女性活躍推進は不可逆のトレンド

司会:それではさっそく、1つ目のプログラムをスタートしたいと思います。タイトルは、「なぜ、いま、働き方改革なのか」というテーマです。

皆様のお手元にあります、「人事のための時短推進説得マニュアル」「課長のための時短推進説得マニュアル」「なぜか早く帰れない人のための時短生活開始マニュアル」の3部作は、昨年から今年にかけて発行しておりますが、そのプロジェクトの責任者であり、現在はリクルートワークス研究所の機関誌Worksの編集長を務めております、石原よりお話をさせていただきます。

それでは、石原さん、よろしくお願いいたします。

石原直子氏(以下、石原):皆様こんにちは。今日はお忙しい中、そしてだんだん雨も降り始めて足元の悪い中、足を運んでいただきまして、ありがとうございます。

リクルートワークス研究所でWorksという人事の方々向けの専門誌の編集長をしております、石原と申します。

最近の女性活躍推進というテーマや働き方改革というテーマが、ここ数年の私の関心事と重なっていることもあって、いくつかのアウトプットを皆様のお手元にお届けしてまいりました。そうしているうちに本日の様な場で、「どのように女性活躍推進を進めるのか?」や、「どのように働き方改革進めていくのか?」ということをお話させていただく機会が少しずつ増えてきています。

今、女性活躍推進や働き方をなんとかしようというのは不可逆のトレンドです。この機会を、本当は女性活躍推進はやりたくないのにと思いながら取り組んでいると、限定的な効果しか得られないと思っています。

いかにこの機運に乗って人より遠くまで行くのかということを企業人として考えたいですし、今日はそのためにいくつかヒントになるようなお話をしたいと考えております。 つまり、「なぜ、いま、働き方改革なのか」ということを、皆さんと一緒に考えて、腑に落ちた状態でお帰りいただきたいと思っています。よろしくお願いします。

日本人の年間総実労働時間は2000時間を超える

1765時間、これは日本人の年間総実労働時間です。この時間を見ると、実はOECD平均よりやや下です。これを見ると「日本もそんなに長時間労働じゃないんだな」という気もします。

実はこれにはからくりがあって、一般労働者に限定したデータにすると、その時間はパーンと2000時間まではね上がります。非正規で働いている方、パートタイマーで働いている方の労働時間が短いので、それを合わせると先ほどの1765時間になるという仕組みです。

いわゆる正規労働者、正社員に限った労働時間の平均は2000時間で、こんなに働いている国はあまりないわけです。

また工場などシフト勤務の方は1日の労働時間が8時間で残業していないケースがありますから、その方々を除いて正社員のホワイトカラーに限定しますと、なんと労働時間はプラス239時間の2239時間になります。

さらに男性に限るとあっという間に労働時間は2300時間になります。これはかなり長い時間です。

週60時間以上働く男性は12.5%に

別の言い方をすると、週50時間以上働く男性ホワイトカラーが4割程度もいることもわかっています。そして、週60時間以上働く男性もなんと12.5%います。

「うちの会社の社員はそんなに働いていない」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、週60時間以上働くというのは、週5日、朝9時に出社して、途中1時間の休憩をはさんで、夜21時まで仕事。

さらに土日のどちらかに、「ちょっと会社行ってくるわ」と午後から会社に行って18時くらいまで働いて帰る、という働き方です。それで週60時間になります。

ちなみに週60時間というのは、WHO世界保健機関が過労死の危険性があるとしている働き方です。そういう働き方をしている人が日本には一定数いるということです。

さきほどの数字は全国のものですが、東京の辺りに限定して見ると、「週60時間くらい働いてるわ」という方が12パーセント以上出てくるのではないかと思っています。

男女で変わるストレスの源

こちらはお手元にお配りしている働くマザーのストレス調査報告書の一部ですが、日常的なストレスの強さをトップ15項目を男女別で見ています。トップ15は、ポイント数は同じような値のものが並んでいて、けっこう強いストレスになっていることが分かります。それを男女で比べています。

詳しい中身は、お帰りになられてからゆっくり調査報告書をご覧頂くとして、グレーで網がけしてあるのは、仕事に関わるストレスです。網がけしていないのは、プライベートで感じるストレスです。皆様から向かって左側がワーキングマザーのもの、右側はワーキングファザーのものになっています。

これを見て感じていただきたいのは、男性のストレスはほぼ仕事に関することである一方で、女性のストレスは半分くらいがプライベートのストレスであるということです。 私はこの状況を「ものすごく偏りがある」と見るのがよいと考えています。「男性のほうが仕事に熱心だから男性は仕事にストレスを感じていて、女性はあまり仕事に熱心でないから、プライベートのストレスがいっぱいある」と理解するのは、間違った解釈だと考えています。

では、どう解釈するべきかと言いますと、男性は仕事以外の時間がほとんどないので仕事でしかストレスを感じない一方で、女性は仕事だけとはならないので仕事のストレスもプライベートのストレスもあるということです。

男性がもう少し仕事以外のことも、自分のこととして向き合うと、間違いなくそこからもストレスが出るわけで、望ましいのは、男性のほうも仕事のストレスとプライベートのストレスが半々くらいになっていて、女性のほうも半々くらいになっているという状況だと考えています。

19時までに帰宅する人の割合を世界で比べると日本は最低水準

今お話したのが日本人の働き方、日本人の仕事におけるストレス、仕事以外でのストレスの話ですが、次に世界の人はどの様に働いているかを見ていきます。

これは19時までに夫が帰宅する割合です。スウェーデンのストックホルムでは8割の人が帰宅します。ドイツのハンブルグで6割、フランスのパリで5割、東京では2割です。

ただ、2割の人が東京で夜7時までに帰っているというこの数字に実感を持ちにくい方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、一応統計的にはこういう数字が出ています。

一方で、週7回家族全員で夕食を取る割合はストックホルムで4割か3割ですね。ハンブルグで4割、パリでは約半数。東京でも17パーセントのお父さんが週7回家族と家でご飯を食べているというデータが出ています。これも本当?と思うのですが、世界で見ると、それでも低い水準なのです。

次は誰が長く働いているのかを見ていきます。このグラフの紫や水色で示されている部分が長く働いている人たちです。