セブ山:こんにちは。今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組では株式会社バーグハンバーグバーグが携わったお仕事の関係について、裏側やボツネタなんかを、根掘り葉掘り聞いていく番組になります。キュリエーターはわたくし、セブ山です。そしてお相手は代表取締役社長シモダさんです。

シモダテツヤ(以下、シモダ):シモダです。よろしくお願いします。

セブ山:よろしくお願いします。

シモダ:噛まずに言おう感、がよう出てますね。

セブ山:毎回、ここは緊張しています。ちょっと長く言わないといけないので。

シモダ:さっき、気づいてなかったかもしれへんけど、(セブ山を)ずっと観察してたら、舌を出して、なんか練習してたろ?

セブ山:それはもう、動かす予行練習をしないと……。

シモダ:気持ち悪ッ! 思うて。横で。

セブ山:いえ、そこはベロは大切ですから。もう1回やっとこ。

セブ山:わーっとやっとこ。

シモダ:いやいや、わーっとやること、この冒頭からのク○二感

セブ山:冒頭からのク○二感、それはやめてください!

シモダ:いやいや、これ、会社の番組なんです。この冒頭からのク○二感ダメなんですよ。これ。

セブ山:早速もういきましょう。

シモダ:はい。

セブ山:今回、お話を伺う案件はバーグハンバーグバーグ、セルバ出張所&セルバ四コマ劇場です!

ナレーション:こちらの案件は、仙台のショッピングセンター・セルバをもっと知ってもらうために、バーグハンバーグバーグがセルバの魅力を伝える記事や、四コマをお届けする企画となっております。

セブ山:さて、そんな案件に関わった社員ゲストとして、今回は徳谷(柿次郎)さんとセルバ少年に来ていただいております。よろしくお願いします。

柿次郎:よろしくお願いします。

セルバ少年に扮している原宿(以下、原宿):よろしくお願いします。

セブ山:初めてお目にかかります。

柿次郎:そうですか。セルバ少年、いい笑顔でしょ?

セブ山:いいですね。ありがとうございます。そんな社員ゲストにお聞きしていきたいのですけど、今回のセルバの案件で「ここが見どころだよ!」っていうところを教えていただいてもよろしいでしょうか?

柿次郎:オモコロライターの凸ノとマキゾウという、イラストが得意な二人が書いている4コマシリーズがありまして。「セルバ黄昏交差点」ってマキゾウのシリーズと、凸ノが書いている「媚びろセルバくん」って、これがけっこう評判で、社内的にも毎回上がってくるのが楽しみになっている。

セブ山:たしかにけっこう続けていく中で、二人の世界観みたいなものが出てきて、僕も楽しみにしている企画でもあります。

柿次郎:そうですね。あとまあ、こちらの(横に座っている原宿扮するセルバ少年を指す)セルバ少年が仙台セルバさんのショッピングセンター中でレポートを展開するシリーズは、今回力を入れてますね。

セブ山:いいですね。笑顔になっちゃいますもんね(笑)。

シモダ:いい笑顔です。みんな幸せになる笑顔。

柿次郎:すごいセルバが大好きなんですよ。セルバ少年は。

セブ山:いいですね。

シモダ:いいですよ。見てますよ。

柿次郎:セルバのことを母親のように思っているので。

セブ山:今日はわざわざ、仙台から来ていていただいたんですよね? 柿次郎さんはバーグ初の出張に行ったんですよね?

柿次郎:そうですよ。今回、1泊2日で、1日目はセルバのショッピングセンター内をずっとロケして、2日目に朝から松島の方に行って、遊覧船に乗ったりとか、けっこう絵変わりがするものを撮りに行ったりしたので。

シモダ:ガッツリ1泊2日のロケだったんですね。

柿次郎:ほんと、"ロケ"って感じで。けっこうきつかった。

セブ山:中身を見ていいても、セルバ少年の出生の秘密とか過去の謎とか、伏線がよくあるんで、そのへんも楽しみですね。

シモダ:今後、どんどんね。

セブ山:実は僕も初回から見ているんですけど、いろいろ見ていると、頬の赤いのあるじゃないですか? これ僕、てっきり、少年だから、血色のよさを表現しているのかと思ってたんです。そしたら、てんとう虫の死骸をすりつぶして、塗りつけたものらしいですね。

柿次郎:そうなんです。

セブ山:こういう裏設定とか、あと、直木賞をとっているっていう裏設定もあって……。

シモダ:多才なんや。

セブ山:実はすごい人なんだっていう(笑)。

シモダ:実はすごい人!

セブ山:そういう伏線がいっぱいあるんで、今後は伏線の回収なんかも楽しみだなあー。連載楽しみにしているんです。まだまだ続いてくみたいな感じなんですね?

柿次郎:いやあー、実は……もう、打ち切りが決っているんですね……。

原宿:え?

柿次郎:すいません。僕は先に連絡がきていたんですけど、あと1回ぐらいでセルバ少年は、もういいかなあ~と……。もう、そういう感じになってきてるんで……。すいません(声がだんだん小さくなる)。

シモダ:セルバ少年、がんばってた。

セブ山:そ、そ、そうですね。よかった、すごいおもしろかった。

シモダ:でも、確かにクドイなー。

セブ山:たしかに、1泊2日で撮ったのを何ヶ月も使ったりというのは……。

シモダ:そうそう、そうなんです。

セブ山:でも、いい企画だから。……笑顔が消えてますけど。

シモダ:セルバ少年から笑顔が消えた日。

原宿:なんだよ! それ!? おい! やりたくてやってんじゃねえよ! こっちはよぉ! セルバ少年、32だよ! 今年さ!

柿次郎:そうですね。

原宿:なんだよ、セルバ少年って……。

シモダ:好きでやっていたわけじゃなかったんだ。

原宿:行ったことないし。別に、セルバとか……。

柿次郎:行ってたでしょ。

セブ山:(笑)。

柿次郎:松島行くときも、この格好で2時間かけて、ずっとニコニコ観光客とかいても、楽しそうだったじゃないですか?

原宿:全然楽しくないよ。超まずかったよ、穴子丼。

柿次郎:ウソ?

原宿:名物とか

柿次郎:おっと

シモダ:観光地をけなすのやめましょうよ。

(※穴子丼は美味しいです)

柿次郎:カモメもすごかったじゃないですか?

原宿:こわかったよ。かっぱえびせんを持っていたら、わーって飛んでくるから。

セブ山:カモメは悪くないですから。

原宿:二度と行かない。

セブ山:行きましょうよ。

原宿:日本三景とか嘘でしょ?

(※松島は日本三景です)

セブ山:いやいや、嘘じゃない! 嘘なわけないでしょ!(笑)

柿次郎:よかったよ。

原宿:打ち切りなら行かないよ。もう二度と行かない。

セブ山:いやいや、そう言うのやめて、そうそう、次、苦労話なども聞いていきたいんですけど……。制作の苦労話、どんな苦労話がありましたか?

シモダ:あんだけニコニコしてたから、苦労もポジティブにとらえていたと。

セブ山:そうですね。

原宿:苦労話か、どうなんですかね? セルバ少年って言うから、ソフトクリームとか食べて、お口の周りとかにクリームつけて……。よくやるじゃないですか? 鼻にクリーム付けて……。 

セブ山:子供っぽく、少年ぽくね。

原宿:ああ、おいしい! みたいな。そしたら汚い! 32(歳)だから、絵面が汚い。

柿次郎:そうそう。笑ったらわかるのですが、歯茎、ちょっと汚い。

セブ山:(笑)。

柿次郎:僕、言えなかった。

シモダ:ちょっと怒ってる。これ、セルバ少年じゃないときも汚い。セルバ少年のやから汚いわけじゃなくて、これ原健一郎(原宿)に対する悪口ですからね。

原宿:もうやめよ。いい、もう打ち切りでいい。

シモダ:あら、ちょっと怒ってしまいました。

セブ山:そんなことないでしょ。

柿次郎:もっとあるでしょ? 最後の仕事じゃないですか? セルバ少年としての。

原宿:これが? これが最後の仕事になるかもしれない。

シモダ:もしかしたらですけど、続けようとなるかもしれないし……。

セブ山:最後まで、笑ってくださいよ。

柿次郎:なんかおかしい。

シモダ:歯茎おかしいね。山みたいなところが……。

セブ山:どうしたんすか?

シモダ:なんか、こうポツポツ色の違う、粒みたいなものが……。

柿次郎:そうそう。

セブ山:どうしたんですか?

原宿:粒の話やめなさい!