はあちゅうがAV監督・二村ヒトシ氏の書籍を絶賛「バイブルなんですよ、これは」

【ゲス#03】はあちゅうとしもやんのゲスアワー(第3回) #1/1

人には言いにくい恋愛トークなど、ゲスな話題をお届けする「はあちゅうのゲスアワー」。第3回目の放送では、はあちゅう氏のおすすめの本、『恋とセックスで幸せになる秘密(著者:二村ヒトシ)』について紹介します。この本では「心の穴」にフォーカスを当てながら、恋愛がうまくいかない女性の特徴や、ヤリチン化する男性の心理について解説しています。はあちゅう氏は「恋愛がうまくいっているときでも、いっていないときでも、読むと心がスッとする」と、この本の感想について語りました。

アラサー2人が送るはあちゅうのゲスアワー

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):第3回ゲスアワーでーす。

霜田明寛氏(以下、霜田):どうもー、よろしくお願いしまーす。初回で言っていた「はあちゅうとしもやんの」っていうトップはなくなったんですか?(笑)。

はあちゅう:あぁ、そうですね。はあちゅうとしもやんのゲスアワー。イェーイ! 

霜田:よろしくお願いしまーす。

スタッフ:もう1回撮ります? 

はあちゅう:大丈夫です、全然。このまま行きまーす。ゲス1です。

霜田:ゲス2です。

はあちゅう・霜田:ゲスでーす。

はあちゅう:っていうのをさっき考えました(笑)。

霜田:これ、やっとできた感じですね(笑)。

はあちゅう:今後、何に使いましょうね? (笑)。バカなアラサーですよ、本当に(笑)。

霜田:アラサーなんですねぇ。

はあちゅう:28歳なんですよね。

霜田:学年いっしょなんで、にじゅう……?

はあちゅう:私、27歳なんですけど、昨日30歳の男の人に、「はあちゅう、結構歳いってるね」って言われて、すごく傷ついて……。

霜田:意外に、ってことですか? 

はあちゅう:彼氏がいないっていうところから、「え、今いくつ?」って聞かれて、「27。1月で28」。「本格的にやばくない?」みたいな感じで言われて。うっせーなって思って(笑)。

じわじわ、2日ぐらいイライラしているんですよ。なんかもっと傷つけられないかなと思って。倍返しだ、みたいな(笑)。ちょっといい文句が思いついたら、教えてほしい。

霜田:わかりました。

はあちゅう:30の男をけちょんけちょんにする文句をね。というわけで、前回、しもやんにおもしろいものを紹介してもらったわけなんですけど、はあちゅうも今回、本の紹介を。

霜田:やっぱりゲスで攻めてきましたね(笑)。

二村ヒトシ氏の『恋とセックスで幸せになる秘密』を紹介

はあちゅう:二村ヒトシさんっていうAV監督さんが書いている、『恋とセックスで幸せになる秘密』。これ、タイトル見て、あとAV監督だということで、過激な本なのかなって思うじゃないですか。違うんですよ。バイブルなんですよ、これは。

霜田:マジですか? ただのエロい、テクニック的な本ではなく? 

はあちゅう:まったくない。スローセックスみたいなことではない。ちなみにこれは……。

霜田:二村さんのサイン。

はあちゅう:サインとか貰っているっていう、思い入れもあるんですけど。

霜田:直接、お会いになって?

はあちゅう:そうです。直接、飲みに行かせていただいたこともあるんですけど、AV監督って何がすごいかっていうと、現場でAV女優さんがゴネるんですよ。

ゴネるって言ったら、あれですけど、やっぱり土壇場で「こんなことしていいのか」とか、いろいろ迷いだったりとか、自分を出せなくなる。そういうのを二村さんは説き伏せて、女の子にリラックスさせてあげるっていうのが監督の役目なんですよね。

霜田:それって一般社会の男の子に置き換えると、なんとか説得してヤるっていう(笑)。

はあちゅう:いやいや、もうそんなヤるとかじゃなくて、ヒトシさんはどうやったら女の子が120パーセント自分を出せて、解放されるかっていう……。

霜田:めっちゃプライベートに応用したいですね(笑)。

恋愛とはお互いの心の穴を埋め合うもの

はあちゅう:私、彼のAVを実は見たことがないんですけど、AV監督界ではすごいんですよね。

霜田:すごい人ですよ。

はあちゅう:慶応大学出てますね! 中退ですけど、すごいですね。男の人がこんなに女の人の気持ちわかるんだ……と思って感動したんですよ。わりと折り目とか付けて、めっちゃ読んでますよ、これ。絶対ブックオフとかで売らない。ヤリチンとか……。

霜田:出ました、ゲスワード、ヤリチン(笑)。

はあちゅう:そういう人たちって、なんでセックスを繰り返してしまうのかとか。あと、女の子の心の穴にフォーカスをしているんですよ。

霜田:心の穴ですか? 

はあちゅう:恋愛っていうのは、お互いの心の穴を埋め合うみたいなところあるじゃないですか。

霜田:あぁ、はい。

はあちゅう:こういう恋愛傾向がある女性っていうのは、こういうのに悩んでいるだとか、こういうふうに考えたらいいってのが、全てこの1冊に書いてあって。

読んでいると、恋愛がうまくいっているときでも、いっていないときでも、心がスッとするんですよね。

霜田:おぉ。

はあちゅう:すごくいい本なんですよ。

霜田:はあちゅうさんの心の穴を埋めてくれているのがこの本(笑)。

はあちゅう:いやぁ、これでは心は埋まらないですね。本当に、埋めてくれるのは男だろうっていう話で、恋愛しないと埋まらないんですけど、なんか……。

霜田:(笑)。

はあちゅう:これは読んでもらってもいいんですけど、ちょいちょい過激なワードも出て来つつ。

霜田:これ読みたい! 

はあちゅう:恋愛しているのに孤独っていうのにフォーカスを当てた本。

霜田:僕、心が女子なんで、読みたいです。

はあちゅう:すごいんですよ、これ。どうしてこんなわかるの。何で男の人はフった途端に追ってくるのとか。すごいね、びっくりします、これ。

女は好きな男とヤるのではなくて、ヤッた男を好きになる?

霜田:1個聞きたいことがあるんです、これに。パッと見て。ゲスな話で大丈夫ですか? 僕の師匠の、水野愛也先生の『LOVE理論』っていう本に、「女は好きな男とヤるのではなくて、ヤッた男を好きになる」っていうふうに書いてあるんです。それはあるんですか? 

はあちゅう:あるときもあれば、ないときもあるんじゃないですかね。ある人もいれば、ない人もいるっていう。

霜田:そうなんですねぇ。僕、女子なんで、そういうことがあると……。

はあちゅう:あぁ、そういうことがあると……。

霜田:好きになっちゃうんですよねぇ。何のニーズもない話をして申し訳ございませんでしたー!(笑)。

はあちゅう:あれ、着地点が。話したかったっていう(笑)。

霜田:はあちゅうさんのその辺の話を聞きたかったっていう。それはまた次回以降ね。

はあちゅう:そうですね。私の場合はどうなんでしょうねぇ。それはオンエアーできなそうな……。

霜田:ブロガーはあちゅうさんのイメージがあるので、ちょいちょい出していければ。序盤なんで。

はあちゅう:そんなわけで、はあちゅうのおすすめ本でした、今週の。

霜田:二村ヒトシさんの『恋とセックスで幸せになる秘密』。ありがとうございます! 

はあちゅう:ありがとうございます。

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 はあちゅうがAV監督・二村ヒトシ氏の書籍を絶賛「バイブルなんですよ、これは」
2 近日公開予定

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?