まさかのウェアラブル! 「地獄のミサワ」公式サイトついに完成 - シモダ×家入のミサワ公式サイト作戦会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議5回目その3

漫画家である地獄のミサワ氏が自分のホームページを作るにあたって、株式会社paperboy&co.代表取締役 家入一真氏と、社員のシモダテツヤ氏(ともに肩書は当時)に相談してきた会議も、ついに最終回! 過去4回にわたって様々な名アイデアが飛び出してきましたが、今回のサイト案はTシャツ……!? 相変わらずやりたい放題の2人です。

地獄のミサワ(以下、ミサワ):あと、これ、(第3回第4回の会議でも使われた黒タイツ姿のミサワの写真を示して)これ、ダメって言ったじゃないですか。これ、何で一番目立つとこに入っちゃったんですか?

家入一真(以下、家入):この場に来るまで、こんなダメだとは知らなかった。

シモダテツヤ(以下、シモダ):知らなかった。

家入:……でね、これ、結婚式にも使えます。

シモダ:使えますねー。白いから。

ミサワ:でも、ミサワ、今何歳だっけ? 

シモダ:23。(この動画は2007年に撮影されたものです)

家入:まだないかもしれないね。来年ぐらいからね、結構。友人の結婚。

シモダ:じゃ、この格好で。

ミサワ:こんなんじゃ、向こうの親大反対ですよ。

シモダ・家入:(笑)。

ミサワ:泣きますよ、違う意味で。

シモダ:これ、すごくいいよ。

家入:人いっぱい来るしさ。見てもらうチャンスじゃん。

シモダ:ホントにいいなー、これ。これね(ネクタイにプリントされたミサワの顔の部分を破く)。

ミサワ:……え? 待って下さい、待ってください。何で今破ったんですか、顔のところ。

家入:いいっすねー、これねー。

ミサワ:いいにしても。なんで顔のところ破ったんすか?

シモダ:これ、すごくいいわ

(ネクタイの先端をコーヒーに浸す)

シモダ:これ。濡れミサワ。濡れ首取れミサワです、これ。そういう仕事してるんだ?

ミサワ:そういう仕事してないですよ! 濡れて首が取れる仕事って何ですか。

家入:いやー、分かりましたよ。

(シモダが濡れたネクタイでミサワの顔を拭き始める)

ミサワ:な、なにっ!? コーヒーが何か……臭いっすよ!

シモダ:どう?

ミサワ:どうってなんすか? どうって。

シモダ:すごい格好だな、これ。

家入:なんていうんすかこれ。「ウェアラブル」っていうんですかね。

シモダ:一角獣のようにも見えますね。

家入:見える、見える。

ミサワ:一角獣のように見えちゃダメでしょ! ホームページのように見えなくちゃダメなんじゃないんですか!

家入:一角獣っぽいよ。ユニコーンね。

シモダ:ユニコーン、ユニコーン。

ミサワ:分かってます。

シモダ:仕事来るよ。

ミサワ:……これで最終回とか言ってたんですか?

家入:まだ。まだまだ結論出すのは早いですよ。

シモダ:ホームページ見た。ミサワが歩いてる。(ミサワを自分の右隣に座らせて)ね、こう、全ビジュアルが見えました。

シモダ:で、仕事頼もうと思うやろ?

ミサワ:仕事頼もうと思うやろ? (自分を指して)俺だったらコイツに絶対に仕事させたくない。連絡先とか絶対に交換したくない、コイツとは。   家入:いや、一般の人はそう思うよ。リクルート、電通、博報堂、食いつきます。

シモダ:食いつきます! 広告塔ですから。

家入:はい。

シモダ:お前、あんまこっち見んなよ。

ミサワ:こっち見んなよじゃないですよ。こんなカッコさせといて。食いつくとしたら、その3社潰れた方がいいですよ。広告業、他の会社にやってもらった方がいいです。

シモダ:まあまあまあ。これで仕事頼もうと。地獄のミサワさん、前から歩いてきた。繁華街で、ね、歩いてきました、こうやって。

家入:はい、歩いて歩いて。いい気分で歩いて。

ミサワ:(歩くそぶりをみせる)

シモダ:あっ、ミサワさん! ミサワさんですか!

シモダ:(ネクタイを手にとって)こんな画描いてるんだ。すごいなぁ。

シモダ:(Tシャツを指さして)これ、ホームページですか?

ミサワ:何、この馴れ馴れしいやつ。

シモダ:「ENTER」押していいですか? (ミサワの胸をパンパン叩きながら)地獄のミサワ! 地獄のミサワ! ……あ! 「ENTER」押してからこれ(ネクタイギャラリー)や。え、こんな画描いてるんだぁ。

ミサワ:順番間違ってるじゃないですか! だって先、こっちに目いきますもんね? 絶対そうですもんね? 「ENTER」→ネクタイっていかないですよね? ネクタイからの「ENTER」ですよ! 絶対!

家入:こうしとくとか?

シモダ:あ、それや! で、(ENTER押しながら)地獄のミサワ! 地獄のミサワ! ってやって、ネクタイがパンっと落ちてくる。はっ! ギャラリーが出てきた! ホームページや、これ! ホンマに? じゃ、ちょっと仕事頼んでみようかな、メールフォームどこやろか。

ミサワ:いや、メールフォームないでしょ。

シモダ:用意してきました、我々! これ、メールフォーム。

シモダ:これねー、新しい。新しい形の。URL、名前ね。

家入:ダイソンも発明しなかったですよ、こんなの。

シモダ:これはすごいでしょう、一石二鳥! メールフォーム!

ミサワ:……メールフォーム?

ミサワ:……ホウキじゃなくて?

シモダ:メールフォーム。

ミサワ:これが?

シモダ:……メールフォーム。

ミサワ:書いたとしてどこに届くの?

シモダ:だから、書くでしょ。地獄のミサワさんに仕事を頼もうと。

ミサワ:もうこの時点でおかしいけど?

シモダ:メールフォームどこかなー? ってなったら、そん時ミサワが「こちらになります」と。

家入:すかさずね。間髪いれず。

ミサワ:メールフォームどこかな、ってならないですけどね。

シモダ:あー、これかこれか。(マジックを取り出し、ホウキの紙に書き込む)で、シモダアットみたいな。メールアットオモコロドットジェーピー。「ミサワさんに『オモコロ』のイラスト描いてもらいたいです。お願いします」って書いた瞬間に、ミサワんとこに届いてるの。なぜなら、ミサワがここにいるわけですから。

ミサワ:口頭でいいじゃないですか。

シモダ:で、ミサワはこうやって(ホウキに書かれた文面に目を通すふりをして)はー、シモダね。仕事来た!

ミサワ:目の前にいるでしょ、シモダが! そんとき!

シモダ:(無視して)ってなる。

家入:新しいねー。

シモダ:新しい!

ミサワ:いや、新しいですけど。

家入:ダイソンも考えなかった。

シモダ:ダイソンと吸引力が変わらない掃除機も考えなかった。

ミサワ:……ダイソン、考えなくて正解ですよ。……ダイソンがこれ考える企業だったら、株価ダダ下がりだと思いますよ。

シモダ:じゃ、ミサワ、ちょっと立ってみ? 直立して。

家入:……うん、ホームページだね。

シモダ:ホームページやな。

家入:「http」って言って。

ミサワ:エイチティーティーピー。

家入:あ、ホームページだ。

シモダ:「http://」って言って。

ミサワ:エイチティーティーピーコロン、スラッシュスラッシュ。

シモダ:ホームページや。

ミサワ:これはずっと俺が言いながら歩くの?

家入:「www」って言って。

ミサワ:ダブルダブルダブル。

家入:あ、ホームページだ。

シモダ:ピシィーッ! って気を付けして。(気を付けしたミサワを見て)ピシィーッ!

シモダ・家入:ビクビクビクビクーッ!

(ミサワ、震える)

シモダ・家入:ダクダクダク、ギロギロギローッ!

ミサワ:ギロギロって何? ギロギロってどうやって表すの?

シモダ:ズルーン、ペローン。ズルーンペローン。

家入:ペカペカペカ……。

ミサワ:いやいやいや。

シモダ:……そんな感じで、家入と。

ミサワ:終わりっ?

家入:シモダの。

シモダ:逆でしたね(笑)。シモダと。

家入:家入。

シモダ:あとミサワの、公式ホームページ。また次回!

家入:そうですね。

シモダ:お楽しみにー。

家入:さよならー。

ミサワ:やっぱ次回やるんじゃないですか!

家入:いや、これで終わりですけど。

Published at

地獄のミサワ公式サイト作成会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、地獄のミサワ公式サイト作成会議に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?