児童養護に関する欧州視察の概要

おときた駿氏(以下、おときた):改めましてこんにちは。ご紹介いただきました、東京都議会議員のおときた駿と申します。本日はバレンタインデーということで、バレンタインのお昼間にこんなところに足を運んでいただいて(笑)。

こんな生意気言って失礼ですけど。今日は比較的男性が多いようなので、家に帰るとチョコレートがたくさんあると良いなと思います。ということでさっそく、私は欧州視察の児童養護の分野についてお話させていただきます。

夕方からはメディアフォーラムということで、山田さんが取り組んでおられる表現と自由というところを中心にやられると思うので、いろんなテーマ聞きに来てると思うんですよね。ということで児童養護とか社会養護、この分野の話を今まで聞いたことがあるという方、どれくらいいらっしゃいますでしょうか?

3割、4割。ありがとうございます。逆に言うと半分以上の方がこの分野の話を聞くのが初めてだと思いますので、なるべく基礎知識からていねいに、限られた時間ではありますが、お話させていただければと思います。

まず欧州視察の概要なんですけれども、今回10月の4日から山田太郎事務所のほうで行っておりまして。

今回の訪欧が後編のほうになります。全編で児童養護と里親っていうところをイギリス、オランダ、ドイツで学びまして、次同性婚、尊厳死をオランダで学んできたっていうところになっております。時間ないので先に進みまして、次を出します。

ドイツで社会福祉事業団みたいなところに行って話を聞いたり。オランダでは今日もいらっしゃってるシャボッットあかねさんに通訳をしていただきながら外務省や健康スポーツ省、自主的な生命終了に関する協会なんていう、そのものズバリな会に行ったりですとか。

ハリーポッターの作者が作った福祉事業団体

イギリスでは、児童養護の関連団体、またはオックスフォード大学などで研究をされている教授などにもお話を伺ってまいりました。2枚目めくっていただいて。

これは実際のそのときの写真で、ドイツの児童養護のところなんですが、行って、子供たちと触れ合わせていただきました。ルーモスっていう団体なんですけど。ルーモスはハリーポッターの作者のJKローリングさんが作った福祉事業団体です。

ルーモスっていうのはハリーポッターの中で光を与える呪文なんですけども、ローリングさんは恵まれない子供たちの環境を非常に危惧されて、ハリーポッターのお金の身銭を切って、ルーモスとうい団体を作りました。恵まれない子供たちに家庭環境を与える活動をイギリスで従事していまして。

その団体の中に行ってですね、ローリングさんには会えなかったんですが、非常に多くの方にお話を伺ってまいりました。ということでさっそくですが、日本の現状からお話さしていただきたいと思います。

日本の要保護児童は4万人

日本にはいろんな統計上の数字で誤差はあるんですが、だいたい4万人、要保護児童と言われる子供がいると言われています。この要保護児童というのは聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、何らかの事情で両親、または保護者の方と暮らせなくなってしまって、行政の保護のもとで生活をしている児童のことを要保護児童と申します。

この図を簡単に見ていただきますと、圧倒的に多くが児童養護施設という施設の中で、集団生活を営んでいるというのが日本の現状でございます。乳児院というのもありまして、乳児院というのは0歳から2歳までの小さいお子さんたちが暮らしている施設が乳児院という施設になりますね。

ファミリーホーム・里親というのは個別のお宅のほうで、1人ないしは多くて4人くらいのお子さんを預かっているのが里親・ファミリーホームということになっています。

施設の入所は0才~5才が半分以上

次の方に数字がまた分析をされているんですが。

今ですね、この入所時の年齢というので言うと、0才から5才児というのが半分以上。というのは産んだ瞬間から面倒が見れないとかですね、経済的事情で手放してしまって、行政の保護下に入る子供が圧倒的に多いというのが、今の日本の現状です。

この児童養護というのは、かつては孤児院というのからスタートした制度でありました。まさに戦時・戦後ですね、両親とも戦争で亡くなってしまったと。身寄りのない子供たちが、協会とかで身を寄せあっているのを行政が保護したというのが背景になっているんですが。

現在は、両親の死亡・行方不明で来られる方は全体の6パーセントから7パーセントと言われています。では、ほとんどの理由は何かというと、もう虐待、ネグレクトですね。

今はさまざまなニュースでですね。赤ちゃんが遺棄されたりとか、赤ちゃんを虐待死してしまったというニュースを毎日のようにお見かけすると思うんですけど、残念ながら現代病と申しますか、両親からの虐待などでとてもじゃないが育てることができない。

そういう状態から行政が保護者から引き離して社会的保護の、養護の元にいる子供たちが増えているというのが現状でございます。そこでですね、我が国の一体何が問題かというところからお話させていただきたいと思います。

日本の里親委託率は10パーセント程度

これはすいません、細かくて後ろの方は見づらいと思うんですけど。これはですね、全国の里親委託率ということになています。一番下の赤い棒グラフが日本なんですが、日本では先ほど申し上げた、いわゆる義理の両親がいて、そこに引き取られて、いわゆる家庭環境で育つ子たちっていうのが、12パーセント、10パーセント程度しかおりません。

ほとんどの子達が児童養護施設と呼ばれる寮のようなところで集団生活を営んでいるというのが現状でございます。3年前くらいですかね、『明日ママがいない』というテレビドラマが話題になりまして、児童養護施設で集団生活している子供たちのお話だったんですが。

日本では恵まれない子供というと、そういう施設で暮らしているというのが一般的なイメージになっていると思うんですが、それは極めてイレギュラーな状況でして。先進国は半分以上、平均するとだいたい70パーセントくらいは里親・あるいは両親を利用して新しい家庭で育ってるんですね。日本ではほとんどが施設にいる。