前研一氏は、BBT大学で発足したアントレプレナーコースの説明と受講者に求められる起業家としての資質を語りました。

BBT大学のアントレプレナーコース

大前研一氏:実はBBTは、椿進先生にアントレプレナーコースのコース長をお願いしているんですけれども、今回がはじめてということで、なぜというところも含めてご説明したいと思います。

このアントレプレナーコースですけれども、起業家育成というのはBBT全体で力を入れて10年以上やってきているんですけれども、BBT大学、大学院、ボンド、アタッカーズビジネススクール合計で9652名を輩出しています。

アントレプレナーコースは今日発足なんですが、来週にこういう本が出るんですね。この本は、『「0から1」の発想術』ということで無から有を生みだす思考法に関するものです。10数通りのやり方をマッキンゼー以来温めていたものです。

「0から1」の発想術

クラスでももちろんこれをやりますけれども、それを本で出しましたので、みなさんのプレッシャーは従来よりもっと強くなります。

その辺で1400円でこの本を買った人と同じ程度で止まったら、一般の人と同じになってしまう。クラスで学び、書籍を凌駕するようなマスター、これを染色体に埋め込んでもらいたいと思います。

私もみなさんとともにさらに学んでいきたいと思いますが、心新たに0から1を生む、有を生むと。今は最も恵まれた時代です。私はいい年をしているんですが、もうやりたくて仕方がない事業がいくつもあります。

アタッカーズ・ビジネススクールではそれをみんなに渡して、どうぞみなさんやってくださいとやっていましたけれども、これからはみなさんに渡して、みなさんの中からアントレプレナーが出てくることを期待したいと思います。

スタートアップ支援プロジェクトの9社が上場

BBTは、起業家を応援するためのささやかなファンドを持っています。これはSPOF(スタートアップ起業家支援プロジェクト)というものですけれども、背中をポンと押すファンドという意味です。

私は長年ABS(アタッカーズ・ビジネス・スクール)をやってきて、逡巡しているときに、「まあ君、この辺でいいと思うから頑張ってやってみたら? こっちもささやかだけど金を出すよ」と言って背中をポンと押すと言う意味で、SPOFをやっています。

日本の政府も銀行の休眠口座に眠っているお金を使ってSPOFをやろうということで、だいぶ我々のほうに来てくれていますけれども、この中には上場した9社も入っています。

マクロミル、ケンコーコム、ミクシィ、アイスタイル、クラウドワークス、弁護士ドットコム、鎌倉新書というのは葬儀屋さんです。それから丸八は今週上場いたします。ということで、先輩として起業して上場した会社が9社ということになっています。

従来の経営管理コースMBAに比べて、このアントレプレナーコースは早めに自由研究をはじめて、2年目にビジネスプランの演習をします。

ただ、「このビジネスプランは、先生にも全部明らかにしたくない」「これは誰にも説明したくない」というときには、先生との対話を通じてビジネスのいろいろなアドバイスを受けることになっております。

ですから、後半のところはかなりの労働集約型で、さらに卒業した後も起業していくとなった場合には、その継続的な支援のためにビジネス・インキュベーションセンターというのがあって、そういうところを通じて助けていきたいと思っております。

アタッカーズ・ビジネススクールでも自然発生でそういうことが起こっていたのですが、これをもう少し正式にして、MBAとして持っていなければいけない知識などビジネスの勉強もしていただくと。

同時にかなりの時間を、自分の事業計画の立案、構想を練って、これを人に説明できるような状況に持っていくというところに使っていただく。

ナイキ会長 フィル・ナイト氏から学んだこと

我々教授側から見ると、サイバーと言いながらも、かなり労働集約型になるだろうと思っています。攻めの要素と守りの要素、ベンチャー魂。この3つを在学中に吸収していただきたいと思います。

私は01の発想の中でも書きましたけれども、「ラストチャンスだけは失敗するな」と。普通の言葉で言うと、「成功するまでやるんだよ」と。それから「好きなことをやらなきゃだめよ」「あなたが本当に好きじゃなきゃやめときなさい」と。こういうことです。

私はナイキの社外取締役をやっていましたが、フィル・ナイトさんは、「料理人は、23時間厨房にいてもいいという人じゃないとなるべきじゃない」ということを言っていました。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

ビジネス・ブレークスルー大学

ビジネス・ブレークスルー大学に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、ビジネス・ブレークスルー大学に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 大前研一氏「日本人は大学を出たらそれっきり」BBT建学の精神と一生学び続ける価値を説く
2 「儲かるからやる」では成功しない--大前研一氏がナイキ会長から学んだこと

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?