日本語が話せる悪徳ガイドに注意! インドのアーユルヴェーダでだまされた話

バーグハンバーグバーグTV:【第086回】 会社をサボってインドに行きました #1/2

バーグハンバーグバーグのスタッフたちが仕事をサボって行ったインド社員旅行。「本格的なアーユルヴェーダを体験したんですよ!」と語る原宿氏。よくよく話を聞いてみると、汚い民家で、毛むくじゃらの人が出てきて、油で髪の毛をテッカテカにされて、料金12000円で……と、どう考えてもだまされているとしか思えない内容。そのアーユルヴェーダに連れて行ってくれた人はニコニコしながら日本語を話すインド人のガイドだったそう。海外旅行ではカモにされやすい日本人。日本語をしゃべりながら近づいてくる人には注意したほうがいいかも?

ガンジス川のほとりで12000円

原宿:僕でも、あれやりましたよ。アーユルヴェーダっていうインドの発祥のマッサージがあるんですけど。

僕はそれをガンジス川のほとりで本格的なやつを体験したんです。

セブ山:おおー、いいじゃないすか。

原宿:しかも、お得な価格で。

セブ山:インドですからね。

原宿:全部、1時間でまとめて6000ルピー。

セブ山:6000ルピー。これ日本円でいうとどれくらい?

原宿:12000円なんですけど。

セブ山:……これ、ちょっとどうなんですか?

原宿:いやいや、本場の体験だから。

セブ山:これって、それくらいなんですか? インドだと。

永田:1000ルピーくらいじゃないですか、たぶん?

セブ山:1000ルピー?

永田:良いとこでやって。

シモダ:いって2000円くらいまでかな? 「地球の歩き方」っていうガイド的にはまあ2000円って書いてありましたね。

セブ山:けっこう、倍以上。ありえないくらいのぼられ方ってことですよね。

原宿:いやいや、ガンジスのほとりですし。

神秘的な町の中にありますし。

インド人のガイドが言うには、そこが一番。

(一同笑)

セブ山:じゃあ一番良いとこなんですね。

原宿:一番良い所。

毛むくじゃらのジジイのマッサージ

ARuFa:きったねえ民家でしたよ。

セブ山:うっそお! 民家?

ARuFa:きったねえ民家の肉切る台みたいな上で、毛むくじゃらのじじいにこう。

ARuFa:めちゃくちゃにぼったくられてんですよ。

セブ山:そうですよねえ。

ARuFa:20倍くらいぼったくられてる。

セブ山:20倍!

ARuFa:ニセモノだってインド人が言ってたもん(笑)。

セブ山:インド人が!?

シモダ:俺らの行ってるグループん中でだまされてる奴って一目でわかるんですよ。髪の毛、油でべちゃべちゃになってる。

(一同笑)

シモダ:もう脳が弱い奴だって。

性格悪いグループと性格良いグループ

セブ山:どうなんですか? インドという所、ぼったくりのイメージですけど、やっぱりぼったくられる人は原宿さんに限らずいたんですか?

シモダ:基本的に2班にわかれて行ったんですよ。人数もけっこう多かったんで、A班っていう先発部隊と、B班っていう後発部隊。

セブ山:時期もちょっとずらして行ったんですね?

シモダ:そうなんですよ。そんで、まんなか2日だけかぶるようにしたんですよ。2日だけ、みんな一緒にいましょうねって。僕は引率の先生みたいな感じでA班にもB班にもいますよと。

どっちにもA班からB班に移動して、みたいなかんじでいたんですけども、A班はたまたま性格の悪い奴らが集まったんですと。

セブ山:ああ、なるほどなるほど……。

シモダ:B班はたまたま性格が良い奴らが集まったんですけど、やっぱ圧倒的にB班のぼったくられ率が高いというか。

セブ山:メンバーは誰なんですか?

シモダ:性格悪いチームは僕、永田、柿次郎。ギャラクシー、加藤、持長さん。これが性格悪いチーム。

セブ山:(笑)はいはいはい。

シモダ:性格良いチームは山口リーダー、もう完璧な良い人じゃないですか。で、まきのゆうきね。良い人じゃないですか、良い人感があるじゃないですか。で、ARuFaくんと原宿さんとかんちくん、かな? このメンバーだったんですけど。

セブ山:別に選んだわけじゃなくて、たまたま選んだらそうなったと。

原宿:5人中4人が髪の毛テッカテカで。

セブ山:え、ほかの奴も以外受けたんですか? 原宿さんだけじゃない!

シモダ:このアーユルヴェーダみたいなのに連れてったぼったくりガイドみたいなんがいるんですよ。

セブ山:それを仲介したもっと悪い奴がいるんですね?

シモダ:くそみたいな奴にひっかかってて、そいつがずっと着いてくんのよ。俺らもう「うわあ、面倒臭い奴来た」と。みんなで髪の毛テッカテカにしながら、「このガイド、サイコー」とか「日本語いけるー」とか言うてて。

セブ山:完全にだまされてるじゃないすか!?

インドで日本語しゃべれるやつの目的は……

シモダ:インドで日本語しゃべれるっていうことは、だます以外の目的がないんですよ、基本的に。それなのにニコニコしながら、くそガイドが。

セブ山:だからA班とB班が合流の時に。

原宿:BJって呼ばれてました。

原宿:アルバムとかも出してくるんですよ。今までの日本人旅行者と撮ったアルバムだよって言って出して、みんなが笑顔で「BJが良い人だった」「BJに会えて良かった」とかいっぱい寄せ書きを書いてあるやつを見せられて、信じ切った。

セブ山:「こんな良い人いるんだあ!」。

シモダ:でも、あれ書いたでしょ?

原宿:僕、書きましたよ。

(一同笑)

原宿:「アーユルヴェーダだけはやめろ」。

<続きは近日公開>

Published at

バーグハンバーグバーグTV

バーグハンバーグバーグTVに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、バーグハンバーグバーグTVに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 日本語が話せる悪徳ガイドに注意! インドのアーユルヴェーダでだまされた話
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?