アフリカで50社以上を経営する男

司会:みなさん、本日はお集まりいただきましてありがとうございます。今回のこのイベント、前半は金城拓真さんの出版記念講演、後半はDMM.comの亀山会長をお招きしてのスペシャル対談をお届けしたいと思います。

それでは早速金城さんをお迎えして、ご自身と、アフリカでのビジネスについて語ってもらいましょう!

(会場拍手)

金城拓真氏(以下、金城):みなさんこんにちは。金城拓真と申します。

「世界」で働く。 アフリカで起業し、50社を経営する僕が大切にしていること

先ほど、著書にサインをさせていただいてたんですが、その席で「金城さんてこんな人だったんですね」って何回か言われました。

「アフリカで50社以上経営している」っていうと、どんな熊みたいなやつが出てくるんだろう、どんないかついのが出てくるんだろうと思っていたら、こんなガリガリの声の高いやつが出てきたと。

それで意外に思われて、ヤバイやつじゃないかと怪しまれることが多いんですが(笑)、決してそんなことありません。

ぼくは2年か3年前に大臣表彰を受けましたけど、その時にどうやら「身体検査」をされてたらしいんです。「マフィアと付き合いはないか」とか「違法行為してないか」とか。そういうのを一応クリアして表彰されていますから、まあまあクリーンな人間として扱っていただければうれしいです(笑)。

金城って何者なんだ、アフリカで仕事やってるというのはネットなんかに出てるから知ってるけど、どういうふうにやってるんだ、という向きもあろうかと思うので、簡単に説明させてください。

学生時代に韓国の中古車をアンゴラで売る

金城:ぼくがアフリカ向けの仕事を始めたのは2003年でした。当時大学2年生の春でしたね。韓国の大学に留学してたんですけど、そこでたまたま出会ったアンゴラ人の友達と仕事を始めることになったんです。韓国の中古車をアンゴラ人に売る、という仕事です。

当時はまだ、アンゴラは内戦中で危険なイメージがあったんですが、ぼくはあんまり気にしてなくて、アンゴラで売れるんだったら送ろうと、気軽な感じで始めました。

そうしたらなんと、そのアンゴラ人のお父さんが、警察のトップだったんです。そのコネでばかばか売れるんですよ。それこそ2ヶ月先に送る車の代金がもう振り込まれているという、すごくおいしい商売でした。

そして大学を卒業したとき、じゃあ日本車を売ろうかと。日本人だし。それで日本車を送るようになったんです。もちろん売れると思ってました。それまで売れていたし、それはぼくらの商品やサービスがいいからだと思っていた。

でもそれは完全な勘違いでした。なんのことはない、それまではただ単に、友達の父親のコネで売れていたんですね。

それがわかっていなかったぼくは、アフリカへ片道切符で行ったんです。車が売れて帰りはファーストクラスだ、なんて意気込みながら。

しかし、まったく売れなかった。どこの馬の骨かわからないぼくに車1台分の大金を支払う人はひとりもいなかった。資金がどんどんなくなっていくのに、できることが何もない。この時のつらさといったらなかったですね。

しかし何とかそういうことを乗り越えていまこうしてしゃべらせていただいている。これはもう目茶苦茶ラッキーだと思います。

アフリカのビジネスはコネがすべて

金城:さきほど本にサインをしていたとき、多くの方が「わたしもアフリカでビジネスをしたいんです。何かヒントをください」とおっしゃっていましたので、そのあたりを少ししゃべります。

アフリカのビジネスをひとことで言いますと、「コネがすべて」。

大学在学中に起業したとき、メンバーは4人でした。2人がアンゴラ人でぼくともう一人が日本人。その4人が卒業と同時に2人ずつに別れて、片方は韓国に残った。ぼくと一緒に日本に戻ってくれたのが金谷さんといって、いまでもうちの会社にいます。

この金谷さん、アフリカ生まれのアフリカ育ちで8カ国語を話すことができるというすごい人で、ぼくらがここまで仕事ができているのは、この金谷さんのネットワークを使わせてもらっているからなんです。

彼はアフリカでインターナショナルスクールではなく現地の学校に通っていました。そうすると、先輩後輩、同級生たちに、大統領の子供とか、財界の有力者の娘とかがいたわけです。

そしてぼくたちがある程度の資金を持って、30歳手前で西アフリカの彼の故郷へ行ったとき、学校時代の友人たちもまた政財界にデビューするタイミングだった。それで一緒にこれをやろう、あれをやろうといって、お互いに大きくなっていった、という経緯があるんです。

ニーズがある分野の会社をどんどん作る

金城:具体的に何からやったかというと、中古車販売以外では、まず中国とアフリカの間の貿易を始めました。この貿易は、日本で考えられている貿易と少し違うと思うんでお話ししますね。

まずぼくたちは、中国でいろんな商品を仕入れてきます。それをアフリカで売る。そうすると現地の通貨が手に入るので、それで現地の資源を買うんです。木材とかカシューナッツとか、金とか。

今度はそれを中国に持って行き、売って、人民元をもらう。また中国で仕入れて、アフリカで売る。これを繰り返すんです。いまでは毎週30コンテナ、往復で60コンテナを行き来させています。

こういうことをしていると、自然といろんな中国人がぼくたちのところにやってくる。「どうやってこんなマーケットを構築したんだ?」と聞きに来るんですね。彼らも商売をしたいわけだから、ぼくたちは彼らのためになる、役に立つようなモノを用意してあげればいい。

たとえば、中国から持ってきた商品をアフリカで売ろうとしたときに、彼らはまず、宣伝、広告をうちたいと考えます。ところがそれを請け負ってくれる会社が見つからない。そこでぼくたちは広告会社をひとつ作ってしまった。

すでに見込み客がいて競合する会社もないから、すごく有利な条件でのスタートでした。そのようにして始めた広告会社はいま大きく成長しています。

広告を出して商品が売れて、うまくいき始めた企業は次に何を考えるか。「現地駐在員を置きたい」と考えるんですね。そうしたら彼らが泊まるホテルが必要になる。だから作る。オフィスが必要なら、オフィス街を作る。そうしてどんどん拡がっていったんですね。

小売と物流の両方をやっているからこそ気づくこと

金城:そうやっていま50社を経営しているんですが、ぼくたちの内部でお金を回しているということが、すごく大きいんです。景気が悪くなったときに「ブロック経済」ができるからです。

景気が悪くなると本来なら、売り先や仕入先に困る状況になります。そんな時、確実に買ってくれるところ、仕入れさせてくれるところが内部にあるということは、会社にとってすごく大きい。

それに、多くの会社を経営しているからこそ、気づくこともあります。

ぼくたちは地方に小売店を持っています。また、そこにモノを運ぶ物流会社もある。その物流会社の景気がどうも良くない。一方で、地方の小売店が儲かっているという情報を得たとします。

経済の構造から言ってそれはあり得ない。小売店が良ければ、商品を届ける物流会社の景気もいいはずです。そこに気づいたぼくは、物流会社に対して戦略を立て直すように指示ができる。小売店と物流、両方やっているから気づくことができるわけです。この点も多くの会社を経営することのメリットです。

少し話がずれますが、ぼくらの小売店の売上がよくなったのは、リーマンショックがきっかけでした。

小売店というのは、老舗で実績があれば、仕入れ代金を後払いすることができます。でも新規参入組のぼくらの店は、それをさせてもらえなかった。しかたがないので、先払いでどんどん払っていました。

そこにリーマンショックがやってきました。不景気で、仕入れ先の資金繰りも厳しくなってきたので、先払いするぼくらの店に優先的に商品を卸すようになりました。納入を後回しにされた老舗の店は、どんどん潰れていって、結果的にぼくらが残ってしまった。

こんな、ちょっとしたボタンのかけ違いで正解と不正解が逆転することが、アフリカではよくあります。ぼくらのようにたくさんの会社を経営するのは、そうした状況でのひとつの解決策でもあるんですね。

そんなふうに事業を拡げていくうちに、いろんな業種で50社を経営するようになった。亀山会長と出会えたのも、そのおかげかもしれませんね。