好きを仕事にするために必要な、たったひとつのシンプルなこと
ウォンテッドリー仲暁子氏

The Power of Connections: Akiko Naka at TEDxKyoto 2013

「好きなことを仕事にしたい。けど現実は……」。誰もが一度は悩み、そして諦めてきたこの難問。ソーシャル・リクルーティングサービス「Wantedly」CEOの仲暁子氏が、ひとつの解決策を語ります。(Ted×Kyotoより)

母の生き様を見てゴールドマン・サックスを退社

仲暁子:まず、クオート(他人の言葉からの引用)から始めさせてください。

「Only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle.」

これはスティーブ・ジョブスがスタンフォード大学の卒業の祝辞で述べた言葉です。偉業を成し遂げるためには、その仕事を心の底から愛し、そして情熱を注ぎ込む必要がある。もし、その仕事を見つけていないのであれば、そういった仕事を諦めずに探し続ける必要がある。そう言っています。

この「好きなことを仕事にする」「情熱を注ぎ込むことを仕事にする」。とてもシンプルで、当たり前のことのように思います。それに疑問を持つ方は、この場の中に、ひとりもいらっしゃらないと思います。けれども、実際はそれがすごく難しい。なぜか? 

情熱を注ぎこみたい仕事だけれども、食っていけない。この仕事で働きたい。けれども、その会社が無名だから、家族や恋人から「大丈夫か?」と心配される。私が実際にそうでした。

私はまさに、この京都で学生生活を送っていたのですけれども、学生の頃は0から1を生み出すのが大好きでした。大学1年生の時にミスコンを企画したり、2年生になってからは「Chot☆Better」という(京大生向けの)フリーペーパーを創刊したりして、たくさんの「0から1」を生み出してきました。

けれども、就職活動が始まって、就活の波に流され、また「周りの友達からよくみられたい!」などといった気持ちも芽生えて、大企業であるゴールドマン・サックス証券に就職しました。

(ゴールドマン・サックス東京支店)

会社では、すごくたくさんの優秀な先輩方に恵まれ、また、多くのことを学ばせていただき、本当に感謝している一方で、やはり、金融機関というのは、0から1ではなく、1から10、1から100を生むビジネスモデルが根幹にあるということを実感し、これは本当に私が人生をかけてやりたいことなのだろうか? と疑問を持つようになりました。けれども、そうだからといって、そんな簡単に仕事を辞めるだけの勇気はありませんでした。

そんな時、私の背中を押してくれたのは母の姿でした。

母はもうすぐ60歳になりますが、心理学を研究し、その研究成果を使って、世の中の司法や行政の姿を変えるといった仕事をしています。なぜ、女性の社会進出がすごく遅れていた時代に、マジョリティーが男性であるアカデミックな世界で、彼女はキャリアを築くことができたのか? 

すごく、シンプルです。彼女はたったひとつの簡単な事だけをしていました。それは、好きなことだけを続けているんですね。

これはまさに、スティーブ・ジョブスが「自分が愛せる、情熱を注ぎ込める仕事を見つけなさい」と言っていたことと、まったく一緒です。母は、20代、30代のころ、とてもお金がなかったと言います。お金がなさすぎて、講師の掛け持ちをしすぎて、過労で駅のプラットホームで倒れるなんていう珍事件もあったと聞きます。

けれども、お金ではなく、やりがい。自分がこれに情熱をかけられるのだ! という仕事を探し、それだけに打ち込んできた。その結果、社会的地位や名誉、経済的な安定性がついてきています。そして今では、大好きな研究をしながら、母は、それを学生に教え、研究成果を社会に還元するという、とてもやりがいのある仕事をしています。

目の前の自分が好きなことだけやっていれば、すべては後からついてくる。

そうした姿を見て育った私は、「わたしもそうなりたい!」、そう思っていたので、その母を見て、会社をやめることができました。

最初から情熱を持っていた偉人はいない

この写真は、私がゴールドマンを退職したその日に撮った写真です。4年前、24歳の私はとても不安でした。この24歳のちっぽけな若造が、コネもお金もなくて、この小さな手で、どんな未来を切り開いていけるのだろう。そう思っていたんですね。

しかし一方で、大きな希望もありました。こんな小さい手のひらではありますけど、大企業にいない以上、アップサイドは無限大! 全部自分で創造していくことができる。この小さい手のひらからでも、すごく大きな未来を築いていけるのではないか? と思った。その、不安と希望が入り混じった瞬間を、覚えておきたいと思って、シャッターを切ったのだと思います。

こうして私は、会社をやめました。けれども、すぐ、そんな簡単に情熱をぶつけられるものを見つけたわけではありませんでした。この、「何がやりたいのかわからない」という質問は、多くの学生のみなさんや社会人2、3年目の方から受ける質問です。私もまさにそうでした。

好きなことをやればいい。けど、何が好きなのか? そもそもわからない。そういった方がすごくたくさんいると思います。

28年間生きてきてわかったことは、「情熱を注ぎ込めるものを、最初から持っている人はいない」ということです。これは岡本太郎の言葉から気づきを得たのですけれども。

世の中の偉業を成し遂げている人たちというのは、最初から情熱があったり、「これが好きだ!」と言って、そのことをしたのではなくて、とにかく目の前にあったオプションを、ひとつひとつ、愚直に地道にシンプルにやっていって、ダメだったらすぐ次! そしてその次のことに全力で向かう! ということを、愚直に地道にやっていった結果、これは自分が情熱を注げるものだと気づいたり、これは自分が好きなことだ、これを自分はやりたかったのだ! と気づく。

ということが、私もわかってきたんですね。ですので私も、ともかく目の前のオプションに全力でタックルして、やってみることにしました。

皆が心の底から楽しんで働けば、日本は元気になる

私はまず、北海道に飛びました。私の母が、北海道に単身赴任していて、家があったので、そこに転がり込んで、朝から晩までマンガを書きました(笑)。

私はこう見えて、子供の頃から漫画家になりたいという夢があり、大学3年生の頃には長編マンガを書いて、それを「モーニング」編集部に持ち込むなんてこともしていたぐらいです。もしかしたら、これが、自分が情熱を傾けられる仕事なのかもしれない。そう思って、朝から晩まで、毎日毎日、半年以上、全部で30作品以上、書き続けました。

結果はどうだったか? ……ぜんぜん、ダメでした。

やはり日本のマンガ業界というのはすごくレベルが高く、私のような24歳の若造が、金融機関を経て、ちょっとがんばったからといって、なれるような世界ではなかったですね。けれども私は、そこで挫折をし、諦めてしまうというよりは、また、次のオプション、次のアイディアに目を移していきました。

それが、マンガ投稿サイトです。

私は、コンピュータサイエンスを大学で教えている父の影響もあり、子供の頃からプログラミングをしていました。小学校や中学校で、サイトを作り、運営していた経験があったので、このマンガを投稿するWebサービスのアイディアはおもしろいと思い、イスラエルにいるエンジニアのチームといっしょに、「Magajin」(マガジン)というサービスを作りました。

そして、これを売り込むために、参加したインターネット系のカンファレンスで、Facebook Japanの代表だった児玉(太郎)さんにお会いし、そこで彼に導かれて、Facebook Japanの初期メンバーとして、参画させていただきました。

私は、Facebookはこれから日本ですごく大きくなる! ということを確信し、そのプラットホームの上で何かやりたいと、そう思うようになりました。

そこで、Facebookを経て、自分で本を読みながら、Ruby on Railsというプログラミング言語を使って、Wantedly.com(ウォンテッドリー ドッドコム)というサイトを作りました。最初はひとりで、マンションの一室から始まったこのプロジェクトでしたが、会社になり、人もどんどん巻き込んでいき、メンバーも増え、今では大きく成長を遂げています。5万人を超える会員ユーザーに使っていただけるほど大きくなりました。

振り返ってみると、私はスティーブ・ジョブスが言うように、母がやってきたように、諦めずに、とにかく情熱をぶつけられるものを探せるまで、目の前のことだけを、次から次へ試してきています。

キーは、計画を立てないことだと思います。世の中の多くの人は、10年20年先のキャリアパスや、自分の人生の計画を立て、そこから逆算し、自分が今、何をすべきだろう? そう思い悩んで、勉強したり、転職活動したりします。

でも、そうではないんです。自分でたててしまった目標以上に、それを超えることはできないと思います。

四年前の私に戻りましょう。会社をやめるときの私は、とても不安でした。もう給料もボーナスも振り込まれない。どうなるのだろう?

けど今では、心の底から思っています。一歩を踏み出して、本当によかったと。この世の中は、みなさんが知っているような大企業や、職業や、キャリアパスでできているわけではないんです。それはすべて、自分たちと同じような、過去に生きた、生身の人間が作った創造物にすぎません。ですから、その創造物の枠組の中で、縮こまって生きる必要はないんです。

過去の人間が作った、職業だとか、大学だとか、企業の名前を自分のゴールに設定するのではなく、自分がそのシステムを作る側にまわることができるんです。私は28年間生きてきて、それを学びました。

私は、心の底から確信しています。人生の大半以上を占める仕事だからこそ、そこに対して、情熱を持って働ける人が増えるほど、世の中がとても元気な場所になると。仕事で心踊る人が増えれば増えるほど、日本が元気になっていくと。

最後にクオートでしめさせて下さい。

Only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle. (偉業を成し遂げるためには、その仕事を心の底から愛し、そして情熱を注ぎ込む必要がある。もし、その仕事を見つけていないのであれば、そういった仕事を諦めずに探し続ける必要がある。)

ありがとうございました。

Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?