【質疑応答・全14問】 石原慎太郎氏「維新の党」分党会見 「橋下徹さんには今でも期待している」

日本維新の会 分党へ 石原慎太郎共同代表 記者会見 #2/2

5月29日、維新の会からの分党について記者会見を行った石原慎太郎・共同代表。このパートでは、記者による質疑応答の全てを掲載します。

新党結成の時期について

記者:産経新聞社です。今後について、分党した先にある新党をどういう形で、いつ頃立ち上げていこうとお考えでしょうか?

石原慎太郎氏(以下、石原):これは選挙法というものがありまして、いろいろクリアしなくちゃいけない問題があるようですんで、これに非常に詳しい藤井(考男)議員が責任持って、大阪と相談しながら遂行していかなければと思っています。

加えて申しますと、橋下さんには申し上げたんだけども、こういうことになった後、次の選挙では非常に問題があるだろうから、その時決して同士討ちにならないように、事務的な折衝をするような体制だけはとっておきましょうと。彼はこれにも同意してくれました。

安倍政権との接し方はどうするか

記者:時事通信です。今後、野党再編にどう関わっていくのか、あるいは安倍政権に対してどう接していくお考えなんでしょうか?

石原:安倍政権ってのを私は非常に高く評価してます。やっぱり「日本を取り戻す(安倍自民のスローガン)」っていうのはとても大事なことで。私は保守の源流として、これは成就しなければならない大きな命題だと思ってます。なにをもって日本を取り戻すかっていうのは、端的にいって自立・自前ということでしょうね。

橋下氏と別れる心境は?

記者:朝日新聞です。2点お伺いします。まず1点目が、今回分党せざるをえない結果となったことに対して、党の代表として責任はどうお考えでしょうか? それと、橋下さんとこういうような別れを迎える形となったことに対して、率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

石原:私は橋下さんって人物を非常に評価してますし、期待もしてました。私が知事の時代に彼と出会ったことが、僕の人生にとってひとつの開示だったと思ってます。ですから彼と袂を分かつということは非常に辛いですけれども、千昌夫の『星影のワルツ』じゃないけど、別れることは辛いけどね、仕方がないけど国のために私はこういう選択をしました。

記者:責任についてはどうお考えになってますか?

石原:責任っていうのはどういう事ですかね? 私たちは国会議員として党として、国民に対しての責任を負っているわけです。自分の政策を曲げてまで思ってもいない道を歩むことは、私たちを選んで期待してくれている国民に対しての背信だと思いますね。私はそれは出来ません。

なぜ「離党」ではなく「分党」なのか

記者:テレビ朝日です。どちらか一方が出て行く「離党」という形ではなく、「分党」とされたのはどういった理由からでしょうか? 政党助成金との兼ね合いもあるのでしょうか?

石原:わかりません。こういう細かい事務手続きに関しては(行動をともにする)藤井(考男)さんが精通してるんで、これからの問題だと思いますから、藤井さんに聞いてください。

記者:離党という形式をとるという話は出なかったんですか?

石原:あくまで分党です。考え方が違う。山に登るにしてもいくつかの登り口があるでしょうから、それぞれが選択したらいい。そういうことです。

今後、提携を模索する政党はあるか?

記者:先ほど野党の再編にも取り組んでいくご意向があると伺いましたけれども、具体的に、みんなの党ですとか民主党とかありますが、念頭においている政党っていうのはありますか?

石原:それはこれからの大きな命題だと思います。絶対多数を持っている自民党がこれからどういう動きをするのか。数を背景にしてあまり横暴逸脱なことをしないか、我々はチェックしなければいけないと思います。そのためにはある程度の力を持たなくちゃいけない。ただ、それはやっぱり見識を踏まえてのこと。

私は率直にいってね、維新の会の支持率もいろんな事があって落ちてきた、それから結いの党を見ても、支持率が1%にも満たない。こんな小さな政党が合体することが大きな引き金になるとは、私は思えない。あなたは思いますか?

新党の目玉政策は?

記者:ジャパン・タイムズです。(行動をともにするのは)今の時点でどれくらいの規模・人数を想定しおられるのか、また新党の理念・存在意義についてはどうお考えで、政策としてはなにを掲げるんでしょうか? やはり新憲法なんでしょうか? 

石原:それは繰り返し申しますけどね、私たちが政治生命を賭けて遂行しなければいけないことです。改憲の問題もあるでしょう。

それから、日本がこのような国際情勢に置かれているなか、事が起こるたびに時の内閣が「遺憾の意」を表している。これは私は「遺憾の意」なんかではなく、「怒りの意」だと思いますよ。そういう日本人が鬱屈として持っている感情を鎮静させて、国民を安心させるためのいろんな措置をこれからとらなくちゃいけない。

集団的自衛権の問題もそうですけれども、私はその走りとして「尖閣を東京都が買ってもいい」ということで言い出したわけですけど。それが残念ながら妙な引き金となって、民主党が勝手に横から手を出してお金を積み上げて、持ち主を買収してしまったために妙なことになってしまったけれども。

こういった問題も私たちは焦眉の問題だと思いますね。それは中国の覇権主義を、私たちは防がなくちゃいけない。

私は個人的にチベットのダライ・ラマと親しくて、彼が来日するたびに会ってました。最近は外務省の反対で会わせてもらえないけども。それで、彼の代理人も合わせた2人から、チベットがどうやって収奪され、文化を民族を失い、中国の属国となっていったかということを逐一聞かされている。

私は日本にこういう運命を辿らせたくない。絶対に。私は日本を中国の属国にならせてはいけないと思う。子孫のために。それを講じるために、たとえ自分たちが自民党よりも保守的だと言われようが、するべき主張というのをしていなきゃいけないと思ってます。

人数・規模についてはわかりません。私たちの主張が党を超えて、どれくらいの人たちの共感を得られるか、どういう結束を生んでいくかということは、これから先のことでわかりません。

集団的自衛権で揉める自公について

記者:ニコニコ動画です。集団的自衛権に関連してなんですけれども、与党の連立組み換えという点から見ますと、特に公明党は石原代表らの行動に注目しているようですが……。

石原:私も公明党には注目しているんだよ(笑)。

記者:それで、集団的自衛権をめぐる与党協議が進まないという現状について、代表はどうお感じになられているでしょうか? 加えまして、こうした与党の情勢に新党として関わっていく可能性についてもお聞かせ下さい。

石原:私は前の党首討論の時も申し上げたんですけど、集団的自衛権の問題を巡ってこれからどういう展開になるか分かりませんが、安倍総理に申し上げたんです。「あなたね、必ず公明党は足手まといになりますよ」と申し上げたんです。その通りになってきてるんじゃないでしょうか?

現在の自衛隊が抱えるジレンマについて

記者:平沼先生にも今回のことについて、感想をお聞かせいただければ。

平沼赳夫氏:今、石原代表が言われた通りの感想を私はもっておりまして、それで行動を共にしたということでご理解ください。

石原:集団的自衛権について申し上げるとね、日本には個別的自衛権は果たしてあるんですか? 日本のように自衛隊を構えながら交戦規定がハッキリしていない、こんな国は世界中ないんですよ。

例えばね、ソマリアの海賊の退治に日本の海自が出かけた時にね、何人かのバカな議員が反対してピースボートなんかを仕立てて、それに賛成する連中が出掛けてって船をチャーターした。それで現地で海自を監視しているつもりになっていたら、非常に不穏な状況になって怖くなって、海上自衛隊に「いざという時は守って下さい」という依頼をした。

これはさすがに体裁が悪くなったのか、彼はそれを引っ込めてなにをしたかというと、本国に打電して海上保安庁ならいいだろうっていって、海上保安庁に「出てきて自分たちを守ってくれ」って言ったんだ。

これには防衛庁も非常に困惑して、現地にいる海自の艦船にどういう訓令をしたかというと、「相手が不穏な挙動をしたときに、警察官の職務実行法に則って、相手のやったことが禁錮6ヶ月以上に該当する類する行為なら取り締まれ」って。

外国に出向いてる自分の国の軍隊に、警察官の職務法に則って行動しろなんていうバカな訓令をせざるを得ない国がどこにありますか? これから実際に、いざという時急場に臨まなくてはいけない自衛隊が可愛そうですよ。日本には交戦規定が無いんだ。

分党を申し入れた際の橋下代表の反応は

記者:関西テレビです。分党を橋下共同代表に提案した時、橋下共同代表からはどういった表情で、どういった答えが返ってきたんでしょうか?

石原:「何故でしょうか?」と彼は当然聞きましたね。私は理由を申し上げた。

橋下氏への評価は揺らいでいないのか?

記者:フジテレビです。以前、維新の会と合流するときに、橋下代表について「総理大臣にしたい」とおっしゃっていましたが、今も彼を総理大臣にしたいと思われますか?

石原:彼は日本の社会のなかで、非常に稀有な存在だと思います。あんなに演説がうまい政治家を私は見たことがない。ただやっぱり、これから大成していきたいなら、もっと幅の広い教養を積む必要があると思います。弁護士としての才覚だけでは、大きな仕事はなかなかしにくい。でもそういう点で、私は彼に今でも期待してます。

有権者へどう説明するか

記者:テレビ朝日です。石原・橋下の2枚看板に期待した投票した有権者達へは、どのように説明するのでしょうか?

石原:今まで申し上げたこと事以外、言い様がないでしょう。自分たちの政治生命を賭けてる問題について、節を折るわけにはいかないんです。これは私たちに期待し、支持してくれた人たちに対する背信でしかないと思うから。同じような考えで行動する人間が何人もいると思いますよ。

Occurred on , Published at

ログミーNews

ログミーNewsに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 【全文】石原慎太郎氏「維新の会」分党会見 「橋下徹氏と目的は同じだが、登る道が違う」
2 【質疑応答・全14問】 石原慎太郎氏「維新の党」分党会見 「橋下徹さんには今でも期待している」

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?