留学したい人は何から取りかかればよいのか

DaiGo氏(以下、DaiGo):さっき英語力の話が出たと思うんですけど、たとえば、これから留学したいと思っているときに、「どこから手をつけたらいいのかわからない」というのが正直なところだと思うんです。

猪俣先生は、留学の支援の団体とかやられてるんですよね。だから、僕はお世話になろうかなと思ったりとかしてるんですけど(笑)。

これから留学を考えてる人たちに、最低限何をすればいいのか、何から取りかかればいいのかというのをぜひ教えていただけると嬉しいんですけれども。

猪俣武範氏(以下、猪俣):僕の中では、まず一番はいつ留学するかを決める。まずはそれを決めないと、いつまでたっても英語の勉強もできないので。忙しいじゃないですか、普段。なので、いつしたいかというのも明確に決めて、それにめがけて逆算的にやってくというのが一番おすすめだと思います。

「4年後に行きます」と決めたら、それを落とし込んでいき、1年間でどれぐらいやるとか。4年後オリンピックまでにとかいいかもしれないですね。たしかにね。

柳内啓司氏(以下、柳内):まず、ゴールを決める。

DaiGo:たしかに。僕は都内に住んでるんですけど、「オリンピックで人がごちゃごちゃするのやだな。どっか行きたいな」とか思ってるから、オリンピックと同時に日本から消えるとかありかもしれないですね、これは。逆にオリンピック見ないで留学するという。これはあたらしいな。

猪俣:それすごいですね。

柳内:「東京オリンピック、海外でこんな感じですよ」というニコ生をするみたいな(笑)。

DaiGo:それは、おもしろいですね(笑)。じゃあ、まあ、いつ留学するか決めて逆算していくと。

履歴書を充実させる必要がある

猪俣:その上で1つ必要になるのはTOEFLの試験の点数は必ず。普通の大学院に行く場合は必要になると思うんですよね。現地に行くだけだったらば、もちろんそれは必要ないですけれど。

TOEFLの勉強をしてると、ライティングとリスニングとリーディングとスピーキングをそれぞれ勉強するので、実生活にかなり役立つと思う。そういった意味でもいいかなと思います。

あと大事なのは、日本でやっておくことは「貢献」というか。向こうに行くと一番履歴書で見られるのは、試験の点数とかもそうなんですけど、こいつがどれだけ自分のコミュニティに貢献してきたかとか。リーダーシップ能力とか、その人そのものを評価されるという。

日本みたいに瞬間最大風速の試験の点数だけじゃなく、もっと履歴書を充実させなきゃいけないんですよ。DaiGoさんだったら大丈夫ですけど(笑)。

なんでもいいんですね。勉強回主催してたとか。それこそ部活のキャプテンだったとか。履歴書を埋めなきゃいけないので。あまりにもそれがスカスカだと、やっぱり採点官も「こいつ勉強はしてるけど、ほかのこと何もしてないんだな」ということになってしまう。

結局、彼らが求めてるのは、大学に来て、大学にとってどれだけ利益を生み出す人材なのかというところなので。その後、卒業したあとも、どんなふうに活躍するかということを見てますから。それを示しておかなきゃいけないと思うんです。

DaiGo:それは本当に日本の大学とぜんぜん違いますね。

猪俣:ぜんぜん違うと思いますね。

柳内:たしかに。(コメントにて)「ニートおしまい」って。

猪俣:そんなことはない。

柳内:そう。就活みたいですね。「あなたの一番学生時代頑張ったことは何ですか?」みたいなことで、頑張ったというよりは貢献したことを聞いてくるという。

DaiGo:たぶんその比率がめちゃくちゃ重いということですよね。就活とかとは違う。

猪俣:そうだと思いますね。

柳内:それはハーバートでもそうなんですか?

猪俣:とくにハーバードとかはそうだと思います。もちろんビジネススクールもそうですし。全体がそういう雰囲気。いいのか悪いのかはわからないですよ。それがアメリカの場合は打算的になっていて。

学生はそういうのがわかってるので、もう早めにそういうことをみんなやるんです。大学生の頃から、ボランティア行ったりとか、いっぱいそういうコネクション作りに走るんですけれど。まあ、いいことをしてるわけなので。

柳内:外圧であっても、そうやってやってくという国になっているということですね。

猪俣:だから、どっちがいいかわからないですけれども、そういうのを日本では準備しておくというのを。そういうのは時間かかるじゃないですか。急には身につかないですし。なので、早めにそういうのをしておくというのが。

その3つですかね。「英語」と「いつ行くかを決める」と「貢献をしておく」という。リーダシップを取るような経験を積んでおくという。

柳内:わかりやすい。

DaiGo:すばらしいですね。これはだいぶ参考になりました。俺、貢献しないと(笑)。

留学は何歳からでも遅くはないのか?

DaiGo:今出てたコメントで「何歳になっても遅くないですか?」というのがあったんですけれども、けっこういましたか、年齢的には?

猪俣:いろんな留学があると思うんですけど、たとえば、2年間のフルタイムの普通のMBAだと少し若いかもしれないですね。30歳前後。若いと言っても30歳前後で。ただ、いろんなクラスがあるので。30~40歳向けのビジネススクールの同じようなコースもありますし。

僕が行ったのはエグゼクティブクラスだったので、もう40歳ぐらいの平均だったんです。少し管理職向けのコースとか。いろいろあるのでそれぞれのご年齢でいけると思います。

DaiGo:MBAにもいろんなコースがあって?

猪俣:微妙に分かれてるんですよね。海外の場合はとくに。

柳内:社会人経験有りとか無しとか?

猪俣:そうです。でも、けっこう来てましたよ。僕のクラスメイト、50歳の人とかもいましたし。

柳内:日本だと部長みたいな?

猪俣:部長みたいな人ですね。それが醍醐味なんですけど、その人の生きた経験を聞けるというが。そういう人とも異国の地で友達になれるというのがいいところかなと思います。

柳内:さっき(コメントに)「30歳でも大丈夫?」と書いてありましたけれども、それはOKですね。

猪俣:30歳はぜんぜん大丈夫。

TOEFLで必要な点数は90~100点ぐらい

DaiGo:今、(コメントに)「TOEFLは何点ぐらいいるんですか?」という。

猪俣:一応、大学にいるんですけれど、トップスクールと呼ばれてるところは90~100点ぐらい必要と言われてますね。

DaiGo:じゃあ、ここらへんを目標に考えていけばいいということですね。

猪俣:そうだと思います。

柳内:TOEFLは、すごいバカみたいな話ですけど、TOEICと比べて、点数が満点とかじゃないんですよね。相対的なやつなんじゃないんでしたっけ。違いましたっけ?

DaiGo:TOEICが990点満点が偏差値みたいな感じでしたね。

猪俣:そうですね。TOEFLは30点の4セクションなんですよ。だから、120点満点で。パソコンと話すみたいな。

DaiGo:(TOEFL)iBTでしたっけ?

猪俣:そうです。

柳内:今、もう全部それですか?

猪俣:今、もう全部それです。ペーパーもあるんですけど、今はなくなったのかな。本番では使えないのかもしれないですね。なので、基本的にはパソコンにスピーキングで吹き込むみたいな感じで。4時間ぐらいの試験でかなりきついです。

DaiGo:それは場所は試験会場とかじゃなくて、もうパソコン?

猪俣:TOEFLで試験会場があるんです。「今日は東京会場のここでやります」みたいな感じで。

DaiGo:常設とかじゃなくて、「今日ここでやります」みたいのがあって行くという感じなんですね。

TOEFLの試験センターはまるで「一蘭」!?

猪俣:TOEFLの試験センターみたいのがあるんです。そこに前もってインターネットで申し込んでおいて、当日行って。机が分かれてて、ラーメン屋の「一蘭」みたいになってる。

柳内:味集中カウンターというやつ?

猪俣:一蘭で試験を受けるという感じなんですね。

柳内:替え玉できない一蘭みたいな感じね。

猪俣:たまに中には一蘭じゃないシステムTOEFLもあります。仕切りがないんですよ。もうぜんぜん集中できない。

柳内:そっか、隣もパソコンとやってるんですよね。

DaiGo:味に集中できないですね(笑)。

猪俣:だから「場所選びも重要」とかよくみんな言ってます。

DaiGo:TOEFL受けたことがある人どれぐらいいるのかな?

猪俣:どうなんですかね。たしかに集中力4時間持たないですよ。

柳内:そこもなにかテクニックね。集中力の話も聞きたいですよね。

DaiGo:そうですね、この話し始めると、話が始まっちゃうんですけど、MBAだと、経験者の人とかやったことある人のブログとか見ると、もう死ぬほど課題が出て息つく暇もないみたいな。

猪俣:いや本当、宿題、日本と違ってすごく多いですよね。

DaiGo:(コメントに)「途中でブチ切れかけたTOEFL」(笑)。

猪俣:「ポイフル」(笑)。

DaiGo:ポイフルは違うやつだよ。

柳内:グミだよ(笑)。

DaiGo:西内まりやちゃんがCMしてるやつね。

柳内:『じょいふる』はいきものがかりね。少ないですね。やっぱり。

DaiGo:日本は「TOEIC、TOEIC」言ってる人、けっこう多いですけどね。

猪俣:TOEICですよね。

柳内:企業で受けさせるのも基本TOEICですよ。

猪俣:あれなんででしょうね。たしかに。

DaiGo:でも、世界的にはTOEICよりもこっちのほうが使われてるみたいな話も聞きます。

(コメントにて)「ジョイフルはお笑い芸人」と、それはどうでもいいんだ(笑)。

柳内:大喜利になってたんですよ。「タミフル」とかも来てましたね。医師としては反応しちゃいますよね。