牡蠣はなぜ真珠を作るの?
美しい輝きを生む仕組みを解説

How Do Oysters Make Pearls?

美しい光沢と気品溢れる輝きで、世界中で愛されている真珠。日本でも多くの女性に親しまれています。他の多くの宝石が天然の鉱物として地中から発見されるなか、貝の体内で生み出される真珠は、どのようにして生成されているのでしょうか? サイエンスチャンネルの「SciShow」では、牡蠣の内部で真珠が作られていく様子を紹介します。真珠が生まれるまでに、閉じられた貝殻の中でひそかに起こっている神秘的な働きを、ぜひ想像してみてください(SciShowより)。

始まりはたった1粒の砂? 牡蠣から真珠ができるまで

アクセサリーとして使われる、最もキラキラ輝いてケバケバしいものは、地層の奥深くからやってきて、世界一高価な石として磨かれます。でも、あなたのおばあちゃんの真珠は、私たちがよく知る牡蠣の中で育ち、石灰化します。

これは、どのようにして起こるのでしょうか? そして、なぜ人工栽培にしろ自然栽培にしろ、同じように真珠が作られるのでしょうか?

ムール貝やハマグリといった多くの2枚貝もまた、真珠を作り出すことが可能です。美しい照りを生み出すことができれば、人々を魅了することができるでしょう。牡蠣は、他のどの貝よりもこの点が優れているのです。

この粒は、硬い貝の殻の中にある柔らかい組織の中で作られます。もしかすると、真珠の始まりは砂の粒からということを聞いたことがあるかもしれません。それはランダムに起こり、食べ物が間違ったところに入ることで起こります。異物が牡蠣自体を悪化させるかもしれませんが、組織がそれを粉々に打ち砕き、埃のように見せます。

牡蠣はこういったイライラさせられる事象に囲まれています。そして、細胞をこれらから守るのが、真珠のバッグとよばれるものです。

牡蠣は攻撃的な砂に対して、分子を形づくるプロテインの組み合わせを分泌します。バッグは、真珠層と言われる物質の層を解放し始めます。このことによって、真珠の母としても知られている炭酸カルシウムが形作られ、結晶化するのです。

これは牡蠣の化合物と科学的には同じなのですが、この炭酸カルシウムはもっと耐久性に優れています。この段階では、見た目はあまりよいものではありません。ですが、真珠バッグの中でタンパク質と繋がっており、その層が積み重ねられ、それが真珠となっていくのです。

これらの光沢のある見かけにもよらず、実際に触ってみると凸凹があります。これは、水の上に浮かべることで、コーティングを全体に行き渡らせることができます。

粒自体の形が整っていませんね。ほとんどの真珠は、完璧な球体ではありません。

人間の手で人工的に作られたものは、他の牡蠣から組織を導入しているので、それが真珠バッグの組成に役立ちます。

牡蠣は、牡蠣から取り除けるものはとにかく取り除くのです。これってイライラしますよね。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?