高校生から社会人まで、文章に苦手意識を持っている人に

阿部紘久氏:みなさん、本日はお集まりいただきありがとうございます。

この『文章力の基本の基本』は、タイトルから「初歩の初歩」のような印象を受けるかもしれませんが、実は私が書いた『文章力の基本』『文章力の決め手』を含む3部作の違いは、内容がコンパクトか広範囲に及ぶかということであって、いずれも初級から上級までのすべてのレベルの読者を対象としています。

文章力の基本の基本

文章指導の経験を振り返りますと、高校生、大学生から40代、50代の社会人まで、文章に苦手意識を持っている人は、皆同じような基本的なところで躓いています。

ですから私は、基本的な原理原則を身につけると、誰でも楽に文章が書けるようになると思っています。この本のソデに、「この33の“基本の基本”を押さえれば、明日から、とても楽に文章が書けるようになります」と書いたのは、そういう意味です。また、「書くのが好きな人はもっと好きになれます」とも書きましたが、これは、中級・上級の方の役にも立つ本でもある、という趣旨です。

この本は6つの章からなっていて、第1章のテーマは「文の基本形を作る」です。文の基本形というのは2つあって、1つは「何がどうした」、つまり主語と述語です。もうひとつは「何をどうした」、あるいは「何にどうした」で、これは目的語と述語です。この2つの組み合わせがきちんと書けると、文章が非常に分かりやすくなります。

当たり前のことのようですが、実はここで躓いている方がけっこういらっしゃるので、今日のワークショップもここから入りたいと思います。その後も、この本の章立てに沿って進めていきましょう。

述語を共用するときは要注意

それでは早速問題に入ります。

【問題】  急な雨になったらコンビニに入って、雨宿りか傘を買う。

どなたか、どこをどう直せば適切な文章になるか、おっしゃっていただけますか。

【参加者の改善案(以下、参加者)】  急な雨になったらコンビニに入って、雨宿りをするか傘を買う。

はい、正解です。

原文では「雨宿りを買う」になってしまいます。明らかにおかしいですね。先ほど「2つの文の基本形」と申し上げましたが、実は、「主語と述語」よりも、「目的語と述語」の組み合わせが上手くいっていないケースが非常に多いんです。その中でも用心しなければいけないのが、「述語の共用」なんです。

たとえば、「海を眺める」。これは正しいですよね。「山を眺める」。これも正しい。したがって「海や山を眺める」も正しいことになります。つまり、「眺める」という述語は、海と山が共用する(一緒に使う)ことができるわけです。

しかし、「海や山に登る」となるとどうですか。明らかに間違いです。「山や海で泳ぐ」これもおかしい。このように目的語と述語の組み合わせが上手くいっていないケースは非常に多いんです。述語を共用するときは、特に注意が必要なんですね。

述語の共用、あなたならどう直す?

次の問題、これはどうですか。なお本日は、『文章力の基本の基本』の中にある文例は、演習問題に含めておりません。

【問題】  詳しくは店頭のポスターか、スタッフにお尋ねください。

【参加者】  詳しくは店頭のポスターをご覧になるか、スタッフにお尋ねください。

正解ですね。これも同じです。実はこれは、新宿西口を歩いていた時にあるお店のスピーカーから流れていた言葉で、しめしめと思ってメモしました。ポスターに尋ねても答えは帰ってきませんね。この場合は「ポスターを見る(ご覧になる)」「スタッフに尋ねる」と、別な述語が必要です。

次の問題は、少なくとも改善案が2つあると思いますが、いかがですか。

【問題】  これから先、お互いに就職や家庭を持ったりして、あまり会えなくなると思います。

【参加者】  これから先、お互いに就職したり家庭を持ったりして、あまり会えなくなると思います。

その通りです。「就職を持ったり」はおかしいですね。「就職をしたり」です。

もうひとつ、ある述語を共用する案を思いつきませんか。

これから先、お互いに就職や結婚をしたりして、あまり会えなくなると思います。

このように「家庭を持ったり」を「結婚したり」に言い換えれば、「する」という述語を共用できます。

主語と述語の正しい組み合わせを

次は「主語と述語」の組み合わせの問題です。

【問題】  本来マスコミは正確な情報を伝える役割である。

これも改善案は少なくとも2つあります。

【参加者】  本来、マスコミの役割は正確な情報を伝えることにある。

いいですね。いろいろな言い方がありますが、次のような表現もいいと思います。

「マスコミは役割を担っている」あるいは「役割は◯◯することにある」とすると、主語と述語の組み合わせがしっかりしますので、もちろん意味が分かりやすいし、読んでいて気持ちがいいですね。「マスコミは役割だ」では組み合わせがずれていて、何となく落ち着きません。

「主語と述語」「目的語と述語」を正しく組み合わせること。まずはここから、ご自分の文章を見直してみてください。

一語でも短く、一字でも短く

では、『文章力の基本の基本』第2章のテーマ「簡潔に書く」に移りましょう。

光文社から出した『文章力の基本100題』に書いたことを紹介します。「簡潔に書く」と何がよいのでしょうか。

「言葉を削ったら、その分伝わる情報量が減るのではありません。逆に余計な言葉を取り去ると、伝えたいメッセージが明確に浮かび上がり、より多くのことを的確に伝えることができます」

簡潔に書くと、当然ですが、読み手の時間を節約することもできるし、歯切れの良い文章は好感を与えるし、説得力も増します。簡潔というのはまさに値千金なんですね。

「一語でも短く、一字でも短く」。私はよく、そのように指導しますが、しばしば抵抗を受けます。「先生、この言葉を削ってしまうと、微妙なニュアンスが伝わらなくなるんですけど」という風に。

気持ちは分かりますが、そういう方は、読み手は一字一句漏らさず注意深く読んでくれて、書き手が何を言いたいのかを一生懸命考えてくれる、という風に期待し過ぎていると思うんです。

実際にはみんな忙しいですから、関心のあるところ、読みやすいところしか読んでくれないんですね。微妙なニュアンスを伝えるつもりで意味の薄い言葉をたくさん盛り込むと、肝心の伝えたいことが伝わらない、ということがよく起きます。