新党結成の時期について

記者:産経新聞社です。今後について、分党した先にある新党をどういう形で、いつ頃立ち上げていこうとお考えでしょうか?

石原慎太郎氏(以下、石原):これは選挙法というものがありまして、いろいろクリアしなくちゃいけない問題があるようですんで、これに非常に詳しい藤井(考男)議員が責任持って、大阪と相談しながら遂行していかなければと思っています。

加えて申しますと、橋下さんには申し上げたんだけども、こういうことになった後、次の選挙では非常に問題があるだろうから、その時決して同士討ちにならないように、事務的な折衝をするような体制だけはとっておきましょうと。彼はこれにも同意してくれました。

安倍政権との接し方はどうするか

記者:時事通信です。今後、野党再編にどう関わっていくのか、あるいは安倍政権に対してどう接していくお考えなんでしょうか?

石原:安倍政権ってのを私は非常に高く評価してます。やっぱり「日本を取り戻す(安倍自民のスローガン)」っていうのはとても大事なことで。私は保守の源流として、これは成就しなければならない大きな命題だと思ってます。なにをもって日本を取り戻すかっていうのは、端的にいって自立・自前ということでしょうね。

橋下氏と別れる心境は?

記者:朝日新聞です。2点お伺いします。まず1点目が、今回分党せざるをえない結果となったことに対して、党の代表として責任はどうお考えでしょうか? それと、橋下さんとこういうような別れを迎える形となったことに対して、率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

石原:私は橋下さんって人物を非常に評価してますし、期待もしてました。私が知事の時代に彼と出会ったことが、僕の人生にとってひとつの開示だったと思ってます。ですから彼と袂を分かつということは非常に辛いですけれども、千昌夫の『星影のワルツ』じゃないけど、別れることは辛いけどね、仕方がないけど国のために私はこういう選択をしました。

記者:責任についてはどうお考えになってますか?

石原:責任っていうのはどういう事ですかね? 私たちは国会議員として党として、国民に対しての責任を負っているわけです。自分の政策を曲げてまで思ってもいない道を歩むことは、私たちを選んで期待してくれている国民に対しての背信だと思いますね。私はそれは出来ません。

なぜ「離党」ではなく「分党」なのか

記者:テレビ朝日です。どちらか一方が出て行く「離党」という形ではなく、「分党」とされたのはどういった理由からでしょうか? 政党助成金との兼ね合いもあるのでしょうか?

石原:わかりません。こういう細かい事務手続きに関しては(行動をともにする)藤井(考男)さんが精通してるんで、これからの問題だと思いますから、藤井さんに聞いてください。

記者:離党という形式をとるという話は出なかったんですか?

石原:あくまで分党です。考え方が違う。山に登るにしてもいくつかの登り口があるでしょうから、それぞれが選択したらいい。そういうことです。

今後、提携を模索する政党はあるか?

記者:先ほど野党の再編にも取り組んでいくご意向があると伺いましたけれども、具体的に、みんなの党ですとか民主党とかありますが、念頭においている政党っていうのはありますか?

石原:それはこれからの大きな命題だと思います。絶対多数を持っている自民党がこれからどういう動きをするのか。数を背景にしてあまり横暴逸脱なことをしないか、我々はチェックしなければいけないと思います。そのためにはある程度の力を持たなくちゃいけない。ただ、それはやっぱり見識を踏まえてのこと。

私は率直にいってね、維新の会の支持率もいろんな事があって落ちてきた、それから結いの党を見ても、支持率が1%にも満たない。こんな小さな政党が合体することが大きな引き金になるとは、私は思えない。あなたは思いますか?