今一番会社にほしいのは、処女の女の子

杉沢志乃氏(以下、杉沢):今一番(会社に)ほしいのは、処女の子。

おおしまりえ氏(以下、おおしま):処女でアダルト?

杉沢:いるみたいなんですよ。他メーカーさんですけど、羨ましいなと。

おおしま:やっぱ、いろんな性癖の人を採ろうって思っているのって、企画とかに反映されるからってことですか?

杉沢:そうです。

おおしま:ちょっと先に進んじゃうんですけど、この企画ってどうやって決まってるのかなって。実際、盛り上がった内容がそのまま企画になるようなこともあるんだろうなと思うんですけど。

杉沢:基本的には、ちゃんと企画会議をして、どんなものを作ろうかとか(話したり)するんですけど。そのベースとなるのは、やっぱりユーザーからの声ですよね。今どんなことに悩んでて、こんなことが知りたいっていう声を集めて作るようにはしてます。

おおしま:まさに女の人が気になることを、作品にされてるなって。

勝部元気氏(以下、勝部):どっちかっていうと、トップダウン型でプロジェクトが決まるわけじゃなくて、わりといろんな意見を巻き込みながら市場調査的なことをやりながら企画が生まれていくわけですね。

杉沢:市場調査は必ずやります。アンケートもとって。わりと綿密に調査したうえで、作るようにはしています。

勝部:その点、女性のなかでもダイバーシティっていうか。多様性が溢れているからこそ、1個の情報源だけじゃなくて、いろんなところにアンテナが張れているわけですね。

杉沢:そうですね。なんかこういう仕事だと、全員肉食というか、性に積極的な女性が集まってるんでしょう、みたいなことは言われるんですけど。必ずしもそうじゃなく。

まあ、(Juli氏を指して)彼女みたく猛獣もいるんですけど(笑)。(ペニ助を持つ女性スタッフを指して)あっちの彼女みたいな猛獣もいるんですけど(笑)。

小野麻衣子氏(以下、小野):いろんな猛獣がいますね!

杉沢:猛獣だけじゃないですよ。腐女子子もいますし、普通の主婦もいます。本当にいろんなタイプの子がいます。

経験していないからこその豊かな想像力

小野:で、足りないのが、処女。

Juli氏(以下、Juli):処女の子って、すごく想像力豊かなんで。昔、漫画にありましたけど、処女の子のエロい想像を利用して歌詞に書くっていう。『快感・フレーズ』っていう漫画。

一同:あー!

Juli:処女の子、童貞の子もそうなんですけど、経験してないからこそ豊かな想像ができる。それがきっと作品となり、利用できたらすごくおもしろいものができるんじゃないかなと。

一同:確かに!

おおしま:どんなこと想像するんだろう?

Juli:そうなんですよね。もう終わってしまったことなので、私もどんなんだったっけかなーって(笑)。

小野:もう戻れないですからね!

(一同笑)

Juli:きっと、いろいろ想像してたと思うんですよね。例えば、キスの味とか。レモンの味とか、その年代の子たちが読む雑誌に書いてあったりとか。

小野:『パステルティーン』とか、『エルティーン』とか!

Juli:そうです(笑)。それって、今考えたらどうでもいいことなんですけど。それですら想像豊かにできるってことは、いろいろ想像力があって、新しい道が拓けていくというか。これまでできなかったこともできるのかなと思いますね。

勝部:確かに、男性ってそういうのいっぱい想像するのを、皆どんどん出しますけど。女性がやってるのは、あんまり表には出てこないですね。

おおしま:思ってても言えない。

小野:本当に、思春期の男子と同じこと考えてたと思いますよ。

1人エッチの話題はタブー!? 不思議な女性の本音

Juli:だからこそ私たちが悩みを解決できてるのかなってふうに思っているので。1人エッチとかは、きっと他の友達には言いづらい内容なので、売り上げもそこそこ。

おおしま:1人エッチのネタは、すごいアクセスもよくて。女性同士ってすごい下ネタする風潮ですけど、そのなかでも自分の1人エッチネタはなかなか言いにくいものではありますよね。何でなんでしょうね。

小野:何でなんでしょうね(笑)。これは永遠のテーマですよ。

勝部:でもそれって、個人的には二極化してるように感じていて。例えば、さっき話に出たバイブバーとかに行くと、あっけらかーんとそういうネタをしゃべっている人もいれば、完全にシャットアウトしている人もいるし。結構、周りに影響されているんじゃないですかね、やっぱり。

おおしま:バイブバーにいる人は、相当オープン度が高そうですね。

杉沢:でも、調査しますと、例えばオナニーしている確率って94パーセントっていわれているんですね。

おおしま:それは、どうやってとっているんですか?

杉沢:もちろん、うちのユーザー。ちょっと性欲強めのユーザーなので、あんまり調査として信憑性がないかもしれないですけど(笑)。それプラス、他の一般的なところでとっているアンケートでも、あんまり大差がない結果になっていますね。

小野:じゃあ、ほとんどが経験済み?

杉沢:日常的にやっているか、やっていないかっていうのは、また違いますけど。

おおしま:前に『週刊SPA!』であったじゃないですか。女性の性欲みたいな企画が。

小野:『週刊SPA!』っていうのは、男性向けの雑誌ではあるんですけど。

おおしま:結構、女性の見えない本音というか。「女性が本当にしたいセックス」みたいな特集やった時に。その時に、周りに私もアンケートとるんですけど。

意外と、奔放な人ほどためらうんですよね。例えば1人エッチがどうとか、いつ欲情しているかみたいな、そういう自分の話になると、「え、けっこうやりまくってるよね?」みたいな子も、黙っちゃったりとか。

小野:そこだけタブーみたいなところありますよね。

おおしま:不思議な女性の本音というか。

慰めではなく、楽しむための「セルフプレジャー」を広めよう

Juli:オナニーしてるとモテてないみたいな。「彼氏がいないからしてるんでしょ?」みたいな。

おおしま:慰め。

Juli:その気持ちがあるんでしょうね、きっと。ちょっと言いづらいのかなと。

勝部:性教育業界だと、今「セルフプレジャー」とかいうふうに言い方を変えようって。

一同:セルフプレジャー? かっこいい!

勝部:そう。あくまで慰めじゃなくて、自分が楽しむためにやるものだと。そういう流れにしていこうとなってますけど、やっぱりどうしても嫌な人とか、あとは、まだまだ汚いものっていうイメージが根強くありますよね。

Juli:性教育で、そもそもオナニーってあんまりしないですよね。コンドームのつけ方とか、セックスについてはしますけど。オナニーはどうしましょうとか、していいものですよとか、そういう勉強はされていないので、なんとなく禁忌的なものになっているというか。

小野:確かに、親が知ったらちょっと「うわぁ……」ってな感じのところがありますよね。

勝部:高校生とかだと、テクノブレイクとか信じてしまう人もいるわけですよ。

Juli:テクノブレイクって何ですか?

勝部:テクノブレイクって、マスターベーションをし過ぎて、心臓発作で死んじゃうっていうのを言うんですけど。

おおしま:腹上死に近い感じ?

勝部:そうですね。それをまことしやかに信じている人たちが結構いるから、それはちゃんと否定してあげないといけないですし。

女性でも別にそういうのするのは健康的なことであって、悪いことではないよって。したかったらすればいいし、したくなかったらしなくていいって伝えないとって思っています。

女性器はかわいいけど、男性器はバイブ!?

おおしま:それでいうと、個人的に思うことがあって。男性器って見えるじゃないですか、自分から。見えるから、愛着が。英語でなんかDickとか言うじゃないですか。名前までついちゃうくらい、見えるものって愛称が湧きやすくって。

逆に女性器って、自分自身が見えないから愛着が湧かない。ブラックホールなんて、中のこと言ったりもするから。なんか、そういう形の差みたいなのもあるのかなって、ちょっと思ったりはしますね。

Juli:私は、かわいくてかわいくてしょうがないですけどね(笑)。

小野:Juliさんは、レズビアンでも男性器はかわいいと思っちゃうんですか?

Juli:あんまかわいいとは思わないですね、それは。そういうもので、自分がやりたいというか、溜まっているので、入れてもらえる部分という感じ。

小野:愛おしいものではない?

Juli:ないですね、別に。だから本当にバイブみたいな感じ。

小野:バイブ!(笑)男性をバイブ!

Juli:私のなかでは、男の人とするセックスはオナニーなんです。自分が気持ちよくなればいいわけだから。それはあっちも知ってるんです。自分がレズビアンで、それ以上発展することはないっていうのをきちんと伝えたうえで、セフレになるので。そうしないと、ごちゃごちゃと問題が出てきますし、相手にも失礼になるので。