バーグハンバーグバーグTV復活!

セブ山氏(以下、セブ山):お久しぶりです、ふっふぁかつす……復活しました。すみません、もう1回やっていいですか? ちょっと、もう……くっそう!

(一同笑)

セブ山:お久しぶりです! 復活しました、バーグハンバーグバーグTV。この番組は株式会社バーグハンバーグバーグをもっと知ってもらうための番組です。ナビゲーターはわたくしセブ山です。よろしくお願いいたします! そしてお相手は社長のシモダさんです!

シモダテツヤ氏(以下、シモダ):はい、よろしくお願いします。

セブ山:はい、よろしくお願いします。そして今回、社員ゲストには永田さん、原宿さん、ARuFaさんに来ていただきました!

永田氏(以下、永田):よろしくお願いします!

原宿氏(以下、原宿):よろしくお願いします!

ARuFa氏(以下、ARuFa):よろしくお願いしゃっす!

セブ山:はい、よろしくお願いします。

シモダ:やってまいりました。

セブ山:お久しぶりですよ、もうー。

シモダ:半年ぶり? もっとですかね?

セブ山:けっこう休止にしてから、「やんないんですか?」って、ねえ?

シモダ:よう聞かれますね。ちょっと短い期間だけ。年に何回かやろうよってことになって。スタジオも変わりましたから。

セブ山:スタジオを借りた? ああ、変わりました! 会社自体をね。

会社をストップして社員全員で行ったインド旅行

さあ、そんな久しぶりにやるTVですけれども、今回は「会社をストップして社員全員で行ったインド旅行」です!

ナレーション:今回のバーグハンバーグバーTVは、会社を全部ストップして社員全員で行ったインド旅行がテーマ。なぜ忙しい時期に会社をストップしたのか? なぜインドだったのか? その謎にせまります!

セブ山:というわけで、さっそくお話を聞いていきたいんですけれども。今回は社員旅行ことではあるんですけれども、そもそもなんでインドだったんですか?

シモダ:前に1回バーグでタイに行ってたんですよ、会社、ストップして。

セブ山:バーグTVでもやりましたね、はい。

シモダ:で、そのちょうど半年後くらいに、僕がインドに行ってきたんです。社員をおいて。

まあまあ貧富もすごい激しいし、ぼったくり多いし、汚いし、牛のウンコだらけやしって。これは、なかなか刺激的だなと。バーグのみんなにとって勉強になるんじゃないかなということで。

セブ山:社員のみなさんはどう思われてたのかな? インドという国に行くという。

熱波で2〜3000人が死んでるインド

ARuFa:インドについて調べたんですよ、前情報というか。

セブ山:行く前に? インドというのは、どういう国なのか。

ARuFa:そしたら、熱波が今年きてるらしくて、それで2000から3000人死んでます。

セブ山:え、熱波で?

シモダ:熱波で。

セブ山:熱波で2、3000人死んでる? 暑くて?

原宿:暑くてね。

ARuFa:調べたら、暑過ぎて道路が溶けてます。

シモダ:アスファルトがあまりの熱で、マーブル状になってるんですよ。

セブ山:えー!

シモダ:白線とか溶けてぐにゃーって、飴みたいになってるんですよ。

AFuFa:そこに「行こう」って言うんです。

セブ山:(笑)。

シモダ:そうなんです。

永田:嫌でしたねえ。

(一同笑)

全部地球のせいだ

シモダ:それは僕も思ってましたよ。

セブ山:ええっ!?

シモダ:だって先にチケットとかを確保してたんで。ほんで、その日しかなかったわけですよ、行くって決めた日。たまたま地球が、ね? 地球が悪いわけじゃないですか。

セブ山:意地悪してね、地球が。

シモダ:やめるって選択肢が、一般の企業だとあんかもしれないですけど、我々そんなこともいってられないくらい弱小なんで。とった場所の旅費がもったいない、と。

セブ山:なるほど、なるほど。

シモダ:写真の命か、旅費か。で、てんびんにかけたら、結局やっぱ旅費のほうをとっちゃった。

セブ山:行ってみらたどうだったんですか?

原宿:いやあ、暑いっす。

永田:暑い。

ARuFa:めっちゃ暑いっす。

セブ山:前評判通り(笑)。

シモダ:平均気温が45〜6度で、その時は。で、夜になったら下がるのかなと思ったら45〜6度なんですよ。歩いてたらもうパリッパリになった猫が足ピーンなった状態で死んでたりするんですよ。

セブ山:そんなとこに行ったら熱中症とかになるでしょう?

原宿:僕、なりました。

セブ山:原宿さん、なったんですか?

原宿:熱中症に……。

シモダ:でもまあ、予想されてた被害というか、戦争するときも1人も死なないとは思わないじゃないすか。

セブ山:……なんで急に戦争の話?

(一同笑)

セブ山:インドに戦いにいくつもりだったんですか、シモダさんは!?

シモダ:経験を得るために戦争に行くわけですよ、僕にとって。そこで何人かの兵隊は朽ちていくっていうのは、しょうがないことじゃないんですかね。

原宿:そしたら僕が傷病兵で、「衛生兵!」って言っている人になりますね。

その時の写真があるんですけど。普段の日本では考えられない顔してるんで、見てもらったら……。

セブ山:(笑)いやあ……すごい表情してますよね。

灼熱の中、ホテルではエアコンが止まる

原宿:ホテルもひどくて、エアコンがね、止まるんですよ。

セブ山:ええー! その状況で!

原宿:5階建てくらいの、僕ら5階に泊まって。エレベーターもないんで、階段でずっとダーって上がって。

セブ山:ええー……! どんなとこ泊まってんの!? もうちょっと社員旅行でもあるんじゃないですか!?

永田:けっこう良いホテル、そこが。

セブ山:ええっ!? インドでは?

原宿:そこわりと良いところ。Wi-Fiも一応あるし。

セブ山:いや、ほかのもんを整備しろよ! Wi-Fiとばす前に。

(一同笑)

ホテル従業員「これがインドだ」

原宿:冷房も止まって、「なんだこれ、冷房つかねえじゃねえか!」って5階からバーっと降りてって、「つかねえぞ!」って言って、係の人と一緒にまた5階までバーと上がって、係の奴がなんかすると一瞬涼しくなって。

またしばらく2時間くらいすると止まるんですよ。そいつももう諦めてんのか、「This is India.」って

セブ山:(笑)。

原宿:「これがインドだ」っていう名言を。

シモダ:電気の配線とかしょぼいから、すぐショートしちゃうんですよね。 で、ブレーカー上がっちゃうみたいな状態で。それが町レベルで行われるから、もうしょうがないんですね。

セブ山:故障とかじゃなくて、そもそも電気の問題で。

原宿:ARuFaくんと一緒に暑過ぎて、もう寝れなくて。

セブ山:同じ部屋で?

原宿:同じ部屋で。「助けてくれえ!」(笑)。

(一同笑)

原宿:叫び疲れて寝る(笑)。

セブ山:(笑)本当に戦争に行ってるじゃないですか!

原宿:熱中症なるかもっていって、一応持ってった粉末のポカリと塩飴。これが向こうで食べる塩飴のうまさ!

セブ山:(笑)。

原宿:んもう、塩飴が食べログ4.6叩き出してるくらいのね。

セブ山:(笑)良いとこ、いまんとこ1個も出てきてないんすけど。

シモダ:そこがまた、せせこましい日本じゃないってところがね。