日本の良いところ、好きな漢字、座右の銘・・・
パックンがよく聞かれる質問

Through the Eye's of "a Foreign TV Personality" #4/4

お笑いコンビ・パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーラン氏が日本外国特派員協会にて会見を行い、外国人タレントから見た日本のテレビをテーマに話しました。質疑応答では会場からの質問に答えます。「日本文化のいいところは?」という質問には、日本のドラマなどおもしろいものをもっと宣伝し海外に出すべきと回答。また、よく聞かれるというこの質問のほかにも、日本人は「好きな漢字」や「座右の銘」など、同じことを多々聞いてくると笑います。そして、日本人は恐れず、もっと議論する必要があると提言されています。

日本文化の良いところは?

ジョナサン・ソーブル氏(以下、ソーブル):ほかに質問は?

質問者2:こんにちは。○○と申します。私は日本のメディアの一員です。私の質問は、お願いでもあります。今日は日本人の観客もいますが、海外から来ている外国人の観客もいます。そこで、日本が世界で生き残るために必要な日本文化の良いところをアピールしてください。

パトリック・ハーラン氏(以下、パックン):日本政府からよく受ける質問ですね。日本のビジネスについては、日常的に議論しています。議論することは、グローバル時代のもっとも一般的なテーマです。これが、日本を世界に発信する手段です。自分自身で、世界に向けて宣伝するのです。多くのことにおいて、日本はよくやっています。潔癖、清潔さ、マナー、細かい部分への気配り、それらは非常に有名です。

例えば、アメリカ人は知らないことで、日本にはたくさん面白いことがあります。『たけし城(痛快なりゆき番組 風雲!たけし城)』のように、すべてが面白いスタッフばかりではありません。体をはった笑いでは最高傑作です。日本には、お笑いのセンスがあります。多くのアメリカ人は、それに気が付いていません。

また、日本のメディアはお茶の間に、アメリカの、あまり有名でないバラエティ番組を提供することができると思うのです。もっとそれらの番組を翻訳するといいと思います。

日本政府は、すぐれた日本食をもっと宣伝できるのです。日本に黒人を迎え入れたら、日本食を通じて日本に興味を持ってくれるかもしれません。日本のメディアは、もっと積極的に情報を輸出できるのですから。

世界中の人々のなかには、例えば『おしん』を見て、日本に行ったことがある人も多いのです。『おしん』は、いいドラマです。輸出できるドラマはたくさんあります。ほかのテレビ番組も輸出できます。韓国は、自国のポップカルチャーの輸出に成功しました。日本はたくさん働けるのです。私の願いです。

みんなが「好きな漢字」を聞く不思議

ソーブル:ほかに質問はありませんか? 質問する時間はあると思います。順番にうかがいましょう。

質問者3:○○です。長い間、このクラブに参加しています。ハーバードで学んだリベラルアーツと日本語の学習に関してお話をお願いします。1996年に初来日されたんですよね。私は、55歳でインディアナのワバッシュ大学を卒業したとき、始まりの挨拶をしました。いつもあなたのご活躍に興味を持っています。

パックン:ありがとうございます。別のアイビーリーガーにお会いできて光栄です。私はハーバードでは日本語は学んでいませんでした。私は比較宗教学を学んでいました。ジェットプログラムで日本に来ている中学時代の友人がいたんです。ジェットプログラムとは、世界中から日系企業に入社できる素晴らしいプログラムです。私が大学2年生のとき、その友人が日本に招待してくれたんです。

彼は、「俺と一緒に日本で英語を教えて、冒険しようぜ」と言ってきました。私は、「わかった。お母さんに、1年間日本に行って、1年経ったら帰ってくると話してくるよ」と言いました。「ごめんね、母さん。言った通りにしなくて」。興味を持っていただき、ありがとうございます。たくさん質問を受けると、全部に答え切れなくなってしまいます。

日本のメディアの面白いところを見つけました。彼らは時々、同じ質問をします。

「好きな漢字は何ですか?」と。好きな漢字? 持ってる? あと、座右の銘とかね。座右の銘、みなさん持ってますか? 私は持っていません。しかし、質問の意味はわかります。私はいつも、楽しんで答えています。「これは、大きな冒険です。私はまだ冒険の途中です。今日、冒険の新しいページを追加するチャンスをいただいたことに感謝します」と。

ソーブル:多くの日本人が、なぜみんな日本に来たがるのかが理解できません。クレイジーなことでしたか? 多くの人々が日本に来ています。日本は非常に人気の国です。質問を受け付けましょう。

もっと競争する必要性がある

質問者4:私の名前は○○です。私はフランスのテレビ局で働いています。私の質問に答えていただけることを感謝します。

日本のテレビの世界は本当に変化がないと思うのです。まともなメディアではありません。彼らは、成功すらせず日本に来ています。日本のジョン・スチュワートを名乗る外国人タレントとして、国外について、感じていることを教えて下さい。

パックン:おっしゃる通りです。日本では、それが心地いいのです。誰でも知っているマスコミの数はたかが知れています。彼らは、政府や産業、芸能事務所やエンターテイメント産業にとても強いコネがあります。報道の多様性に欠けることには、私も同意します。そして、新しいマスコミが誕生するチャンスを見計らっています。

もちろん、長い間存在している、古いニュースメディアの連盟があることも知っています。新しいニュースは、世界やほかの国々を変えます。例えば、Huffington postや、Daily Beastなどです。アメリカのニュースメディアは、その影響力において古いメディアを超えていると思います。New York Timesは除いてね(笑)。

彼らは激しい競争にさらされています。戦いは長期化し、メディアはより良くなっていきます。日本は、もっと競争する必要があります。私はメジャーなニュースメディアで働いており、その価値は認めますが、競争は彼らの価値をより高めます。そして、日本のニュースやジャーナリズムは、例えば政府からの圧力によってひれ伏しているように思います。多くの入り口があっても、それを開けると多くの規制が詰まっています。

日本ではこれを自主規制と言います。とても一般的なものです。すべてのニュースメディアはとても小さな社会であるべきです。これは、自主規制を止め、すべてのニュースメディアから情報を得られるようにします。みんなが行く方向は正しく、グループで行動するのが良いとされています。ビートたけしさんが言いましたね「赤信号、みんなで渡れば怖くない」。それと同じ考えです。もし、境界線に全員で触れるなら「怖くないかな」と思うのです。

アメリカ人の視点から思うこと

ソーブル:ニュース番組のように短く意見をまとめてくださいね。あと一人、質問をどうぞ。

パックン:一人だけですよ。

ソーブル:一人だけ? 準備してきた方もいらっしゃると思うのですが。では、タブーについてお話ししましょう。報道の自由についての基本的なことですから。政府が新しい機関に対して圧力をかけるのです。報道機関の自主規制については、疑問に思います。本当に怖いのか、空気を読み過ぎているところもあります。

私は、新しい機関には、本当の結果を知るために必死にもがいてほしいですね。もがきながら、良くなっていってほしいです。同じ環境のなかで、メディアは協力できるのです。文句を言われないことはないでしょうが、政府からの文句には常に戦いましょう。そしてときどき、アメリカや日本の報道機関は自由民主党がなんというかを心配しています。

テレビ局に手紙を送りましょう。この戦いに勝つだけの価値が、あなたにはあると。圧力については、その結果とどれだけ直接に抑圧されているかを、あなたにも真っ向から考えてほしいのです。

パックン:アメリカ人の視点からすると、実際の結果は、日本人の視点とはコストの点で異なります。そして、私は「ジャパニーズはどうだどうだ」と指摘してきました。ここに対する私の意見を明確にしておく必要があります。私は日本語は喋れますが、日本人ではありません。だから、日本人の視点を得たければ、日本人を招待するべきです。

私の意見は議論を通じてアメリカ人のものとして養ってきました。大統領候補は、大きな議論の塊です。歩く議論です。それはとても人気です。彼は、議論しないことがありません。しかし、アメリカ人はこれで評価が上がると考えています。広告収入が入り、報道機関も幸せになり、候補者も幸せになり、視聴者層も幸せになる。これがアメリカのシステムです。

日本人の考え方は、これとは異なります。もっと活発に議論しないといけません。ニュースの解釈の選択肢をもっと増やす必要があります。災害や政府に関する情報がもっと必要だと思います。しかし、日本人のシステムは、同じように議論を恐れています。もし私が日本のテレビに出るなら、もっとトピックについて議論をします。

少しでも議論に参加することに挑戦してください。喋ってみてください。携帯電話での通話は、見る人を怒らせるのでやめていただきたいです。これが、アメリカと日本のメディアの大きな違いです。

日本では、話す機会を与えると長い時間話します。私は、Newsweekに2つのコラムを追加で書きました。これは、議論のきっかけになるかもしれません。そして、怒った読者から事務所に電話がありました。私のマネージャーが、その男に向かって30分も話していました。そして、「すいません。はい。ご意見をお伝えします。はい。わかりました」と謝ったのです。30分もですよ!

マネージャーにとってこの30分間は、私の宣伝に使うべきなんです。テレビ局からも、素直な反応が期待されています。だから、いつもスタッフは電話で30分も話すのです。これは、このスタッフはほかのことが出来なくなったことを意味します。経済的にも社会的にも深刻な影響です。解決方法は、待つしかない。

一方で、私はこの時間をチャンスにつなげるために、新しいビジネスモデルの議論に使いました。電話に出ると同時に議論を始めます。どの舞台でも、どのテレビ局でも、どの番組でも、人を雇い始めるときのための準備なのです。BS-TBSの「外国人記者は見た」もです。

日本は多くの問題を抱えている

質問者5:TBSの○○です、日本におけるバラエティ番組についておうかがいします。あなたは、長い間、多くのバラエティ番組に出演されてきました。日本のテレビ番組をとりまく空気感の変化について、どうお考えですか? 私からすると「外国人記者は見た」はその一種だと思うのですが。ビジネス好きの外国人の出演をはじめ、外国人が番組に出ることは、日本人にとっての脅威が高まっているように感じられるのですが、どうお考えでしょうか?

パックン:それは良い質問ですね。日本のメディアには波があります。私は、日本のテレビで自分の手で試しています。外国人タレントの出演は、すべてスルーされていきます。検討、検討、検討、彼らは検討、検討、深く検討、チャックとか。日本のテレビでは、決まるまでに最低でも5つの段階を踏まなければなりません。集団から抜け出してレギュラーの座を獲得できるのは、ほんの一握りです。

私は90年代の後半にグループの最後尾に入りましたが、2000年代には日本のテレビに外国人タレントはほんの少ししかいませんでした。契約を解除されたタレントは、ここ5年で増えました。そして、一般的なサイズの番組では、私は日テレのG20の番組に出演しました。多くの番組が、外国人の視点や日本での経験について議論しました。これは素晴らしいことです。

そして私は、公平に番組を降りました。おかしいですか? 日本のメディアや日本の人々は、特に外国人から称賛されました。ジョナサンは、驚くべき国だと言いました。世界は日本が驚くべき国であることを知っています。それが変なことだとは日本は認識していません。そして、この傾向は4つのテレビを称賛し、日本が少し間抜けで、しかし重要なサービスであるということです。これは、日本の視聴者が知らせたことです。

日本は多くの問題を抱えています。例えば、国の莫大な借金や、人口の減少、女性やジェンダーに関する差別、ジェンダー問題と似た話で、人種の問題などです。しかし、東京ほどよく働く都市はありません。5千万人を超える人々が、数学のテストで同じような結果を出す都市は、ほかにはありません。日本ほど健康寿命が長い国はありません。

オリンピックの仕事をしたい

ソーブル:私の限られた経験や、ジャーナリストや外人というカテゴリーに該当する者の立場から言うと、あなたは良いショーをしています。日本のテレビでは、監督が「バシッと言ってください!」と言ってくることがあります。

基本的に、それを私たちに求めることは間違っています。私が思っていることは間違っています。しかし、私はこれらの仕事を両方ともやるのは、ジャーナリストやほかの異なることが期待される仕事で話すのは、プレッシャーにならないかが不思議です。

パックン:その理由は、おそらくジャーナリストをしていることや、議論が始まるような厳しい意見を言っていることもあるでしょう。もしかしたらレポーターはあなたの想像よりも自由なものかもしれません。ポイントは、私はタレントなので一番の売りは好感度だという事です。私の喋ろうと思ったテーマは、番組では止められています。自主規制です。

これは、相互通行です。私は、多くのことをより直接言うことが出来ます。より厳しく言うことが出来ます。しかし私は、日本のコミュニケーションを知っていて、機転を利かせることができます。それは日本では耳障りかもしれません。番組は、日本にとって好ましい振る舞いを私に求めます。私は、どちらの役割も果たそうとします。そして、日本は人々が批判や称賛を、あらゆるものに対してしたらいいと思います。

私は、どちらの役割も担うことに対して、まったく罪悪感を覚えていません。そして、問題を解こうと考えます。これから数年は、批判が増えることでしょう。日本は、オリンピックを控えています。最低でも、オリンピックの仕事をしたいと思っています。

もし、私になにかの仕事をいただいて、お金を払っていただけるなら、大衆に情報を伝えることは日本にとって偉大なことです。私はうれしいです。もし彼らが議論のきっかけを私に求めたら、とても幸せなことです。どちらも、とても価値のある議論です。

ソーブル:ありがとうございました。時間がオーバーしてしまいました。

パックン:すみません。

ソーブル:皆様、ありがとうございました。お話しいただき、ありがとうございました。今回のお礼として、パトリックさんに名誉ある1年間の会員権を差し上げます。

パックン:8か月延長してくださいよ。

ソーブル:では、1年と残りの月数分有効にしましょう。

パックン:イエス!

ソーブル:ありがとうございました。

Occurred on , Published at

ログミーNews

ログミーNewsに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?