インドのオイルマッサージでふんどし姿に

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):じゃあ、いきます。はあちゅうです。

霜田明寛氏(以下、霜田):しもやんです。

一同:どうも、ゲスアワーです。

はあちゅう:私たちは今、インドのバンガロールのアシュラムというヨガの施設にいます。

霜田:はい、部屋のような所でね。

はあちゅう:そうだね。ちょっと、せっかくだからインドからゲスアワーをやろうということで。

霜田:背景的にはインド感ゼロですけど、ガチのインドです。

はあちゅう:いろいろな機材の事情があって、2人寝転びながらじゃないと、お届けできないっていう、この寝転びゲスアワーなんですが、2人とも髪の毛がすごいオイリーですね。

霜田:これはちょっとね。あるインドでの体験をしたからであって。

はあちゅう:アーユルヴェーダをお昼に受けたんですけど。

霜田:おでこにオイルがずっと垂れてくるんですよ。

はあちゅう:それがシローダーラってやつだよね。それがやりたかったんだけど、それやったら髪の毛がオイリーになるだろうなと思っちゃったから、他のやつにしたの。それでもオイリーになったっていう(笑)。もうね、すごかった。

霜田:エロい感じのね。

はあちゅう:そうそう。私、全身のマッサージって聞いて、行って。紙ショーツとかじゃん、日本のエステって。紙のふんどしを渡されてさ(笑)。

こうやって、なんか付けて、股に挟んで腰にまわすみたいな(笑)。それでやって、そのあとも、ふんどしなんてさ、お尻とか見えてるわけじゃん?

そこをすごい施術されたんだけど、スースーするオイルだったんだけど、お尻の穴がスースーずっとしてて。かつ、終わったあとに、変なね、ちっちゃい拷問器具(部屋)みたいな所に入れられたの。

それがスチームになっていて、蒸気のサウナで。それ終わったあとに、全部流し用のシャワーに入れられたんだけど、シャワーの蛇口の所が壊れてたから、ずっとスタッフさんがお湯を出そうとしてやってくれるんだけど、出ないの。それをふんどしの私がずっとこうやって見ているっていう(笑)。

霜田:(笑)。すごいオイル放置プレーだね(笑)。

はあちゅう:2人で「出ませんね」って言って。“Too hot?”、“Very hot”みたいな(笑)。

霜田:すげー(笑)。

額にオイルを垂らすシローダーラの感想

はあちゅう:そんな感じだった。でもさ、霜田さんはどんな感じ? 

霜田:みんなそうだった。シュールですよね。

はあちゅう:ここにずっとオイル。

霜田:ずっと垂らされて。

はあちゅう:何分ぐらい? 

霜田:1時間近くですよ。

はあちゅう:ここにずっと垂らされて、他のマッサージは無し? 

霜田:無いっす。顔に広がっていって、頭に広がっていって。

はあちゅう:顔に広がるよね。ダラダラ。息できる?(笑)。

霜田:ここだけは、確保されたんですけど。

はあちゅう:へぇ。それ、どんなふうに気持ちいいの? ここ、ずーっと、猫でいう、いちばん気持ちいい場所をさ。ここ、チャクラ開くっていうんでしょ? 

霜田:なんですかね。ソフトタッチっぽいですよね。

はあちゅう:寝ちゃうよね? 

霜田:寝ちゃう。

はあちゅう:40分ぐらい? 

霜田:1時間弱、ずっとやってて。

はあちゅう:あれ、5,000円? 

霜田:くらいですね。

はあちゅう:だってさ、日本でやったら、2万円とか3万円するっていってたじゃん? 

霜田:らしいですね。

はあちゅう:日本でも受けてみたい。上質のごま油を、みたいなやつでしょ? 

霜田:まぁ、その結果がこれですよ。オイリーな髪の毛(笑)。

はあちゅう:やる人によっては、開眼しちゃうんでしょ? 

霜田:らしいですね。

はあちゅう:ここの、心の眼が開いちゃうみたいな。

霜田:そう。宗教的なね。前頭葉がどうこう。だから、写真を撮りたかったんですけど。

はあちゅう:写真NGだったんだよね。

オイルマッサージはアイドルDVDのイメージ

霜田:宗教儀式のうちの1つらしく。掛けられる前に、歌を歌われませんでした? 

はあちゅう:あぁ、なんだっけ。マントラ? 「あぁ、こんなことするんだ」って思った、たしかに。

霜田:かわいい子たちも、今回たくさん来ているんでね。みんな、男だったら「どうしよう」みたいな。

はあちゅう:え、何が? 

霜田:すいません(笑)。歌を歌って、オイルするやつ。すいません、ちょっとアイドルDVDとAVの見過ぎなもんで。

はあちゅう:そうだね。私には無い発想だったんで、全然。

霜田:オイルマッサージって、基本的に僕らは、アイドルのDVDでしか見ないんですよ。

はあちゅう:それか、あれだよね。マッサージ付き奥さんみたいなAV。

霜田:そう、それそれ(笑)。

はあちゅう:あぁそっか。

霜田:そうなんですよ。

はあちゅう:男の人には馴染みが薄いものなんですね。

霜田:薄いんですよ。自分がやるのはなかなか。

はあちゅう:そんなわけで、明日は6時ぐらいに起きて、7時30分に瞑想の場所に集合で。

霜田:そうです。この、見ている人には本当にどうでもいい情報を垂れ流してますけど(笑)。明日、インド2日目? 

はあちゅう:あぁそっか。明日1日終わって、明後日もう1回、アーユルヴェーダ受ける。

霜田:そうですね。

はあちゅう:そうしたら、私、シローダーラの感想を言えるね。

霜田:僕、ふんどしで刺されるかもしれないですしね。

はあちゅう:ふんどし、おかしなことにさ、私と同じマッサージ受けているはずの人がさ、なんか違うやつ受けてた。

霜田:あぁ、そっか。ふんどしで刺されたの、はあちゅうさんだけだったんだ。

はあちゅう:ふんどしは他の人も穿いてたんだけど、拷問器具に入れられたのは私だけだったみたいで(笑)。

霜田:なんか、においを感じたんでしょうね? インドの方のね。

はあちゅう:どうなんだろうねぇ。霜田さんにクレジットカード借りて良かったら、今度もし、7日も受けるんだったら、今度は霜田さんのを出す。

霜田:あぁ、それでいいです。

はあちゅう:どっちでもいい。日本円で返してもいいんだけど、結局いくらだったのかよくわかってないっていう(笑)。そんなわけで、楽しんでます。

霜田:ということで、実は他の部屋にもね、いろんなおもしろい方々がいるんでね。

はあちゅう:じゃあこのあと、いいゲスアワーをお届けできると。

霜田:できると思います。

はあちゅう:じゃあ、1本目の収録を終わりたいと思います(笑)。

霜田:ガチインドです。