SAITOさんはモザイク処理班

セブ山:実は僕、「バーグTVを見まして、ちょっとゲストに出てください」って、TBSのラジオのゲスト出演をさせてもらったりとか、意外とバーグTV見て(仕事をもらう)みたいなのが(ある)。

シモダテツヤ(以下、シモダ):僕、そんなない…。

(一同笑)

シモダ:自分らしか得してなくない? バーグハンバーグバーグTVでしょ? 「あれ見ました」からの仕事って、1回も来てないんですけど……。

セブ山:まあ、それはその……。「おい! 大学生の足、なめろよ」とか言ってたら……。

シモダゲストさんに向かってヤリマンだなんだって言っている人間に、仕事を頼みたくないですか(笑)。

セブ山:いやいや、まあまあ。

シモダ:でも1個、聞いてみたいことがあるんですが、編集上、苦労したりとか、こだわったりとかしている部分って(ありますか)? (僕ら)職業が違うじゃないですか? 専門的にはどんな話か、ちょっと聞いてみたいんですけど。

セブ山:そうですね。苦労するポイントなんかも。

瀧祐夏(以下、瀧):やっぱ、一番気を使っているところは、みなさんの空想力が豊かで、なんかもう夢みたいなこと言うので……。

セブ山:たとえ話で、ムチャクチャなことを言ったりだとか……。

シモダ:クスリの影響が強く出ているときはそうかも。

セブ山:そういうこと言うから! (仕事の依頼が)こねえの!

:そういうこと言うから、それをそのまま映像化というか……たとえば、セブ山さん、arcフィルム(液晶保護フィルム)で頭突きをやりましたね?

セブ山:やりました。

:あれで、シモダさんが、「セブ山の頭がはぜると思った」と言うシーンで、実際に映像でシモダさんの顔を出して、パカーンってはぜさせた。

セブ山:やってましたね。

シモダ:あれ、僕らも感動してましたからね。だって、いつも言っているだけで絵なんか付かないものが、映像になるんですよ。やっぱなんか、テレビってすごいんだなって。

セブ山:すごいですよね。

シモダ:裸も多いじゃないですか?

:そうですね。

シモダ:モザイク処理、大変じゃないですか?

SAITO RYOKO(以下、SAITO):私、モザイク処理班みたいになっていて……。

セブ山:そうなんですね。モザイク処理をしてくださっているんですね?

シモダ:モザイク処理班って何? 何の部隊?(笑)

SAITO:原宿さんの「陰摩羅鬼 鉄鼠」、キャバ嬢の。

SAITO:あれで、ドレスをまくりあげていくと、陰部が見えるみたいなのも、私が夜中じゅう、ずーっとモザイクをかけ続けてて……。

(一同笑)

原宿さんの"形状"が記憶されていて……(笑)。あ、右寄りなんだな♪

(一同笑)

SAITO:いらないことも、けっこう覚えられたりとかして……。

セブ山:いらないことです。確かに。

シモダ氏「ファンの声に応えて、処刑回を作ろう!」

シモダ:でも、確かに新しい手法が生まれたわけじゃないですか? モザイク広告っていう。

セブ山:なるほどね。

シモダ:「東京倉庫さん提供」って入れていくだけだと、もったいないからって入れていく感じとかね。いいなあ~と思います。

セブ山:新しい広告の形ですよね。

シモダ:そうそう、モザイク広告。ほんま、新しいと思うんです。AVとかガンガン入れたらいいのに……。

セブ山:たしかにね。

シモダ:見終わった瞬間に、(頭の中に)絶対入っているやんか。「あ、雪○牛乳買おっ!」とか……。

セブ山:よりによって、そこなんですか?(笑)。

セブ山:ですよね。相当そういうのって、手が込んでいるわけじゃないですか? シモダさんだけが、白黒になっていくというのがあったんですけど……。

セブ山:僕、あれ見た時に「本当にこんなことできるんだ!」と思って……。

シモダ:俺ひとりだけやもんな。

セブ山:そうなんですよ。

シモダ:すごいな。

セブ山:同じ映像で撮っているはずなのに、そこだけ変わっていくというのが、大変だったのではないですか?

:ようはPhotoshopとかでも、トリミングってあるんじゃないですか? 切り抜くんですけど、映像の場合は全部のコマにババババッってやらないとならない。

シモダ:うわあ~! なんでそんなんタダでしてんの?

(一同笑)

セブ山:そうですよ。

シモダ:おかしいですよ。おかしいとしか思えへん。

セブ山:それがでも、方々いろいろつながっていって、シモダさんもバーグTVやろうって言い出したのは、やっぱ、目的もあって、言い出したんですよね?

シモダ:いっしょにやる以上は、東京倉庫さんも当時、起業したてで、やっぱり名前を知ってもらったりとか、本当に僕は信頼しているパートナーなんで、いっしょにのぼって行けるといいかなあ、と思ってたんですが……。どんどん先に行かれて、全然、腑に落ちない(笑)。

セブ山:でも、続けていってくれるんですね?

:もちろんです。

セブ山:わー、よかった! 今後、こうして欲しいみたいな要望とか意見とかは?

:僕が個人的に見ていて好きなのは、やっぱりセブ山さんとシモダさんの無茶ぶり。

セブ山:(足の指を)なめたりとか、ムチャクチャなやつですね。

シモダ:わかりました。期待に応えていかないと。

セブ山:そういうのをやっていく?

:テレビでできないことを、みなさんやってください。

セブ山:まあ、やりません(キッパリ)。

シモダ:ますます頑張っていこうかな、と。

セブ山:もうすでに1回、大学生のあの汚ないのを舐めるという……。そこまでいきましたから、1回普通のところに戻そうと……。

シモダ:やっぱり、期待に応えるってのは大事。1回、処刑回みたいなのをやりましょう。

セブ山:処刑回ってなんですか?

シモダ:みんなで見る処刑回。

:いいですね。

セブ山:「バーグハンバーグバーグTV制作の裏側をお見せします!」というわけで、東京倉庫の瀧さんとSAITOさんに来ていただきました。ありがとうございました。

シモダ:ありがとうございました。

瀧・SAITO:ありがとうございました。