メンバーとの距離が遠くなった時にどうすべきだったか

塩田元規氏(以下、塩田):次、3期です。あともう2個ぐらいで終わります。3期目はどんどん人も増えて、今のおしゃれなオフィスに移転して、めちゃくちゃワイワイしました。

ただ、その成長の過程で、組織が大きくなってきた時に課題も起こって、それでかなり辛い時期でもありました。

この写真の感じですごくワクワクが加速して、いろんなことをやっているんですけれど。

あ、これは3周年パーティの時の写真で。僕と香田がディープキスをしてるんですけれど、それは無視してください(笑)。

でも、当時は本当に自分が未熟でした。例えば、人を採用するときに大事なことって、「うちの会社の文化と相性いいか?」という、すごくシンプルなことがあるじゃないですか。なんですけれど、誘惑に負けてしまって、能力は高い人だけど、あまりカルチャーや考え方がフィットしない人を採用してしまって。そういう人ってやっぱり居心地が悪くなるので、いつか辞めちゃうんですよね。そういうところでジャッジミスしました。

また、創業した時は、布団を横にしてみんなと寝てたわけです。人が増えて、2、30人になってくると、その近い距離感がだんだん空いていくじゃないですか。さすがに僕も、もう家に帰って風呂に入るわけで、3年目くらいになると。

なので、僕との距離が遠くなるんですよね。そのときに、僕が好きだ、僕と一緒に働いていたいっていうメンバーは、すごく寂しくなるんです。創業1年目にいたメンバーがこの年に2、3人辞めたんですよね。

僕は創業したときから、「アカツキという会社は僕の会社じゃないし、世界をよくする場所にするんだ」とメッセージを出してたんですが、それでもやっぱりすごく寂しかったんだと思います。塩田元規とか香田哲朗という人を助けたいという想いで来てくれる人がたくさんいましたので。

それをもっと理解できて、僕達を助けることじゃなくて、会社の目指すべきビジョンに古いメンバーの意識を向けることができたら、もっと変わってたのかなと思ってます。こういう成長の歪みというかプロセスだと思うんですけれど、3期目の時に発生していました。

感じたことは、だいたい3年目くらいになって、組織も30~50人くらいになるとだいたいそういう壁が起こる。たぶん、ほとんどのベンチャーで起こっているんだと思います。そのときに自分自身のやり方とかキャラクターとかを含めて問われるわけですよね。そこでその課題に向き合いながら自己変革できるかが重要なんだと思います。

1人では背負えなくなるので、ちゃんと仕組みを作る必要があったりますし、自分自身のキャラクターも変わってく必要があります。その変化のなかで、自分自身と、そしてメンバー1人ひとりと向き合う。そういう当たり前のことをしっかりやるべきだと思います。

「止まない雨はない」困難に向き合って気付いたこと

最後です。4~5期ですね。壁を超えるとやっぱり人も組織もすごく大きくなると思ってます。

これは4周年の時の写真なんですけれど、こんな感じで新卒の子も5人入ってきてくれて。

中国に展開したり、あとこれは台湾ですね。台湾オフィス。やんちゃ感満杯ですけどこういう感じです。

来期には新卒が26人くらい入ってきます。

言いたいことは、4期から5期でまたさらに成長したんです。会社も組織もすごく強くなったと思います。むちゃくちゃ今、いい会社だと自分で思うんです。素晴らしい会社になってきたなと。

それは、課題に向き合い続けたから超えられた壁で、壁を超えたから大きく成長できたんだと思います。人が辞めてショックだった時にも、「自分は本当になにを大事にするんだっけ?」ということをつきつけられてるわけだと思うので、その問いに向き合い続けていたから、1つずつ進んで来られたんだと思います。

あとはどんな苦しいときも、当たり前ですけれど、「止まない雨はない」ということです。逆風のほうが、人は強くなるし、逆風のほうが空は飛べる。

「変わるものと変わらないもの」

時間も30分くらい経ったので、まとめにいきたいと思います。まとめの前提として、今日、僕は「こういうキャリアがいいですよ」ってお話をしたいわけじゃなく、僕のシンプルなストーリーを聞いてもらってなにか感じてもらえればいいなと思ってるんです。

ベンチャーみたいな場所って、フェーズによって組織とか経営者のあり方も、当たり前だけど、変わっていきます。それがとんでもないスピードで。

その時に、なにより大事なことは、自分自身の変化とか組織の変化とか、目をつぶりたくなるようなことも含めて、そこにちゃんと向き合い続けられるかだと思っています。自分がダメだって認めるのは一番辛いことだと思うんですけど、自分ができないことにちゃんと向き合い続けて、それを糧としてまた新しい成長につなげていくことが大切だと思います。変化し続けること。

でも、一方で、ただ変われればいいわけでもない。ブレない芯がすごく大切。それが会社や人の「哲学」や「らしさ」みたいなものだと思います。「変わるもの」と「変わらないもの」、その両方意識するというのがすごく大切だなと経営をしていて思うんです。

僕は、経営をしていたからそれを露骨に感じたんですけれど、多分、人生すべてがそうだと思っています。当たり前ですけど、どんな仕事でも働いたら自分の壁とかにぶち当たり続けると思うんですよ、むちゃくちゃ。でも、そこで向き合い続けて、諦めずに超えていけるか。

就活ってプロセスはむちゃくちゃ悩むと思うんです。そのなかで、ちゃんと悩んで、ちゃんと自分で決められるかがたぶんすごく大切なんだなと思ってます。

だから、向き合い続けて、もがき続けて、諦めないことがなにより大切。最初に決めることは、「諦めること」を諦めるって決めること、ですよね。「もうやる」って決めたら、もうやるんだってことなんですよ。当たり前ですけど、それが大事。

そして、「諦めない」と思い続けられるためには、なにかを信じてなきゃいけない。例えば、自分が今まで苦労してきた経験が自信になっているケースもあるし。誰かという人から自分は支えられてるという思いが自信になることもあるし。それはなんでもいいと思います。

「俺は守られてる」とかでもいい。「守護神いる」みたいなものでもいいと思うんです。でも、なにかを信じられていることは必要。勘違いして信じられないとダメだと思います。

自分が変われば世界が変わる

2つ目は「困難は実はギフト。試されてる 」。これも一緒なんですど、やはりたくさん課題や困難があって、「これ投げ出してやろう」と思うことはたくさんあるわけです。でも、見方を変えるとそれがやっぱり試されてることだと思うんです。「お前はどこまでその夢に本気なのか?」「こんな困難があっても続けるのか?」と。その問いに答え続けられるかどうか。

どんなことも見方によってすべて変わります。課題も見方によっては成長や進化のチャンス。それをしっかり意識して、「自分はこれからなにを学ぶのか?」ということを考えられるとすごく素敵ですね。

最後は、「自分が変われば世界が変わる」という。これはシンプルに僕が好きな言葉なんですけれど。「過去と他人は変えられない」という言葉も好きで。「変えられるのは未来と自分」というのを常に意識しています。自分が変われば人は変わるし。人に勝手に期待して、人がなにかやってくれないからキレるってすごくダサいなと思っています。

まぁ、ダラダラと話しましたが、苦しいこと多数だったんですけど、なんか楽しそうに見えますよね。起業して5年間の写真を見てると。毎日、最高に幸せだったと僕は思います。人生を味わいつくせてる。仲間との青臭い日々とか感動とか。あとは自分自身が能力だけじゃなくて人間として成長していく感じ。なのでマジ、ワンピースということですね。すごいいいですよね、この絵。

人生は自分の物語です。みなさんいろいろあると思いますけれど、誰かの人生じゃなくて、自分の人生を自分で決めて生きていってもらえればなと思います。その参考になればよかったなと思います。発表は以上です。ありがとうございました。

(会場拍手)

起業家たちはどんな目で世界を見ているのかを知りたかった

司会者:塩田様、ありがとうございました。では、質疑応答に移らせていただきます。ご質問のある方、手を挙げてください。立ってお名前と質問内容をお願いします。

質問者1:すごくワクワクするお話でした。

塩田:ありがとうございます。

質問者1:早稲田大学2年の○○と申します。質問が3つあります。1つ目が起業の経緯。2つ目がなぜアカツキが上場できたか? 3つ目が塩田さん自身のキャリア。

1点目については、たぶん、一橋(大学)とかディー・エヌ・エーで突っ走ってきたのは、お父さんが亡くなられたということで「命が有限だから」と感じて、すごく一生懸命にやってきたんだと思うんですけど。そこにどうして起業が結びつくのか。

2つ目に関しては、今、市場とかを見ていると「バブルが弾けそうだな」と思ってて。僕は今、成長してるベンチャーでインターンをしてるんですけど。なぜこのタイミングアカツキが上場できたのか。

3つ目が、孫正義さんとかが「50年計画」と言ってると思うんですけど。塩田さんが37歳を迎えたときに、そこからのビジョンがすごく気になるので教えてください。

塩田:ありがとうございます。1個目はなぜ起業に結びついたかですよね。すごくシンプルに言うと、そういう人たちにたくさん会ったからです。「ハッピーカンパニープロジェクト」を通して、いわゆる経営者とか起業してる人たちにたくさんあって。

僕、大学は横浜国立大学だったんですけど、電車乗るとみんな疲れてるじゃないですか。おじさんたちがけっこう。でも、起業家の人とか経営者の人って、エネルギーが満ち溢れてるんですよ。「俺、自分で自分の人生の責任取ってやってるから」みたいな感じが、まずかっこいいと思いました。

あとは、お会いした方々が人としてすごい偉大だなと思ったんです。頭いいとかじゃなくて、話すだけですごくこっちも幸福感が出るような、オーラみたいな感じかもしれないんですけど。

当時、「この人たち、どういう目で世の中を見てるんだろう?」ってすごい思いました。僕も、限られてる人生だったら、いろんな目で世界を見たいなと思ったので、それがけっこう起業の最初のきっかけだったかもしれないですね。