青春=高校時代じゃない
はあちゅう×霜田明寛が語る、30歳からのオレンジデイズ

3か月ぶりの霜田&はあちゅう #1/2

旬な話題やゲスな恋愛トークをお届けするYouTubeチャンネル「はあちゅうのゲスアワー」。今回は3ヶ月ぶりに再会したはあちゅう氏と霜田明寛氏が過去に放送されたゲスアワーやインド旅行、手帳術など様々な話題をお届けします。作家の水野敬也氏から「俺らは今からでもオレンジデイズできる」という発言を聞いた霜田氏。30歳からでもオレンジデイズのような青春ストーリーを描くことは可能なんでしょうか? 青春といえば少女マンガの影響で高校時代というイメージが強いですが、はあちゅう氏は、青春について「熱中したものがある時期」だと定義。「今熱中してるから、まさに青春」「文章書いてて一番楽しい時期にいる」と、現在の近況について語りました。

3ヶ月ぶりの再会!

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):はあちゅうです。

霜田明寛氏(以下、霜田):しもやんです。

はあちゅう・霜田:どうも、ゲスアワーです。

はあちゅう:ひさしぶりですね。

霜田:ひさしぶりですよ。

はあちゅう:3ヶ月ぶりぐらい、あれ?

霜田:そう。実はたぶん、はあちゅうさんに出会ってからの人生で、こんなにはあちゅうさんと会ってない期間は初めてなんじゃないかというくらい、僕は会ってなくて。もう毎日毎日寂しくて。

はあちゅう:私も何やってるのかなと思いつつ、なんかそれなりに充実してそうだなっていうのが、お互いにあって。たまにLINEするくらいだよね。

霜田:LINEはけっこうしてましたけど。

はあちゅう:そうだっけ? たまに胸がときめくような炎上事件とかが。LINEしたりとか。

霜田:共演してくださったりとか。

はあちゅう:そうそう。いや、でもね、気づけば2015年が終わりなんですよ。

霜田:終わっちゃいますね。

はあちゅう:何ヶ月ぶりのゲスアワーだろうね、本当に。

霜田:たしか前回、僕の本出した時とかだったんで、9月の最初とか? ゲスもと復活バージョン撮って。

はあちゅう:そんなのあったね。それ以来だ。

ナポリタンにイラつかなくなった

霜田:ログミーさんも僕らが更新しないせいか、2年前くらいの2人の会話から書き起こし初めてましたからね。

はあちゅう:いや、申し訳ないね。それでさ、ナポリタンにムカついてた頃の未熟な私達の記事が今頃あがって、NewsPicksに取り上げられるなど、香ばしいこともありましたが。

霜田:2年前なんでだいぶね。「こんな幼かったか、僕たちは」みたいなね。

はあちゅう:そうそう。私、未だにパンケーキとかナポリタン、何とも思わないね、未だに(笑)。

霜田:やっぱり人生が1個上の、ある意味で、イラつかなくなったんですかね、いろんなものにね。

はあちゅう:イラつかなくなったね。むしろ、ナポリタンとか1周回ってちょっと良いって思ってるからね。あの頃わかんなかった。

霜田:いろんな価値観が変化してきましたけれども。

はあちゅう:2015年、どうでした?

霜田:僕としては、こんな、はあちゅうさんと一緒に。まあ、2015年始まった頃は「今日の霜田(はあちゅう公式ブログのコンテンツ)」が続いてたんで。

はあちゅう:ああ、そんな、あったね。そういうね。

霜田:……が始まり、本も出させていただき、褒めていただいて。でも、はあちゅうさんとインド行ったりとかね、結構いい思い出でしたね。

はあちゅう:あ、そうだね。でも、もうあれ何年も前みたいだね。

霜田:相当昔に感じますね。

はあちゅう:うわー。あれが今年だったんだね。そっか、そっか。インド行って。それぐらいかな、霜田さんとのイベントというか。

霜田:まあ、日々会ってましたけどね。

はあちゅう:何回かね、集団でのごはん会とかもあったりね。

実年齢より下に見られることが多い

霜田:ただ、はあちゅうさんが会社からいなくなってしまった1年ではあったので、日々寂しい……。

はあちゅう:そうだね。去年の9月までとかだったから。そうですね、1年ちょいですね。はー、そんなに時が経ちましたか?

霜田:経ちました。30迎えちゃったんでね、今年やっぱり。

はあちゅう:そっか、先に30になられて。私、来月30になりますけれど、どう、30歳?

霜田:意外と受け入れられる。

はあちゅう:そうなんだ。

霜田:感じではありますね。逆に意識的に子供でいようっていうふうには感じましたけどね。

はあちゅう:まあ、黙ってたら大学生くらいに見えるもんね。

霜田:うっす。

はあちゅう:私も意外に年下に見られてることも。

霜田:はあちゅうさん、24、25からあんまり老けないというか。

はあちゅう:いじわるな……「劣化してる」とか言われるのはネット上のだけで。普通に何の下地もなく会った人には20代中盤とか前半って思われるから、もうそんな感じでいる。

霜田:逆に肌のハリとか素晴らしいですからね。若返っているような感じが。

はあちゅう:本当ですか? ありがたい。でもね、ほうれい線とかは「あ、これが噂の」ってわかるようになった。風邪とかも1回ひいたら1週間以上は絶対ひくから、「これが体力の衰えか」みたいのはあるけど。でも、30かっていうのは、はっとするかも。

はあちゅう流の手帳術

はあちゅう:もうさ、そろそろあれですよ。2016年の手帳をね。こんな手帳があるんですよ。

WEEKEND

霜田:これ使いたい。野心手帳。

はあちゅう:ここにね、自分で誕生日に毎年歳を書くの。「30歳になる」とか。それを書いてたら「30来たか」って思ったな。

霜田:もう、この12月から来年の予定とかも立てつつ?

はあちゅう:そうだね。普通に仕事のスケジュールは1月とかもどんどん入っていくのと。やっぱ今年は手帳を出すという大きな出来事があったので。

それまではGoogleカレンダーと小さい無印の手帳で。無印の手帳は執筆スケジュールだけ管理して、あとのスケジュール管理は全部Googleカレンダーだったの。2016年もそのままGoogleカレンダーと併用するんだけど、もうちょっと手帳の割合をせっかくだから増やそうと思って。マスキングテープ貼ったり。

霜田:デジタルのイメージがあるはあちゅうさんが、かなりアナログの手帳を使いこなしてる感が。

はあちゅう:そう? でも、もともと大学の時とかずっと紙手帳派で。フリーランスになったのがきっかけでGoogleカレンダー使うようになったの。荷物がやっぱり、パソコンどこでも持っていくから重くて。手帳の重さ減らしたいと思って始めたんだけどね。でも、ちょっと、手帳に立ち返ってみて。

霜田:どうですか?

はあちゅう:う~ん、日記を書くというよりメモ帳的な使い方かな。たまに、読んだ本の名前とかイラスト描いたりとか。てか、あれだよね。『ほぼ日手帳』じゃん? 「ほぼ日」書くことある、今? 

霜田:「ほぼ日」書くことありますね。

はあちゅう:何書いてるの? すっごい書いてんじゃん。こんなに使ってる人いないってぐらい手帳書いてるでしょう? 私、来年もうちょっと厚みを減らすために「ほぼ日」じゃなくていいかなと思い始めてて。このぐらいで1日でもいいかなと思い始めたかも。他にノートも持ってるからかもしれないけれど。

霜田:僕も使い分けてはいますけど、常に持ってるのがこれなんで。

はあちゅう:何書いてるの? すっごい書いてるよ。

霜田:まあ、見た映画とかを書くこともありますし。あと、会社で人の発表見てて、こういう発表するのはやめようとか。こういう話し方するのやめようみたいなのから、ちょっと本に入れたりとかいうのはあります。

あと、まあ、水野さん。

はあちゅう:師匠?

霜田:師匠としゃべり終わったあとにトイレ言ってる間に良いこと言ってたらメモる、みたいな。

はあちゅう:最近言ってた良いことは? 水野さん、最近何か名言吐いてた? 表に出てこない水野名言。

霜田:僕にとっての名言ですけれども、「霜田君、青春っていうのは体じゃない」みたいな。「だから、俺らは今からでもオレンジデイズできるぞ」って言って、その後1日中、どうオレンジデイズをするかで盛り上がってましたね。

文章書いてて一番楽しい時期にいるかも

はあちゅう:私、『オレンジデイズ』見てないんだよね。『オレンジデイズ』のオレンジデイズたる所以って何? 何をしたらオレンジデイズ的なの?

霜田:やっぱ、未来が不確定な状況で一緒にいるということがオレンジデイズなわけですよ。

はあちゅう:え、今もオレンジデイズじゃん。

霜田:だから、今もう完全に不確定なんで。でも水野さんは、僕の不確定とはレベルの違う不確定ですけれども、1年後が見えてる人たちとは全然ちがうわけじゃないですか?

はあちゅう:そうだね。会社員とかだね、それは。霜田さんも会社員だけど。すごく辞める可能性があるというか。どこに行くかわからない感じは常にあるもんね。

霜田:大学生も、将来僕たちはどうなるのかわからないまま、常に一緒にいたりとか。

はあちゅう:なるほど。それがオレンジデイズなのか。私、この間「青春とは何か」みたいなことを討論する番組にちょうど出て、その時に自分の中で「青春てなんだろう」て考えた時に「何か熱中することかな」とか。

肉体的というか気持ち的には少女漫画とかのイメージで、青春=高校時代っていうのがあるんだけど。言葉を自分が定義していいんだったら、青春はやっぱ熱中したものがある時期だと思ってて。それでいうと、今熱中してるから、まさに青春だなとは思うかな。

霜田:たしかに。文章書くことだったりとか。

はあちゅう:うん、私は今、文章書いてて一番楽しい時期にいるかも。

霜田:每日「note」ね、「月間はあちゅう」更新されてますし。

はあちゅう:「月間はあちゅう」はね、どうやって広めていくかって話をちょっと、この次の「ゲスアワー」で話したいと思います。じゃあ、またのちほど。

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 青春=高校時代じゃない はあちゅう×霜田明寛が語る、30歳からのオレンジデイズ
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?