得意の"矛盾企画"で初版3万部!
バーグハンバーグバーグ『群れない力』企画秘話

[第004回]書籍「群れない力」PR - バーグハンバーグバーグTV #1/2

初版3万部を記録した『群れない力』のキャンペーンサイトの制作を担当したバーグハンバーグバーグ。著者を野生動物と群れさせたり、facebookでのいいね!を執拗にアピールしたりと、いつもの企画力が光ります。

『群れない力』の作者を群れさせる

セブ山:アイディア誕生の瞬間ー! というわけでいろいろ聞いてきましたけど、そもそも今回は、とにかく"いいね!"を否定するんですけど、そこがブレまくっていると。この企画、アイディアってのは、どんなところから誕生してきたのかな? というところを聞いていきたいんですけど……。

まきの:そもそもコンセプトは、群れまくっている写真に関口さんを置くっていう、シモダが出してきた一枚の画像が発端ですよ。

シモダ:だから、『群れない力』って言われてぱっと浮かんだ時に、ウチとしては、ギャップといいますか、反対というか、おちょくるというか。そういう多少の悪意からモノを作ることが結構あるんですけど、群れない力が大事だって言ってる人が群れまくっている状態って、絵になるんじゃないかな? と思って……。たとえばこれ。

シモダ:最初に僕がイメージを作ったやつなんですけども、こういう絵が最初に浮かんだんですよ。

セブ山:(笑)。

シモダ:「あーこいつ、群れてるぅ」みたいな感じのとか。

セブ山:象の群れにね。

シモダ:牛とかね。これ、打ち合わせ初日に、ちょっと撮らせてくださいって。

セブ山:傘と鞄を持ったまんま、どこに群れてるんだ!? とか。

シモダ:こういう……。

セブ山:人がいっぱいいる中にいるとか。

シモダ:こうイメージがパッと浮かんで、それがメインビジュアル、キービジュアルかな? っと。

セブ山:なるほどなるほど。

シモダ:ツッコミ要素として「群れてるんじゃねーか」みたいな感じが、ソーシャルとかで波及すればいいかな? って思ってて。ただ、これ1本で行くのはちょっとワンパターン。

セブ山:うーん、この3枚だけだと寂しい。

シモダ:危険だな、って話になって、さっきもちょっと紹介しましたけど、テレホンカードがいいんじゃないかなと。

セブ山:なんでこれ、テレホンカードなんかな? って、ちょっと気になるんですけどね。

シモダ:さっきおっしゃってた通りですよね。使う場所がない。旧時代のものじゃないですか? そういう無駄なところにもお金かけて作って、プレゼントするって感じがいいかな?

群れさせるつもりが、『ウォーリーを探せ』に

セブ山:なるほど。自分たちでいろいろ、アイディアに肉付けしていく中で、ボツになったネタとかも、ちょっと聞いてみたいなと思うんですけど……。

まきの:たとえば、この写真から派生していって……。

セブ山:関口さん以外に人がいっぱいいてると。

まきの:大量の関口さんがいる中で……。

セブ山:大量の関口さん?

まきの:大量の関口さんの中で、たったひとりだけ、靴が片方脱げている。

セブ山:(笑)。

まきの:本当の関口さんを探そう! っていうのを、最後に作ろうかなと思ったんですけど……。

シモダ:子供のころね。みんな読んだと思うんです。あの、人がいっぱいいて、シマシマのね。

セブ山:いや、それはだから……『ウォーリーを探せ』ですよね? ようは。言ってしまうと。

シモダ:まあまあまあ。だから、「群れる」というのからちょっとずれていって、『ウォーリーを探せ』みたいなので、いいんじゃないか? で、そん中で、本物の関口さんを見つけれた人に、これ(テレホンカード)をプレゼントしようみたいな流れが……。

セブ山:懸賞クイズがあったんですね?

シモダ:みたいな感じも、ありなんじゃないかな? って。

セブ山『ウォーリーを探せ』にしても、けっこう難易度の高い最後の方のウォーリー。

シモダ:そうそうそう。ちょっと落としていった鞄とかカメラとかも見つけると、なおOKみたいな。

初版3万部! テレホンカードの応募倍率は35倍!

セブ山:それでもちょっとね。実際やるほうは、笑っちゃってたと思うんで。『群れない力』がベストセラーになって、2が出たら……。

シモダ:けっこう初版あったんで。なかなか調子がいい。 。 セブ山:へえー!

まきの:初版3万部とか。

セブ山:え! いいじゃないですか? 1万部でもいいって言われてるのに、3万部も刷られてる。

シモダ:それでね、ごめん、しつこいようだけど、テレホンカードの応募倍率も35倍くらいあるらしくって……。

セブ山:ええー!

シモダ:なかなか当たらないレアカード。

セブ山:レアカードですか?

シモダ:レアカードですよ! のりピーのテレホンカードか、関口さんのテレホンカードか、って言うくらいレアですからね。

セブ山:価値出ますね。

シモダ:出ます、出ます。

セブ山:ウォーリーとかも見てみたいんで、ぜひ、第2弾をやってください。だから、これ見てるみなさんもぜひ、買ってくださいということで、よろしくお願いします。

シモダ・まきの:お願いします。

セブ山:いろいろ聞いてきたわけなんですども、ここからちょっとね、シモダさんに、社長目線で案件を見たとき、どういう感想だったのかを聞いていきたいんですけれども。どんな反響ってのを想定してましたか?

シモダ:……?

セブ山:聞こえてましたか? 今回は尖った、「何が"いいね! "だ」ってソーシャル時代を否定するようなタイトルの案件でしたけども、出す前ってのは、どういうのを成功の基準にされてたのかな? とか、どれくらいの数値を想定してたのか?

シモダ:……?

セブ山:聞こえてますよね?

シモダ:聞こえてます、聞こえてます。

セブ山:はい、それをお聞きしたいんですけど。

シモダ:なるほど。

本の見どころは!?

セブ山:いつものコーナーです。どういうところを、成功基準に置かれてたのかな? と。

シモダ:やっぱ、1番は本が売れることですよ。話題になる。この本の存在を知ってもらう。それが1番大事だな、と思ってたんで。もちろんそこに関しては、興味は持ってもらえたんじゃないかなぁと思いますね。

シモダ:「"いいね! "なんてかっこ悪い。そんなのいらん! いらないことなんだ!」とガツン! と、かっこいいことバッチリ言えてるところに、下にドカンと"いいね!"ボタンが並んでたら、制作側と関口さんコミュニケーションがうまいこといってないような。

セブ山:そうですね。

シモダ:あれをみんながおもしろがってくれる。結果、本の存在を知ってみて、ちょっと読んでみようかな? って。

セブ山:なるほどなるほど。

シモダ:そこにつながっているんで、よかったなぁと思いますけどね。

セブ山:テレホンカードも、35倍の人気ですもんね。

シモダ:そう、35倍。

セブ山:なかなかFacebookの懸賞とかで、そこまでいかない。

シモダ:なかなかFacebookの懸賞とかで、そこまでいかない。

セブ山:いや、それ、オウム返しですよね(笑)。

シモダ:まんま、僕が思ったこと言うから。

セブ山:せっかくなんで、見てる方々も、おもしろい! 読んでみたいなと思いだしているころだと思いますんで、オススメの項目とか、こういうキーワードおもしろかったよ。というようなところを、お聞きしたいんですけど……。

シモダ:ま、全部ですよね。

セブ山:うーん……。全部なのはわかるんですけど、最後にそこだけ、ビシッと決めて頂いて。どういうところがおもしろかったのか?

シモダ:結構、多いから……絞れへんと言うか……。

まきの:まだ、難しい。

セブ山:あえてでいいですよ。あえて言うと?

シモダ:……。

セブ山:まきのさんどうですか? あえて言うと、どこがおもしろいですか?

まきの:……。

セブ山:あれ? ……読んでない? これ、読んでない? シモダさん?

シモダ:……。

セブ山:まだ、読んでない?

シモダ・まきの:……。

セブ山・シモダ・まきの:……。

『群れない力』 amazonへ

<続きは近日公開>

Published at

バーグハンバーグバーグTV

バーグハンバーグバーグTVに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、バーグハンバーグバーグTVに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 得意の"矛盾企画"で初版3万部! バーグハンバーグバーグ『群れない力』企画秘話
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?