価格のミスマッチで損する人をゼロに

松村大貴氏(以下、松村):こんにちは、MagicPriceの松村といいます。私たちは、世界中から価格のミスマッチで損をしてしまう人たちをゼロにするということをミッションに、今このMagicPriceという料金戦略A.I.を開発しています。

まずはホテル、エアラインといった旅行の料金設定の最適化に取り組んでいます。なぜこれを始めたかといいますと、私は前職のヤフージャパンで、アドテクノロジーの担当をしていました。そして1年前に子供の頃からの夢だった飛行機、旅行といった業界で仲間と会社を立ち上げました。試行錯誤しながらいろんなサービスにトライするなかで、気付いたことがあります。それは価格にだけテクノロジーがほとんど入っていないということです。

先ほどのハードウェアスタートアップのミートアップでも話がありましたが、プロダクトとか広告とか販路に関してはけっこうテクノロジーが進んできています。そういったサービスもすごく増えてきています。

でも価格決定や、サービスを何円で売るかというところに関しては、まだまだ経験と勘に大きく依存しているということを発見しました。それはホテルや旅行業界といったところで顕著な状況です。

MagicPrice3つの強み

みなさんニュースを見たことあるかもしれないですが、東京や大阪で突然の需要の乱高下で、ホテルが取れないといった事態が起きています。これ、実はホテルもそうなんですけど、旅行者も損をしている状態です。適切な価格より高すぎても安過ぎても両者に損が生じてしまっている。なので我々は、その課題を最新のテクノロジーで解決することにしました。それがMagicPriceです。

強みは3つありまして、自分でどんどん賢くなって算出精度を上げていく「機械学習」の技術。2つ目は、誰でもわかりやすくて勉強しなくても使い始められる「デザイン」。そして3つ目は、ホテルマンの方は兼業が多くてとても忙しいので、彼らの仕事を煩わせない「自動化」の技術です。これらはすべてアドテクノロジーからヒントをもらって着想しているものになります。

我々はこのMagicPriceという料金最適化ソリューションを、APIのかたちでホテルに提供していきます。それによって、彼らは宿泊者に対して最適料金を常に出すことができて、売り上げを高めていくことが可能になります。

TECH LAB PAAKで仲間ができた

最後に、TECH LAB PAAKでの6ヶ月を振り返ってみますと、すごく有意義な時間でした。エントリーしたときはまだすごくふわっとした着想段階のアイデアから、ニーズの確認や開発を進めるところまでできています。

僕、1人でスタートした事業だったんですが、今は4人の仲間が入ってチームもできました。開発段階なので売り上げはまだですが、4社から導入の検討をいただいております。1番よかったのは、この場所のコミュニティがすごく成長してきているというか、深まってきているということになります。

1番最初は顔見知り程度で「何をしてた人だったかな?」というのが、最近は毎日毎日顔を合わせて、一緒にお互いのビジネスプランをブラッシュアップしたりとか、お互いアドバイスしあったりして、すごくよい場所になってきています。

世界中の価格ミスマッチをゼロにすることを目指して、これからも活動していきますので、そのためにぜひ、4月からもPAAKに居たい。これからも使い続けて、このコミュニティに貢献してみんなともっと楽しくやっていきたい。ということでMagicPriceを作っている松村といいます。ぜひ、今後ともよろしくお願いします。

(コロプラ賞・オーディエンス賞を受賞)

「脳×教育」で新しい分野を開拓

青砥瑞人氏:DAncing Einsteinの青砥と申します。時間がないんですけど、強調したいのは(社名の)DAは大文字です。脳とDAで医学会ではドーパミンを表しています。今日は僕が生み出したい世界をご紹介したいです。

What We Do? NeuroEdTechというものです。聞いたことある人、いらっしゃいますか? いたとしたら、僕と話したことある人か、あるいは神の声かのどちらかだと思います。

NeuroEdTechというのがなにかといいますと、EdTechはみなさんご存知だと思います。NeuroはNeuroscienceを表しています。Neuroscienceって日本語にすると、神経科学です。脳というものを扱っている分野です。

ただ、日本では脳科学って言われることが多いですが、実は少し違います。神経科学は、脳というものを細胞や分子レベルから深掘る学問です。ぼくらはそれを教育に結び付けられないかなと思っています。なぜなら人間、教育したりなにか学習しているときに、実際に脳みそ使ってますよね。その細胞分子レベルの情報がしっかり教育に反映されたらおもしろいだろうなと、そんな新しい分野をこれから開拓していきたいんです。

3つの“I”をもとにアプローチ

じゃあそのアプローチってどんなのがあるんだろうって話ですが、3つの「I」からなってます。ラブです。

BIと、AIとRIです。BIってなんでしょうか? ビジネスインパクトではありません。Biological Intelligenceです。もう1つがみなさんご存知のArtificial Intelligence、そしてもう1つがRI。Real Intelligenceです。

どんなにAIだったり、Biological Intelligenceで脳のことがわかっていても、現場がわかっていないとダメなので、実際に教室に入って行動観察などを繰り返しながらこの3つのIを結びつけて新たな教育を作っています。

実際に使っているシステムがこれです。これは実際の人間の脳の仕組みです。解剖学の授業で習うと、こんなかたちで人間の脳の仕組みがわかってきます。みなさん注目しなきゃいけないの、どこかわかりますよね。ここですよ! DAです、DA!

ここがドーパミン出てるところです。ここの仕組みっていうのが、ここヒッポキャンパス、海馬って言われるところなんですが、そこに照射して記憶の定着率を高めたりしてくれます。こんなことを考えながら神経科学を応用しているんです。