質問にどんどん答えながら進めます

司会者:株式会社mikan代表取締役兼CEO、宇佐美峻様のお話です。宇佐美様、お願いします。

宇佐美峻氏(以下、宇佐美):よろしくお願いしまーす!

会場:よろしくお願いいたします。 

宇佐美:株式会社mikanという会社を2年前に立ち上げてやっています。宇佐美峻と申します。

いきなりなんですけど、今回は、質問大募集ということで。僕、50分も話させてもらうことが初めてなんですよ。何をお話したらみなさんに“いいこと”を持って帰ってもらえるかなぁと考えたんですけど、一人で50分バーっとしゃべっても超つまらないんじゃないかなと思っちゃって。

みなさんから聞きたいことを聞いてもらって、どんどんそれに答える形式のほうが面白いと思ったので、どんどん質問を聞いていきたいと思います。直接手を挙げて質問していただいてもいいんですけど、ツイッターもやっているので。ハッシュタグ……そういえば、なんでハッシュタグないんですか、このイベント。すごく不思議だったんですけど。

とりあえず作っちゃったんで(笑)、Career Vision Forum、「#CVF質問」というのを付けて質問していただくか、もしくは、僕、@usatieというのがツイッターのアカウントIDなので、これ宛にメンションくれれば、ピコンピコンと来るので、それ見ながらやっていきたいと思います。

あと、質問じゃなくても、コメントみたいな感じでも全然いいです。「なるほど!」とか。「スクー(schoo)」みたいなことを本当はやりたかったんですけど、ないんですよね。いい感じでできるのが。そういうサービス作ったらいいんじゃないかなと思うんですけど。

今日、一応話したいことを、いくつか持ってきてはいるんですけど、こんなのが聞き出せるような質問をしていただくと、気持ちよく話せるかなという感じですね。

インターンが楽しくて、起業の道へ

まず、軽く自己紹介といくと、僕は1993年生まれで……ちなみに1993年生まれの人はどのくらいいますか? 92年生まれの人? 本当は92年の代なんですよ。早生まれで93年なので。ここらへんの人は、かなり同年代な感じですね。

小学校は早稲田小学校という学校を出ていまして、そのあとは、筑駒(筑波大学附属駒場中学校・高等学校)中高一貫で、東大に行きました。

クラウドワークスという会社とか、モビーダジャパンという会社とか、テレパシーというグーグルグラスの対抗馬みたいなものを作っていた会社とかで、インターンをさせていただいて、大学4年生のときに今の会社を作りました。

ここまでで質問がある方いらっしゃったら、手を挙げていただけると。

質問者1:早稲田大学修士1年の〇〇です。よろしくお願いします。

単純な質問ですけども。自分のなかで、一番、起業をしようというきっかけになったものは何ですか?

宇佐美:いきなりめっちゃ重いの来た~(笑)。

起業したいと思ったのは、インターンがやっぱりデカかったですね。クラウドワークスの吉田さんとかを見て、めちゃくちゃかっこいいんですよね!

話もすごくおもしろくて、仕事が楽しそうで、その間に、ほかのいろんな社会人の人にも会ったんですけど、どう考えても吉田さんが一番かっこいいし、おもしろそう。人生楽しんでると思って、そっちのほうが楽しそうだなと、ぼんやり思ったのが、きっかけっちゃ、きっかけですね。

あとでまたもうちょっと掘ってください。最初からそんなにやっちゃうとアレなんで。あとからいきたいと思います。

人生にある3つのフェーズ

では、1個質問もらったので、どんどん進んでいきたいと思います。

僕、人生には3つくらいフェーズがあるのかなと思っていて。まず1つ目は、「迷子の段階」。これはなにかと言うと、「俺、これから何をしようか」みたいな。就活するときに、「俺は何をやりたいのか」「どの会社に入りたいんだろう」みたいに、たくさんの選択肢から悩んでいる時期。

そして、最終的には2択くらいになると思うんですよね。「DeNAに行くのか、行かないのか」とか。「自分で起業するのか、しないのか」とか。これが2つ目の2択の段階。

最後の3つ目はは、やることが決まって、「俺は今、これをやるんだ!」という段階。

そういう段階があると思うんですけど、今、僕は3の実行の段階です。mikanをやるって決めて、会社作って、これをやるんだって決めている時期ですね。

ちなみに、みなさん、この1、2、3だと、だいたいどれに当てはまるかというのをお聞きしたいんですけど。

1だと思う人どのくらいいますか? 迷子だなと思う人。

(会場挙手)

じゃあ、2番目の2択の段階かなって思う人、どのくらいいますか? 

(会場挙手)

なるほど、なるほど。もう俺はこれをやるんだ、という段階の方? 

(会場挙手)

なるほどですね。1と2がわりと同じくらいの比率で、3がちょっといるという感じですかね。

迷子の時期が、やっぱり一番つらいですよね。つらいというか、大変ですよね(笑)。いろんな選択肢があって、何をすればいいかわからない。そういう時期は、こういう会に来たり、いろんな人に話を聞きに行ったり、どんどんしたほうがいいと思います。

2択の時期になったら、自分がどうしたいか。自分だけなので、あまり話を聞きに行ったりしても、正直僕はあまり意味ないと思います。めっちゃ聞きに行ったりしましたけど、でも、最終的に決めるのは自分。やりたいかどうか。「こっち」か、「こっち」か、みたいになっているので。

その時期までいったら、わりとラクなんじゃないかなと思います。今、2択になってる人は、けっこういい時期なんじゃないかなと思います。

3の人はもういいですね。大丈夫だと思います!

圧倒的にいちばん速く覚えられる英単語アプリ

僕、英単語アプリ「mikan」というのを作っているんですけど、知らない人もいると思うのでちょっとだけ説明します。

mikanは、「圧倒的にいちばん速く覚えられる英単語アプリ」です。年明けから、DAUが爆伸び中です! ここにいらっしゃる(松山)太河さんと(佐俣)アンリさん、僕の投資家なんですけど、太河さんとはあまり会わないので、報告も初めてするんですけど(笑)、この場で、報告に変えさせていただきたいと思います(笑)。

年明けからDAUが2倍以上伸びていて、超伸びてます。去年ですけど、App Storeの教育カテゴリ無料でもナンバーワンになりました。この間のバージョンで、App Storeのレビューの平均点が4.91という驚異の高得点で! 教育カテゴリを全部バーっと見たんですけど、そのなかでも、一番高い評価を付けていただいていました。

具体的に、どんな評価が付いていたかというと、「圧倒的に覚えやすい」「最強の英単語学習。もっと早くmikanに出会いたかった」「TOEIC100点くらい伸びました」「開発者のために課金したくなる」とか、ありがたいですね(笑)。あとは、「つべこべ言わずにこれ使っとけ!」とか。

こんな感じのレビューをいただくアプリを作っております。詳しく知りたかったらダウンロードしてみてください。Androidは今作り中なので、もしAndroidの方いたら、あとで連絡くれればβ版をお配りしたいので、よかったら連絡ください。お願いします。

ビーズクッションしかないオフィスから始まった

ここらへんで、もうちょっと質問を募ってもいいかなと思うんですけど。ちなみに今の段階で質問ありますか? あ、じゃあ聞きましょう。お願いします。

質問者2:なぜサービスと同じ会社名にされたんですか?

宇佐美:それはですね。クラウドワークスという会社でインターンをしていたと言ったじゃないですか。そのクラウドワークスの社長の吉田さんも僕らの投資家で、すごくアドバイスをいただいているんですけど。吉田さんが、「一緒にしろ」と言うから一緒にするしかない(笑)。

(会場笑)

それくらい、一緒にしろ派なので(笑)。そういう感じです。ほかにありますか?

質問者3:なんで英単語のアプリから入ろうと思ったんですか?

宇佐美:出た、その質問。待ってました! その謎は、およそ10分後に解けます(笑)。 はい、ではちょっとずつ進めていきたいと思います。

今までの歴史を振り返って、どんなことを話したらいいかマジでわかんなかったので、とりあえず写真をたくさん用意したんです。昔の写真とか。こんな感じなんだって思っていただければいいと思います。

オフィスを開設した頃ですね。2014年11月10日。何もないオフィスで、床とか超冷たいんですけど、みんなでオフィス開設というところ。これは、集合写真をタイマーで撮ろうとしたんですけど、ちょっと間に合わなくて走ってるところですね(笑)。

最初にこのオフィスに来ていただいたのが、イーストベンチャーズの太河さんとオビさん、BASEの鶴岡さんとかが来てくださって、人をダメにするビーズクッションというのをもらいました(笑)。オフィスに一番最初にあったものは、このビーズクッション。これ以外何もない、みたいな感じですね。

最初の仕事風景とかはこんな感じで。その次に手に入ったバランスボールとこの椅子しかないので(笑)、こんな感じで仕事をしていました。