なぜトランプは快進撃を続けるのか?

岡田斗司夫氏:ということで、今日一般放送でやると予告していた「空想政治学教室」ですね。「第3回 なぜトランプは快進撃を続けるのか?」。人によってこういう話に興味ある・ないはあると思いますけれども、そっちのほういってみましょう。

えーと、ドナルド・トランプさんですね。アメリカの不動産王。不動産王って言われているんだけど、実際は、持ってる不動産はわりと失敗しつつあるんだよね。トランプ・タワーもいくつも閉鎖されたりしたので。

実際は今、叶姉妹みたいなもので、「有名人である」ということがビジネスになってるんだ。

ニューヨークに「トランプ・タワー」っていう、ポストモダン建築ですごい有名な、ガラスの塔みたいなのがあるんだよ。長方形がいっぱい集まってできたみたいな。ちょっと段々になってる。

大阪万博のケベック館みたいって言ってもわかんないよね(笑)。まあ、そんな感じの建物があるんだけども。そこは行ったことはあるんだよね。

取材でニューヨークに行った時に、山賀(博之)君と、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の世界観は、とりあえずポストモダンの建築でやってみよう、というふうなことになったので。

「じゃあ、実際にシカゴのシアーズ・タワーとかも含めて、ポストモダン建築見たい」って行ったんだけど、シカゴに行く便が取れなかったので、ニューヨークで。

その頃、一番有名なニューヨークでのポストモダン建築というのが「トランプ・タワー」だったんだ。それ以前の、例えば、アールデコ、アール・ヌーヴォーの建築の代表例であるような、クライスラー・ビルとか。

トランプ氏の名前を全面に出したアイスクリーム屋

エンパイア・ステート・ビルというのは、いちおう対比のために見て、「こういう部分がポストモダンかと言われるゆえんか」と思ったんだけどさ。

地下行ったら、なんか雰囲気が違ったんだよね。「あれ、なんだったんだろう?」と思って、去年と一昨年、2回ニュヨークに行った時に、ニュヨークのトランプ・タワーの地下で、トランプのアイスクリーム屋というのがあってさ。すごいびっくりしたんだよ。

ちょうど夏だったから、「ああ、アイスクリームパーラーができたのか」というふうに思ってたんだけども。トランプの名前を全面に出した、「トランプアイスクリーム」とかそんな名前でさ。そのほかにもトランプの名前を使ったショップがいっぱい開いてたんだよね。レストランとかいっぱい開いてて、おみやげグッズ屋があって。

それは、今トランプというのは、もちろん不動産事業もあるし、そのほかにも投資してるんだけど、かなり多くがトランプ自身をキャラクターにした商売をしてる。そこが叶姉妹みたいだって言ったところなんだけども、そういうふうになってるらしいんだ。

じゃあ、なんでそんな人がアメリカの大統領として快進撃を続けてるのか? まあ、理由はいくつかあってね。よく言われるのが、アメリカの有権者、国民がプロの政治家にはもう飽き飽きしてると。もう飽き飽きどころかイライラしてると。

いわゆる、インナーサーキットと言うんだっけ、インサイドサーキットっていうんだっけ、知ってる人いるかな?

アメリカの大統領になるためには、上院議員か下院議員にならなければいけない。議院になるためにはまず州知事にならなければいけない。州知事になるためにはどこかの市長になって、みたいな。

とりあえずワシントンを中心とした政治の巨大なサーキットがあって、そのサーキットの内側々へとトラックを進めていくことによって、どんどん大統領になる、というのが一般的なアメリカの……。

(コメントにて)「インナー・サークル」ですか。ありがとう。「インナー・サークル」だって。

政治家の上がり方なんだよ。どんな野心、志、希望を持った奴でも、このインサーサークルの中に入って、下のほうから政治家を積み上げていくと、大統領選に出る頃には、もう誰もが押しも押されぬプロの、悪い意味で政治家になっちゃうんだよ。プロの政治になっちゃうと。

アメリカ人は「トップを変えることによる変化」を期待している

なので、アメリカの政治というのは根本的に変えるような奴はなかなか生まれてこない。こんなこと言い出したら、別に日本だってどこだって、たぶん同じだと思うんだけど。

でも、アメリカっていうのは「トップ変われば、すべて変わる」の国なんだ。これ、アメリカンヒーローの話でも、そのうちちゃんと話すつもりなんだけども。基本的に大統領が変わったら、政府の行政機関の上のほうの人間がごっそり入れ替えられてしまう国なんだよね。

日本では、例えば、大臣が変わろうが総理大臣が変わろうが、いわゆる官僚の人間たちの入れ替えというのは事実上ないじゃん。でも、アメリカという国は、各省庁のトップからだいたい重役クラスの首がぜんぶ変わっちゃう。それぐらい、アメリカというのは「トップを変えることによる変化」というのをすごい期待するんだ。

日本って、別に社長が変わったからといって大きい変化というのを期待するのではなくて。それよりは新製品とか、世の中のブームだというのにすごく強く動かされると思うんだけども。

スティーブ・ジョブズが復帰したあとのアップルを見てわかるとおり、アメリカというのは、そういうトップ挿げ替えによる大変化というのを期待する国なんだ。

オバマでさえも大きな変化を起こせていない

で、話もう1回戻るけども。ところがインナー・サークルの中をたっぷり走っていった、プロの政治家になっちゃった人たちというのは、もうヒラリーであろうが、誰であろうが、主義主張にそんなに変わりはないんだ。

あえて見れば、ちょっとずつの差はあるんだけども。もうほとんど大統領選に出るような奴というのは同じようなことしか言わなくて。ただ、単にあら探し探しになるからさ、あらが少ない人間が出てくるような感じに、アメリカの国民からすれば、見えてしまう。

「黒人の大統領にまですれば大丈夫だろう」と思った、大変化のオバマですら、なにかあまり大きな変化を起こせてない気がしてる。

ということで、よく言われるのは、アメリカの一般市民というのはプロの政治家、それはどんな優秀そうな奴であれ、ジョン・F・ケネディーみたいな若くて志を持ってるような奴でも……。

まあ、ルビオみたいな奴だよね。そのような奴であれ、基本的には、「でも、どうせプロの政治家だろう?」というふうなことで絶望していると。

「だからこそ、トランプに投票するという人がすごく多い」というふうに言われて、「なんか、その気持ちわからないでもないな」というふうに思うわけよ。

トランプは本音言ってるだけマシ

というのは、これね、80年代のトラウマということもないんですけど。ニコ生では何回も言ってるんですけど。俺は80年代の自分自身のやってはいけなかった行動というやつで。

社会党に投票して村山政権を発足させたということと、あとその時UFO党に投票した、ということで。人生で一番考えて投票したやつがよりによって社会党とUFO党かよっていう、自分の中の後悔があるんだよね。

でも、あの時の自分を動かしたのは「とりあえず、既存の政党の中から誰も選べない」という判断だし。あといまだに、ちょっと次回から変えようと思ってるんだけども、まあ、「とりあえずは共産党に入れとけ」というふうに僕は言ったりやったりしてるのも、やっぱり既存の、民主党であれ自民党であれ、やっぱりこれもプロの政治家に対する嫌悪感なんだよね。

そういうふうなものがある限り、まだトランプみたいな奴は、デタラメだけども、本音言ってるだけマシじゃんと。それはもうプエルトリカンに対する差別がひどいし、黒人に対する差別もひどいし。もう本当にその意味ではダメなんだろうけども、ただ、単にダメな部分が見えやすいと。

いわゆる欠陥部品なんだけど、欠陥部品としてわかってるほうが、ヒラリーみたいに、本当は欠陥かもしれないんだけども、法廷で争っても欠陥を認めないような女よりは、髪型を含めて欠陥すべて丸見えのトランプのほうがまだマシというふうに考えちゃう。

それは別に僕だけの考えではなく。『正義のミカタ』でさ、豊島先生が先週フロリダに行って、予備選見てきたんだって。トランプの演説も聞いてきたんだけども。豊島(逸夫)先生がすごい嬉しそうに言うのが、「いや、ウォール街は案外トランプの味方なんですよ」というふうに言ってて。

それをCM中に言うから、「なんで本番で言わねえんだ!」って全員で怒鳴ったんだけども。豊島先生、「だって誰も聞かないんだもん」っていう堂々と答えてた(笑)。ウォール街が案外トランプの評価が高いというのは、かなりのびっくり仰天ニュースなんだけども。