カヤックpresents「正しいサボり方研修」

三好晃一氏(以下、三好):今日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。人事の三好です。ゆるゆると始まってしまいましたが、今から始めたいと思います。

今日のテーマは、「正しいサボり方研修<休憩のとり方レクチャー>」です。これから1時間半ぐらいかけて、ブレストと、あと今日来ていただいた西多先生から「休息のとり方」のレクチャーをしていただきたいと思います。

最初にまず、なぜこんなことやろうかと思ったのかという大前提のところを。やなさん(柳澤大輔代表)が1月最初にアップしたブログ(カヤックが考える「健康経営」の話。#面白法人カヤック社長日記 vol.2)の話を1分間ぐらいでしてもらいたいと思います。お願いします。

柳澤大輔氏(以下、柳澤):おつかれさまです。今日は外部の方もいらっしゃいますが、ブログに書いた話について改めてお話したいと思います。

健康な社員が会社を健康にする

(カヤックは)もともとクリエイターが9割の会社なので、職種をそろえて、「この仕事が天職だ」という人を集めれば、それだけで職場環境が楽しくなるし、健康でいられるだろうと思っていたんだけど、必ずしもそういうことでもない。

健康というのが、ここ最近自分のなかでも「だいぶテーマとして大きくなってきたな」と感じていたところ、世の中でも「健康経営」という言葉が言われ始めました。

たとえば会社、つまり法人という、人間が作った人工物に対しての“健康”というのは、財務の話になると思うんです。結局、利益が出ていれば健康的な会社ということになる。

ですが、そういうことじゃなく、「健康経営」と、今、言われているのは、会社のなかにいる「社員の健康」という意味で使われているんだと思います。

外部の方から見れば「会社の健康とはそういうことじゃないよ」という指摘もいろいろあるかもしれません。ただ、会社のなかにいる社員が健康じゃないと、当然、作られている会社も不健康になってしまうから、それにしっかり取り組んでいく、と。そういう決意のブログを書いたというのがここまでの流れです。

3つの軸で「健康経営」を考えていく

そのなかで実は人事部と一緒に、今、3つに分けて考えていて。1つは、まず意識を変えていこうと。健康に対して、しっかり取り組んでいくと意識を変えること。それは、たとえば、今日は西多先生ありがとうございます、こんな風に専門家の立場からお話をいただいて、意識を変えることとか。今、社員自身も自らの健康法をメルマガで紹介しあってくれたりしていて。そういうことをやってます。

2つ目は、具体的にしっかりデータを取って、科学的に健康を促進することです。KPIを立てて、人事部として指標を設けて、健康保険料を下げるとか。いろんな指標ができると思っています。そのデータを基に、ちゃんとやっていこうというのが2つ目。

3つ目は、これを今日ブレストしていただくと思うんですが、面白法人カヤックって「会社自体が面白くありたい」という会社だから、考えた健康施策が外から見ても「面白いよね」って言われるように。

実質的なほうがいいんだけど、もしかしたら、ネタになっちゃうようなものもあるかもしれない。それでも、意識があがることになると思うし。外向きに発信できるものができればいいし、なくてもいいし。そんなこともできればいいなと。

この3つの軸で人事部は考えているということで、今年1年の目標となります。

三好:ありがとうございます。

スタンフォード大学の西多先生

こんな感じで始めていきたいと思います。じゃあ、先生のご紹介を。

西多昌規氏(以下、西多):簡単でいいですよ。

三好:こういう方ですね。スタンフォード大学の精神行動科学の先生になります。今日は、休息と仕事効率のお話をしていただきます。そのあとに質問タイムも設けているので、ぜんぜん関係ないことでも気になることがあればぜひ聞いていただければと思います。それが終わったあと、20、30分みんなでブレストをして、次の施策とかを考えていきたいと思います。では、さっそく。

西多:それでは、皆さん、こんにちは。西多昌規といいます。今日は『「休めない日本人」のための正しいサボり方』。タイトルは本当にこんなのでいいのか、サボることを大々的に正当化していいのか、という問題がありますけれど。

ここ(カヤックオフィス)に来るのは、私は初めてですけれど、やっぱりシリコンバレーの会社とよく雰囲気が似てるなという感じですね。真似して作ってるのかもわかりませんけど(笑)。

パッと見、さらっと10分くらいみなさんのことを見てる限りでは、みなさん若くて健康そうだなと見かけでは思ったんですけれど、果たしてどうかと。というわけで、今日は30、40分くらいでかいつまんでお話ししたいと思います。

話の途中で、主にみなさんの職種向けのストレスチェックみたいなものを発見しましたので、やりたいと思います。妥当性は不明です(笑)。

「風邪でも休めない」日本人の特性

まず、このコマーシャルを見ていただければ。別に私はここの製薬会社の回し者でもなければ、この製薬会社をdisるわけでもないんですけれど。

(有吉弘行出演。「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」というコピーのCM)

「風邪でも、絶対休めない」。これ、日本らしいですよね。有吉さんぐらいの方だったら「風邪のときぐらい休みましょうよ」と思うんですが。日本人的な。

これ、外国人だとなかなか理解できないかもしれません。風邪のときは休む。いないなら、いないでなんとかする。もうしょうがないと。

日本人はどうしても無理をして働こうとする。このコマーシャルは最近のものらしいですけど、これはいかにも日本的ですよね。

ほかにも日本だと、私はアメリカ人になったわけではないですけれど、風邪をひくと「自己管理がなってない」と(言われてしまう)。

ただ、風邪とかインフルエンザは、ウイルスと免疫、自分が弱ってるかどうかの兼ね合いですので、自己管理をしていても、どうしようもない場合があるんですね。完全な自己管理は自宅警備員に徹して、冬は外にいっさい出ないと。それは無理ですよね。だから、どうもよくない。

主に今日は「休む」とか「サボる」というお話ですけれど、休みとか休暇について大学や研究機関はいっさいそういう調査をやってないです。だから、民間会社に頼らざるを得ない。

とくに国際比較などは、調査対象のチャンネルがなさすぎるので、どうしても、WorldwideなExpediaとかに。

これを見ると、このように、予想できるありがちな展開ですけれど、日本は「支給された有休」も下のほうであれば、支給された有休の「消化率」も圧倒的に少ないという結果なんです。