「秋葉原の盗聴機が好きで…」 オタクなアイドルの元祖・千葉麗子のヒストリー

第23回夏休み突入記念ヨガスペシャル!『自分のことは自分で売っちゃえ!~千葉麗子に聞く勇気と情熱のセルフプロデュース法!!』 #2/6

「山田玲司のヤングサンデー」。第23回目を迎える今回は元アイドルの千葉麗子をゲストに、今までの経歴や「アイドルとは何か」について語っていきます。『餓狼伝説』で声優を務め、当時は不知火舞のコスプレをしていた千葉。ギーク女優やオタクなアイドルがありえなかった時代にゲームやパソコンにハマり、秋葉原で出入りをしていたそうです。山田玲司氏と出会ったきっかけなど、様々な話題をお届けします。

いよいよチバレイ登場!

山田玲司氏(以下、山田):それではみなさん! お待たせしました!

おっくん:じゃあ超高気圧ガールをお呼びしますか。

山田:超高気圧ガールを。

おっくん:夏なんで。ということで千葉麗子さん!

千葉麗子(以下、千葉):ていうか、お久しぶりです。

山田:お久しぶりです、どうもどうも。

千葉:一緒に飲んでから……。

山田:けっこう経つね。

千葉:K DUB SHINEとだったもんね。

山田:そうそう、密会してましたよね。

大内ライダー(以下、大内):……。

山田:その緊張が何かを物語ってるよね(笑)。

大内:そうですね(汗)。ちょっと、あの、失礼にあたるんじゃないかと。びくびくです。

千葉:大丈夫です。

山田:どうなの? (さっきの解説)間違ってなかった?

千葉:あ、聞いてなかった。

山田:おい!

千葉麗子と山田玲司はヤングサンデー仲間

千葉:ごめ~ん。ほんとに聞いてなかった(笑)。だから『餓狼伝説』の不知火舞ちゃんのコスプレをして。

大内:オフィシャルのポスターとか出てましたよね。

千葉:出た出た。

おっくん:あのキワドイ服で。

千葉:元祖コスプレなんだよね。コスプレ出身のアニメオタク及びゲームオタク出身みたいな。サブカルから生まれてるんで。なんで(サムライ・スピリッツの)ナコルルは声もやって、香取くんもやってる。

おっくん:ちなみにこの時っておいくつだったんですか? プテラレンジャー。

千葉:これが17歳。高校生で、テレビではレギュラー出演が初めてで。

山田:これヤングサンデーですよ。

千葉:出た!? 懐かしいねー。玲司と私はこの時にヤングサンデーでちょうど出会って。

山田:そうね、俺が漫画描いててあなたはグラビアをやってたっていう。

千葉:だから当時も表紙とかで一緒だったの。だから一緒に生きてきた感じ。

おっくん:じゃあなんか戦友みたいな感じなんですね。

山田:同時期に、前の方でグラビアページやってて、俺が後ろの方で漫画描いてるみたいな。その雑誌が、ヤングサンデーって雑誌で。俺はその雑誌に対する思いが強すぎて、こんな番組やってるという。まだヤングサンデーって言ってんのかという。だって俺、20歳からずっとヤングサンデーで描いてんだよ!

千葉:ヤンサン仲間だよね。

おっくん:その時はお二人は実際に知り合いだったんですか?

山田:全然知らない。

おっくん:誌面上だけで、「あいつも頑張ってんな」みたいな。

山田:そう。それで、俺『絶望に効くクスリ』っていう漫画の中でいろんな人に会ってる時に、アイドルに会わないかって言われて。これも描いてますけど「アイドルなんて空っぽだから会いたくない」って失礼なこと言って。そんで、「チバレイだったら会っても良いぞ」と上から言って。

千葉:圧力かけたの?(笑)。

山田:いやいや(笑)。

デビット・ボウイ、エルヴィス・プレスリーと誕生日が同じ

千葉:だって『Bバージン』だったでしょ。『Bバージン』の時に、私は自分が出た雑誌を読んでると、「Bバージン、千葉麗子」「Bバージン、千葉麗子」……っていう時代だったんです。それで駆け巡ってきた90年代があって『絶望に効くクスリ』で出会った。そっから仲良くなったんですよね。

山田:そん時は2004年で、麗子はヨガでちゃんと会社もやってて、一山超えたあと。そして2004年は愛を手に入れた頃だったんだよね。

千葉:新たな愛?

山田:そうそうそう。そんなこと語ってんもん。そのあとまたいろんなことが起こるんだけど、戦国時代は続いていくんだけどね(笑)。いつも戦ってるから。その度に点滴をして甦ってくるっていうそういう人だから。

千葉:私たちはこう見えても繊細なんです。強がっててもね。

山田:これにも描いてあるけど誕生日が一緒で、こじらせ方が一緒なんだよ(笑)。

おっくん:1月8日。

千葉:1月8日。

おっくん:何歳違いですか?

山田:9歳くらいかな。ひと世代違うんだけど、誕生日一緒だとね、何かね。

おっくん:誕生日一緒つながり。

千葉:デビット・ボウイも一緒だから。

おっくん:えー!

千葉:だからわかるよね。わかるでしょこの2人の。

山田:あとエルヴィス・プレスリーもいるから。

おっくん:え! それはわかる。

山田:マジか。

千葉:そこはわかるんだ!

おっくん:俺あれですよ、伊藤博文。

山田:もういいよ(笑)。そういうのやめてくれよ。

大内:俺、ラサール石井っす。

山田:(笑)。あなたラサール石井なの(笑)。

おっくん:今日はこんな感じなんですけど、チバレイさんのアイドル時代とか半生を振り返りつつ。

千葉:半生(笑)。

アイドルとは一体何なのか

おっくん:アイドルとは一体何なのかと。アイドル史を。実際(その)世界にいたチバレイさんに裏話を聞きいていこうかなあという感じです。

千葉:(ニコニコ動画のコメントにて)「字汚え」って言われてる(笑)。その通り(笑)。

山田:いいってそれは(笑)。せっかくアイドルが来てるのに……。そう、アイドル論やりたいなーと思って。俺、結構遠いんだよなアイドルと。すごいじゃん今、アイドルの時代じゃん。麗子がいた時代って、聖子・松田がいなくなって、そしてモー娘。が始まる前の混沌時代なんだよ。混沌戦国時代。

それでいろんな人が出てきた時代なの。宮沢りえが出てきたり後藤久美子が出てきたり、混乱している時。そん時にキャラものが出てくる。この人(チバレイ)は第一次キャラものの1人なんだよ。

千葉:ちょっと待って(笑)。キャラものってなに?

山田:ただのアイドルじゃなくって、何かできるアイドルみたいなのが出てくるんだよ、その頃から。それで、ただのかわいい子じゃないよって。

おっくん:付加価値ってことですか。

山田:その背後にサブカルを代表するみたいな感じ。その背後になにか背負ってる人たちが現れ始めるんだよ。

おっくん:ほうほう。

山田 それで、しょこたん(中川翔子)の前に出てきた人ね。この後にしょこたんが現れるんだけど。

おっくん:なんかその、オタク系の。

山田:中川翔子がその後を継ぐんだけど、そのあともずっと続くよ。でんぱ組とか。その流れで、第1弾! この人が。

アイドルがオタクというのはありえなかった

おっくん:はー。その以前はいなかったんですか。

山田:いなかったね。だからその、オタクって言っちゃいけなかったよね、あの頃はね。

千葉:うん。なかった。

山田:オタク差別ってのがあって、アイドルがオタクっていうのがありえなかった。遠すぎた、90年代。

おっくん:あー、はいはい。

千葉:だから今みたいにインターネットもここまで普及してないし。もちろん、ケータイもね、あの時はガラケーもなくて。ケータイが出る前です。マネージャーとかが使ってるやつ。

山田:そう、こういうやつ。軍事用みたいなやつ(笑)。どーん! ってやつ。

千葉:それでやっと日本に、湘南藤沢キャンパスあたりに入ってきた時から、インターネットだったりとか。だからインターネット自体を触れなかったの。Internet Explorerとかなかったから。

大内:パソコン通信。

千葉:そう、もっと前ですから。ニフティとかアスキーネットとか。

山田:第1世代。

千葉:それしか趣味がないんで、ゲームと。それしかなかったから。

おっくん:へー。じゃあひきこもりとかそういう感じだったんですか?

山田:違う違う(笑)。

大内:オタクより偏見がある(笑)。

千葉:すごーい! ヘイトスピーチ? 今の。

おっくん:だって、外でそんなことできなくない?

山田:違う違う。

空き時間にパソコンやゲームで遊んでいた

おっくん:公園でそんなね、できないでしょ。Explorerがどうとか。家でやるしかないじゃないですか。

千葉:まだできないよ。だけどだけど、家か、もしくはー……まあ家ですね。だからアイドルをやって、空き時間がすごく無駄だと思ったの。

おっくん:あ~。

千葉:待つでしょドラマとかCMの撮影とか。だから空き時間がもったいないから、その間ずっとマッキントッシュ、Macだったりとか持ち込んで。あとゲームやって。

山田:なんか事務所にあったって聞いたけど。

千葉:うん、そうそうそう。

山田:それをいじってるうちにハマったって。

千葉:ハマった。

山田:それっていわゆるマッキントッシュなの? スティーブ・ジョブズでお馴染みの。

千葉:LC、LC2。その時代からやってた。好きで。週刊誌とかあるじゃない。例えば宮沢さんとかもそうだけど、グラビアとか、マガジンとかジャンプとかそういうのの中でインタビューを受ける時に、何か趣味ありますかって聞かれるでしょ。

おっくん:よくあるやつだ。

千葉:だけどそれがほら、パソコン通信とゲームしかないから、そうなっちゃうわけですよ。そうすると、もうたくさん、要はソフトバンクとかアスキーとか、例のマックブロスとか、そういうので、だからライターさんとかと仲良くなってくじゃない。それで。

おっくん:びっくりするでしょうね、そんなアイドルが話通じるわけですもんね。男の世界の。

千葉:なんで男の世界なの?

おっくん:まあ大体そうじゃないですか。

千葉:あ~、理系の。

盗聴機が好きだった

山田:当時秋葉原通ってパーツ集める人って女の子いなかったよね。いなかったんだよ。

千葉:例えば盗聴機とかすごい好きでさ。

おっくん:!?

千葉:いや、だから、おかしいでしょ。大体おかしいんだけど。だから秋葉原とか今みたいに電気街でキラキラして、こうデパートみたくなってなかったの。

おっくん:あ、そうなんすか。

千葉:そうなの。それで、だから、盗聴機とかってのは昔のケータイとか聞けたんだよね。

大内:聞けた?

山田:そういうのが作れるようなパーツとか売ってたんだよ。

おっくん:ん……?

山田:まあ要するにもっとディープな理系の文化があって、オタクカルチャーが合流する前の秋葉原ってあったんだよ。

千葉:ツクモ電気。そうだね。懐かしい。

山田:合流するきっかけとかは麗子辺りから始まってるよね。斉藤由貴ショックっていうのがあったんだよ。

千葉:斉藤由貴ショック?

山田:斉藤由貴がミスマガジンに出てきた時にオタクだったんだよね。それで慢研出身だったの。そんで、マジか! と。ありえないだろこれっていう第1ショックがあって。

あれからかわいい女の子が漫画読んだりオタクでも良いんじゃないかっていうぐらつきがあった中であなた登場ですよ。

千葉:そうなんだ。ありがとうございます、解説してもらうと(笑)。そっかそっか。

山田:ガジェットに詳しい。今だったらギーク女子って言われる流れの元祖なんだよね。普通だったら事務所的には「ちょっとそういうのはやめとこう」みたいなとこを、関係ねーよと(笑)。

Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?