チケットキャンプの転機

小泉文明氏(以下、小泉):おもしろいですね。各社苦労してローンチしたと思うんですけど。皆さんマーケットプレイスモデルなので、そのあとはけっこう2次曲線でバッといくと思うんですよね。

ずっと積み上がっていって、どこかでティッピング・ポイントでボーンって2次曲線で。そのポイントになる機能開発だったり、なにか思い出深い出来事があれば教えていただきたいと思います。笹森さん、どうでしょう。

笹森良氏(以下、笹森):チケットキャンプだと、4月にリリースして5ヶ月くらいトラフィックという波がまったく訪れないで、どうしたもんかなみたいな感じで、毎日試行錯誤してたんですが。

転機があって、サマーソニックというイベントが、毎年夏に東京と大阪で行われるんですけど、チケキャン上でサマーソニックのチケットが売買されるというタイミングが1年目の夏に訪れたんですね。これが初めての手応えでしたね。

小泉:「この機能追加してやばかった」みたいなのなかったの? 

笹森:CtoCの機能でブーストかかるものってたぶんなくて。僕らのKPIだと、何人訪れてそのうち何人が買って、いくら使ったか、MAU×決済率×単価というのを見てるんですけども。そこをブーストさせるものってあんまりないんですよ。単価はコントロールしにくい要素ですし。つまんないけど、地道だと思ってますね。

ココナラのマーケットプレイスの活性化

小泉:地道そうな新明さんはどうですか?

山田進太郎氏(以下、山田):ココナラはすごい変わりましたよね。初めは500円で買えるんだけど、アップセルできるみたいな機能ですごく変わった印象があるんですけど。どうなんでしょう?

新明智氏(以下、新明):もともとわかりやすいように、500円で全部やれるようにしていたんですけれども、そこからココナラに出品してくださってる方が活躍し始めていて、だんだん窮屈なモデルになったのも事実だったんですね。

どのタイミングでこの窮屈さを広げていくかすごく悩んでいたタイミングで、ちょうど2013年の終わりぐらいにそのモデルをだんだん崩し始めました。

崩すというか、どういうふうに上げていくかというイメージを持ちながら、プライシングを広げていったというのが実際の話です。

やっぱりそれをきっかけに伸び始めたカテゴリとか、今まで500円だったら出なかったんだけれども、1,000円、5,000円と上げることで、いろんなタイプの出品者さんが来るようになって、マーケットプレイスが活性化したというのはありますね。

山田:メルカリもさっきの笹森さんの話と同じで、何がきっかけでどうなったというのがすごい見えづらくて。もちろんプッシュをちゃんと送るとか、購入画面をどうするとか、チュートリアル変えてみたりとか、いろんなことをやって少しずつ数字が上がったりはするんですけど、なにかによって劇的に変わったというのはなくて。

やっぱり、各社を見てて思うんですけども、このモデルというのは本当に最初きついんですよね。最初の半年とかは本当にニワトリと卵みたいな感じで、出品者がいないから購入者もいないみたいな感じになって。

それでも地道にある程度インストールした人、もしくはWebを訪ねてきた人が出品してくれると、ほかの人が購入してくれるみたいなものを地道にチューニングしていくことによって、ようやく人がまわるようになってきて、一点を超えるとワッと増えていくみたいな感じで、うちも何かが良かったというよりは、日々地道に改善していくことかな、という感じがしますね。

起業時の仮説モデルを再検証

小泉:中長期な話で、今後の機能開発、もしくはまったく新しいプロダクト、この辺にチャレンジしたいんだよみたいな話をもらえればなと。

今後こんな感じで発展していくよとか、社としてどう思っているかというのでいいんですけれども。

新明:ココナラを始めて3年ぐらいで、いろんなことをやってきたんですけど、最近バック・トゥ・オリジンという感じで、起業時にプロダクトを作ったときの仮説とか、モデルみたいなものをもう1回全部見直していたら、そもそもその時に立てたモデルの理解度も深くなっていて、実際はそこのモデルは正しかったというのがだいぶ見えてきた最中です。

なので、今から機能を追加するというよりは、どちらかというとかなり減らしていく。それからユーザーをちゃんと特定して、そこに当てていくような、そういったスリムにバシッとモデルに即したかたちにもう1回ファインチューニングしていこうかなと思ってます。

そんななかで、新しい機能ということではないですけど、ココナラはもともとやっていた世界観がわりと広くて、当時「モバイルでやれば?」と言われていたんですけど、モバイルでやるにはちょっと難しかった。

あまり想像ができなくて、モバイルのところをやらずにPC、Webで伸ばしてきたんですけれども、今から少し……アプリの領域ですね。

提供するユーザーにどういうものを届ければいいのかというモデルがだいぶ見えてきたので、ちょっと絞ったかたちでアプリを出していければなと思っています。

チケットキャンプが描く理想のサービス

笹森:仮にチケットキャンプ2.0みたいな姿があるとしたら、今、スマートフォンが中心になっているじゃないですか? チケットキャンプも70〜80パーセントぐらい、アプリ・ブラウザもふくめてスマートフォンからの取引になっているんですよ。

エンタメを扱っている商材なので、スマートフォンの中身ってめちゃめちゃその人の音楽に関する趣味嗜好が詰まっていて、それはiTunesのデータだったり、カレンダーの予定だったりするんですよ。

これまでは、例えば欲しいライブのチケット検索をして、それを取りにいくみたいな集客行動が力点だったんですけど。

これからは、スマートフォンのデータを解析して、最近始めたのだとiTunesのデータ等にチケットキャンプのデータベースをくっつけて、「あなたが今聞いている奥田民夫のライブが、広島で明日あるんですよ」「チケキャンなら半額」みたいなそういうプッシュが届いたらスマートだし、そんなサービスが実現できたらおもしろいなと思っています。

実は一部始まっていたりするんですけど、そこに位置情報をかけると、「今日、渋谷公会堂で、あなたが聞いてる音楽に近いチケットが70パーセントで売っているんですけど、しかも最前列みたいな、どうですか?」みたいなものがどんどんプッシュで流れてきたら、すごい音楽体験が増えていったり豊かになってくるかなと思うので、次はそういうフェーズでやっていきたいなと思っています。

メルカリの新しい顧客体験

山田:メルカリはもともとグローバルをけっこう意識してやっていて、ちょうど今アメリカにフォーカスしていて、エンジニアやプロダクトのプロデューサーが40人ぐらいいるんですけど、9割ぐらいはアメリカの優先順位でやっています。ソースコードは基本的には1つなので、アメリカの改善は、日本にも当然影響はするんですが。ということで、とにかく海外をやっていきたいなというのがある。

それから、CtoCはけっこういろんな可能性があるなと思っていて、これからUberとかAirbnbみたいな広義の意味でのCtoC。シェアリングエコノミーみたいなものだと思っているので。

今ちょうど、ソウゾウという子会社をつくって、松本(龍祐)君が1個新しいアプリを作っていますけども、メルカリのログインとかIDを利用して、我々の中で経済圏みたいなものを回していくということもやっていきたいと思っています。

もう1つあるのがコマースのほうですね。やっぱり楽天とかアマゾンみたいなモデルが最終的なものだとはぜんぜん思わないので。もっとモバイルで新しい体験をBtoCでも、つくっていけるんじゃないかと思っているんで。

基本的にはその3本柱でかなり全方位に拡張していきたいなと思っていて……今ちょっと無理が出始めているという(笑)。

(会場笑)