はあちゅう「クリスマスは家か居酒屋」高級レストランに行かない理由とは?

【まったりゲス04】はあちゅう・誕生日前の憂鬱 #1/2

2015年1月22日に29歳の誕生日を迎えたはあちゅう氏。今回は霜田明寛氏とともに、誕生日当日の予定について語り合います。誕生日当日は気になる人と過ごしたいと考えているはあちゅう氏ですが、なかなかお誘いがかからず「悶々としてる自分がすごく嫌だ」と女の子らしい悩みを打ち明けます。そして話題はクリスマスの過ごし方に。グルメのイメージが強いはあちゅう氏ですが、意外にもクリスマスイヴ当日はおうちか居酒屋で過ごすそう。その理由とは……?

30歳の誕生日の予定は?

はあちゅう氏(以下、はあちゅう): 30(歳)……あ!

霜田明寛氏(以下、霜田):ってか、はあちゅうさんが来年で僕が今年ですからね。

はあちゅう:30か。

霜田:そうなんすよ。

はあちゅう:まあ、いいんじゃない? 幸せだから。でも私も20代最後だって思った。来週、誕生日じゃないですか、私。

でさ、気になる人がいるから、その人が誘ってくれるんじゃないかと思って空けてたの。何となく取材とか飲み会とかでも「予定、空いてます?」ってなったら、「あ、ちょっとそこは……」って守ってたから。

今、1週間前なのに何も予定がなくて、仕事で埋めることを昨日の夜に決意したの。彼によって動いちゃう自分が嫌だと思って。だって普通にさ、誕生日予定がない可能性あるじゃん? スーっと……。

霜田:あるけど。特定の予定があればそこにベットするのもありじゃん。

はあちゅう:いや、無いんだよ(笑)。

霜田:誘って欲しい人が思い浮かぶわけじゃないですか、何となく。雑なやつの予定で埋めないで。僕それで、去年の誕生日それだったんですけど、当日夜10時過ぎまで空けてましたからね。

はあちゅう:で、何があったの?

霜田:ない、ない、ない、ないと思って。11時に思い描いていた人から誘われるという!

はあちゅう:うそ! そんな奇跡どこにあるの!?

霜田:空は青く澄み渡り~♪

はあちゅう:「SEKAI NO OWARI」なんだ(笑)。ああ、なるほどね、11時か。だめだあ、11時とか私もうフテ寝だよ。もし、予定なかったら。私、基本的に1ヶ月前から予定組む人じゃん。

霜田:組む人ですね、はいはい。

はあちゅう:そんな私が1週間前になってもう何も言われないってことは、向こうは完全に忘れてるか、そもそも祝う気がないか、みたいなことだなって思って。「私、普通の女子みたいなことで悩んでるよ」って……。

霜田:(笑)。普通の女子みたいなことで悩んでください! 普通の女子の方が見てるわけですから。

気にする素振りを見せてほしい

はあちゅう:そうだけど……やっぱ恋愛のコラムとか書いてるとさ、そういうところはうまくこなしてると思われたいとか、理想はそっちなんだけど。何かこう、悶々としてる自分がすごく嫌だ。

霜田:それはでも、好感度ですよ。

はあちゅう:どっちかと言うと私「いや、クリスマスとか関係ないですから。平日ですから」みたいな。誕生日とかも、「ただの1日ですから」っていう。祝ってもらえなくても良いの。

例えば、誕生日とか記念日にさ、どうしても一緒にいたい人っているじゃん? 「24日じゃなきゃダメ!」みたいな。その日に一緒にいることに意味がある、みたいな人いるでしょ?

私、そのタイプじゃなくて、何か「クリスマスだね」ってことを認識をしてもらいたい。別に誕生日でも、誕生日に会いたいとか、誕生日にごはん連れてけとか、プレゼントくれとかってことじゃなくて、「覚えてて」ってことなの。せめて「気にする素振りを見せて!」って思って。そこがね、いま屈辱のはあちゅう、って感じで。

どうなの? 誕生日とかだって、霜田さんは結構前からいろいろ考えて考えて考えた結果、疲れる人でしょ?

霜田:そうですね、よくわかりましたね(笑)。結果、疲れて何もしなかったりするんですけどね。

はあちゅう:私もう3ヶ月くらい前から「もうすぐ誕生日」って思って、考えまくった結果疲れて、「そんな苦痛を私に味あわせる彼氏って何なの?」って思って、怒って、結果何もしない。

霜田:はいはいはい。その何もしない男の人は、何も言ってこないの?

はあちゅう:怒るって言うか、もう怒りレベルまで達すると「ねえ、何欲しい? 何欲しい?」って逆ギレで聞くんだけど。

そう言っても意外にさ30くらいの人になるとさ、本当に欲しい物は自分で買ってるし、あんまり買いたいこととか無いじゃん。だから、「えー、何でも良いよ」とか言うと「何でも良いが一番困るんですけど!」みたいな。

クリスマスはあえておうちか居酒屋

霜田:ちなみに、クリスマスイブは? 誰かに何かあげたりしたんですか? あ、僕ほんと感動したんですけど。前回会った時にクリスマスの過ごし方を聞いて。このですよ、この資本主義社会の権化みたいな、はあちゅうさんが。

まあまあ、普通の人は「レストランでも高級なところ連れてってもらってるんでしょ?」みたいな思ってると思うんですけど、まあ仕事だったのかよくわかんないですけど「ん、おうち」って言った時に、すごく好きになりそうでしたね。

はあちゅう:あ、私ね、資本主義社会の申し子で合ってるんです。「コスパ」って言葉の元に私は生きているんだけど、24日と25日っていうのは、普通のコースがクリスマスプライスなの。

霜田:コスパが悪いわけですね!

はあちゅう:そう。この日はあえて居酒屋、みたいな。

霜田:はいはいはい。要はその同じ価値の物だったら、3万円になってしまうクリスマスの日より、1万円で食べれる日のほうが良いんじゃないかと。

はあちゅう:バレンタインも、「14日を過ぎたらチョコが安い」みたいな。「1日遅れてごめんなさい」。

霜田:ああ、良い!

はあちゅう:でもね、でもね、ちゃんと買ってるんだよ。

買ってるけど、何て言うのかな? バレンタインって、その日って言うよりシーズンって感じだから、割と1週間くらい前からあげたりさ、1週間後にも配ったりするじゃん。

霜田:たしかに、たしかに。

はあちゅう:だから、その感覚によって。後、大人になって、社会人になってから当日って意外に忙しくて忘れてたりとかするじゃん。

前日までは「明日、誕生日」とか「明日、クリスマス」とか思ってても、当日の朝から晩まで仕事いっぱいいっぱいになった結果、「あ、しまった。今日、クリスマスだった!」みたいなこともするからね。

後、さっきの「付き合ってくれて、ありがとう」ってお金渡す話と同じで、私は誕生日だってことによってみんなを「あ、プレゼント」とか「あ、ケーキ」とか思わせるのが申し訳なさすぎて、1月はむしろ引きこもりたい。冬眠したい。

霜田:1月のその前後に予定入れると「こいつ、誕生日プレゼントもらおうとしてるんじゃないか」とか思われたりしそうですからね。とか、気遣わせてしまう可能性がありますからね。気付いちゃった人に。

はあちゅう:そうなんだよね。気遣わせたくないよね。

霜田:しかも、「気付いちゃう人」は「良い人」ですからね。より気を遣って欲しくないじゃないですか。

プレゼントはいらないので本を買ってください

はあちゅう:そうなんだよね。もう、結構ですから。そんな気を遣ってもらえる存在じゃないんで、私……っていうか、この本が売れてくれれば良いんです!

霜田:プレゼントの代わりにこれ(『半径5メートルの野望』)を買ってください。

はあちゅう:そうそう。プレゼントといらないんで、これを。これを1冊買って、例え友達にあげてくださっても構わない。

霜田:しかも、あなたのためにもなります。

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 はあちゅう「クリスマスは家か居酒屋」高級レストランに行かない理由とは?
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?